1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

反撃ダッシュ

JR東日本カップ2011 
第85回関東大学サッカーリーグ戦 1部リーグ 第17節
2011年11月3日(木) 13:50Kick Off @平塚競技場
流通経済大学 2-1駒澤大学 (前半1-0)
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20111103 集合

【得点】()内はアシスト
33分:保戸田(田向)/流経大、61分:林堂(FK直接)/駒大、89分:椎名/流経大、

【流経大スタメン】
GK:増田卓也20111103 集中!

DF:木下匠、乾大知、比嘉祐介、田向泰樹、
MF:富田湧也、関戸健二、村瀬勇太、椎名伸志、
FW:保戸田春彦、河本明人、

【流経大リザーブ】
GK:真辺勇気、DF:小川晃平、
MF:大貫彰悟、中美慶哉、中山雄登、
FW:上條宏晃、古川大士、
【交代】
72分:富田→古川、81分:河本→中美、90分:保戸田→小川、
【駒澤大スタメン】
GK:大石健太、
DF:三澤祥馬、三宅徹、林堂眞、砂川太志、
MF:江川昇吾、碓井鉄平、奥村情、濱田宙
FW:大園祥太、湯澤洋介、

【駒澤大リザーブ】
GK:檜山昇吾、DF:川岸裕輔、大木暁、MF:板倉直紀、FW:小牧成亘、小牟田洋佑、山本大貴
【交代】54分:濱田→山本、73分:大園→小牧、79分:湯澤→小牟田、

20111103 スタンド

【スタッツ】()内は前半20111103 ゴル後

【シュート】
流経大:19(7)、駒大:6(2)、
【GK】
流経大:10(4)、駒大:11(4)、
【CK】
流経大:7(4)、駒大:3(2)、
【FK】
流経大:15(9)、駒大:16(9)、
【FK】
流経大:6(3)、駒大:2(2)、
【オフサイド】
流経大:6(3)、駒大:2(2)、

【警告】
42分:田向(反スポーツ)/流経大、85分:砂川(反スポーツ)/駒大、

「勝ったとはいえ、内容的にはまだまだですね」と、自身の監督キャリアの中で初めての3連敗を喫した後の貴重な1勝を振り返った中野監督ですが、確かに不調の両チームがよく表れた試合でした。
とはいえ、試合後は中野監督をはじめチーム全体に吹っ切れたような明るい雰囲気が満ちていたの事実。最終節まで上位との連戦が続く今後へのいい転機になるのではないでしょうか。
前回、これまでの4-3-3から4-4-2にシステム変更したのに続き、今節も河本さんと体調不良の征矢さんに替えて保戸田さんが2トップを組み、関戸さん村瀬さんのWボランチに右に富田さん、左に椎名さん、(間違ってたらすみません)、そして最終ライン!右SBに木下さん、左SBに田向さんでそして比嘉さん&乾さんがCBを組むという思い切った布陣で臨んだ訳です。
20111103 比嘉

CBコンビについて、「乾に全てを背負わせると良さが出せなくなってしまうから」と中野監督。「代役」の下級生やレギュラーでない選手と組ませるより、経験値を買っての比嘉さんのCB起用となりました。
そういえば、今季不動のCBの乾さんですが、トップ昇格は今年からなんですよね~。馴染んでたんで忘れてました。高さのある駒大相手にずいぶん思い切った判断でしたが結果的にこの采配が当たりました。そういえば大臣杯予選で宮崎さんCBなんてもんもありましたね。
前期の不調から抜け出せない駒大と、前節に続き崖っぷちチームとの対戦で、気合負けが心配でしたが、やはり流経大も意地を見せます。序盤から拮抗した展開が進みます。中野監督は「ボールは前に進むようになった」と振り返った通り前節よりだいぶ良くボールを回せるようになります。




20111103 村瀬 得点にはからまないものの、ポール直撃弾やCKなど存在感を見せた村瀬さん。
 彼の攻撃がボディーブローのようにじわじわ効いてこその得点だったかと。











