1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

帰国前に

今回のユニバシアードで試合前に流れている曲ですが、結構有名な曲で日本語の歌詞もあるので紹介します。

「学生歌」/岡本敏明作詞・ドイツ学生歌


わが行く道ははるけき彼方

わが行く道ははるけき彼方

望みにわが胸高なり踊るよ

歌声たかく勇みて進め


もともとはラテン語のGaudeamus igitur(ガウデアムス イジトゥル)という学生歌で1267年(古!)にイタリアで作曲されヨーロッパ全土で唄われているようです。

毎回、ユニバの開閉会式や表彰式で流されていたようですが、今回は各試合前に流れています。

ラテン語の歌詞は

Gaudeamus igitur,
Juvenes dum sumus
Post jucundam juventutem,
Post molestam senectutem
Nos habebit humus!

諸君、多いに楽しもう
私たちが若いうちに。
素晴らしい青春が過ぎた後、
苦難に満ちた老後の過ぎた後、
私たちはこの大地に葬られるのだから!


Vita nostra brevis est,
Brevi finietur,
Venit mors velociter,
Rapit nos atrociter,
Nemini parcetur.

私たちの人生は短くて限られている

死はすぐにでも訪れる
残酷にも、私たちはこの世から去らねばならない

誰も逃れられない。


と、まあ日本語とはトーンが違っているようです。
ただ実は歌詞は10番まであり、なかには


Vivat academia,
Vivant professores,
Vivat membrum quodlibet,
Vivant membra quaelibet,
Semper sint in flore!

私たちの大学、いつまでも
私たちの先生たち、いつまでも
私たち学生、いつまでも
すべての、どんな人たちも、つねに栄えあれ!


何て歌詞もあり、なかなかユニバに相応しい内容のようです。
ちなみに私は遥か昔ガールスカウトで唄ってました。
今回初めてユニバシアードの定番曲と知りましたが、法律でガール&ボーイスカウトが禁止されている中国で聞くことになるとは…
しかもこんなに昔から唄われているなんて今回調べて初めて知りました。
1267年って鎌倉時代後期ですか?


それはさておき、いよいよ決勝進出です。

疲労も相当だと思いますが、あと1試合、悔いなく闘って欲しいです。

…って私は日本に帰るんですけど。

残念ですが良い試合を沢山観られて嬉しかったです。

ちなみに英国もヘロヘロでしたよ!
もう一度ドリブルで翻弄しまくって下さい。


ちなみに今回の旅行で色々と迷惑かけた方々にはお詫びします。
申し訳ありませんでした。

慌ただしい疲れる旅行でしたが、出会いもあったし楽しかったです。

怒られない程度に撮った写真と試合評は帰国後なるべく早くにアップします。

中国、というか深セン地区は良い所でした。
人は親切だし街はきれいだし御飯も美味しかったです。


それでは
スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

08 21 ,2011 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。