20111103 富田 20111103 保戸田


今日も物怖じしない姿勢で攻撃に絡んだ富田さん。久しぶりの出場で大活躍の保戸田さん。何でも出来ます。

それでも、どちらもツメの甘さというかどうも画竜点睛に欠けていて、メンバーからすると何で~という、、、、やはり一度はまり込んだ不調から抜け出す困難さを感じてしまいました。
それでもどちらも守備では粘りを見せ、特に流経大では増田さんが気合の入ったセービングを披露。駒大に傾きそうな流れを毎度引き戻します。

そんな33分、関戸さん→椎名さん→田向さんが左サイドを猛然とドリブルで駆け上がりセンタリング、どフリーで真ん中に待ち構える保戸田さんがヘッドで決めて見事先制!
失点直後に円く集まってプチ作戦会議をした駒大ですが、失点後は失速。流経大もチャンスは作るも追加点は上げられず、駒大の湯澤の突破を許す場面もありつつ歯がゆいまま前半終了。
後半も拮抗した展開となり、
保戸田さんや椎名さん河本さんがゴール前に迫るも得点ならず。チャンスとピンチが交互に来るもじれったい試合展開が続きます。
「今シーズンはいい形が作れても得点が出来ない、それがフラストレーションになって形を崩してしまっていた」と中野監督が語っていましたが、今節は先制したことで落ち着けたのか、焦ったり単調な攻撃パターンに陥ってしまうことはなかったのですが、好事魔多し。簡単なパスミスからファール、そこで与えたFKを林堂に決められ追いつかれてしまいます。
「林堂にああいうFKを与えちゃいけなかった」と振り返ってましたが、いや~敵ながらすごい弾道でした。
そこで駒大攻撃陣も息を吹き返し、ゴール前での攻防が続きますが、流経大も集中力を切らさず対応。勝ち越し点を許しません。
72分に久々の古川さん、続けて81分に中美さんと攻撃的な選手を連続投入。
駒大は駒大で背の高い選手の投入で、どちらも攻撃の意図を明白にしつつも得点ならず、そろそろロスタイム突入となった44分。中美さんからのボールを椎名さん関戸さんで繋ぎ、最後は椎名さんが右から持ち込んで囲まれながらもシュート。
これが見事に決まって(この弾道もすごかった!ホントぎりぎり)ついに勝ち越しに成功。その後高さ対策で久しぶりの小川さん投入。そのまま試合終了、久しぶりの勝ち点を挙げたのでした。

試合後の中野監督のコメントにもあったように、反省点はたくさんあったと思います。でも勝つことが何より大事な試合だっただけに、ここで土壇場で勝てたのは大きいですね。

20111103 スタンド2

「木下~良かったぞ~」と試合後2戦目の後輩をねぎらう五輪代表候補様

あとは、、そうですね。ただ、やっぱり押し込まれてしまうとバタバタしてなかなか持ち直せなくなってしまうのが苦々しいところです。
個人的な意見ですけどやっぱり中里さんが居ないと全体的に締まらないというか。いや別に今日出た選手に不満があるとかじゃなくて。
代表候補様とか他にもユニバ組とか居ますけど。そして代表選外でもチームの要になってる乾さんとか村瀬さんとか関戸さんとか居ますけど。
今季、ずっと見てきて、今年の流経大は中里さんのチームだと思うんですよ。
ここ2試合のベンチ外が怪我なのか不調なのか分からないんですが、、、(怖くて聞けない)。
早く復帰してピッチの上でみんなを引っ張って欲しいです。
今年は才能がある選手が多い分、ちょっと責任が分散しちゃってるところはあるんですけどね。誰が軸になってもおかしくない分誰も軸になっていないというか。
そんなんかで、誰が?って言ったら私は中里さんですね。
残りの試合も少なくなって来ましたが、まだインカレの可能性は残っています。
ここが踏ん張りどころです。
無理しすぎて卒業後のキャリアに差し障りがあっちゃいけませんが、ここで一仕事してからその後に進んで欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

11 03 ,2011 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。