1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

賭け

2011年KSL関東サッカーリーグ 1部
2011年7月30日(土) 11:00Kick Off @保土ヶ谷公園サッカー場
流経大FC2-1 YSCC(前半0-1)
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20110730 集合
【得点】()内はアシスト 
11分:平間/Y.S.C.C.20110730 1点目50分:小島(スローインからヘディング)/流経大、
89分:久保(鈴木(玲))/流経大、

【流通経済大学FC スタメン】
GK:原田祐輔
DF:吉田哲矢、高塚捺生、木下匠、福井快、
MF:水木将人、仲座昇吾、小島聖矢、長島大知、
FW:早稲田昴平、堀河俊太、
【リザーブ】(流経大FC)
GK:宇田川大輔、DF:鈴木達郎、藤本大、
MF:三浦大輝、城間由太、鈴木玲央、
FW:久保武大、
【交代】
63分:堀河→鈴木(達)、70分:長島→鈴木(玲)、
87分:早稲田→久保、

【スタメン】
GK:浜村大樹、
DF:渡邉三城、白井脩平、服部大樹、後藤憧、
MF:須原明康、小澤光、平間直通、
FW:松田康佑、吉田翔、
20110730 2点目
 【リザーブ】
 GK:小林大海、
 DF:鈴木陽平、鈴鹿源太郎、片根健治、
 MF:松本憲、平田順也、FW:辻正男、
 【交代】
 64分:吉田→辻、73分:吉田→松本、
 87分:渡邉→片根、

 【スタッツ】()内は前半
 ≪シュート≫
 流経大:5(2)、Y.S.C.C.:7(3)
 ≪GK≫
 流経大:9(4)、Y.S.C.C.:7(4)
 ≪CK≫
 流経大:5(5)、Y.S.C.C.:5(1)
 ≪直接FK≫
 流経大:17(7)、Y.S.C.C.:20(9)
 ≪間接FK≫
 流経大:7(1)、Y.S.C.C.:2(1)

 ≪警告≫
 6分:水木(反スポ)/流経大、58分:水木(ラフプレイ/退場)/流経大、
 87分:福井(ラフプレイ)/流経大、90+4分:服部(反スポ)/Y.S.C.C.、


20110730 原田


明け方、豪雨と雷で目が覚めて、雨用の準備を完璧にして家を出たら、
横浜を過ぎたあたりで日差しが出てきました。
それでも前半は曇りで気温もあまり上がらず過ごしやすかったのですが、
後半あたりから暑くなってきました。
終盤は両チームともキツそうで勝ちたいという気持ちで走っていましたが、
どっちのプレースキックもライン割りまくりでした。

下部組織選手が大挙して応援に駆け付けていたYSCC。
今日勝てば優勝決定とあって、応援にも熱が入ってましたが、
空気を読まない大学生達によって優勝はおあずけ。
ちなみに流経大側の応援は「6人」との事でした。
完全アウェーですね。
応援に駆け付けられたご家族の方々、お疲れ様でした。
色々ありがとうございました。ホント励みになります。


20110730 キャプ それはさておき。

 首位をダントツでぶっ飛ばしているYSCCとの対戦だった訳です。
 翌日に天皇杯予選を控えるYSCCがどんなメンバーだったのか、
 ちょっと分かりませんがやはり首位チーム、
 ラインを高めにコンパクトに手堅く試合を進めてきます。

 まだ試合が落ち着く前に7番に難しい角度からミドルを決められてしまいます。
 ただ、早い時間帯だったこともあり、流経大イレブンは凹むことはなかったです。

YSCCが無理に攻めてこなかったこともあり、長島さんのサイド攻撃などで流経大が優勢に試合を進めます。
が、そこは首位チーム、そつなく守ってきます。
攻撃でも守備でも全員のイメージが共有出来てるというか、こうされたらこうする、みたいな約束事がきっちりと
守っている感じで、最終的にきっちり守られてしまいます。
20110730 1小島 20110730 1堀河 20110730 1木下 20110730 1福井
そのまま1-0で前半終了でしたが、前回と違ってちゃんと崩せている場面もあったし、小島さんは効いているな
という感じで期待の出来る内容ではありました。

選手たちもベンチに下がるとユニ着替えるのもそうそうに、お互い意見をぶつけ合い出していて、気合が伝わって
来ました。
20110730 HT

そして後半、開始早々流経大FCがYSCCを圧倒します。
20110730 3-1 20110730 3-2 20110730 3-3

波状的に攻撃を仕掛けるようになった50分、水木さんのロングスローに抜け出していた小島さんがヘディングで
ループ気味にシュート。
よく見てたし、よく狙ったな!という小島さんのセンスが光るプレーでした。

そこで一気に反撃か?と思われた58分、久しぶりのスタメンだった水木さんが2枚目のイエローカードで退場。
2枚目はともかく、1枚目のはイエローは厳しいと思います。
20110730 水木 20110730 水木2
1枚目の時、水木さんの方が先に蹴る体制になった後で、YSCCの選手が突っ込んできたんですけどね。
2枚目については、ちょっと気持ちが先走っちゃった感じでしたね。

これで勢いづいたYSCCが、しばらくは波状攻撃を仕掛けてきます。
そこをGK原田さんの奮闘もあって凌ぎます。木下さんも落ち着いて対人の強さを披露。
そんな流れを乗り切ると、YSCCに焦りが出て、オフサイドやシュートミスが目立つようになります。
流経大FCが10人になったことでYSCCのマークや約束事がブレ出したのか、徐々に自由にボールが持てるようになってきます。

20110730 すずれお 20110730 suzutatu 20110730 高塚 20110730 わせ

そのためか攻撃的な選手を連続投入。川澄コーチ、仕掛けてきます。

ただ優勝を目前に控えたYSCC,下部組織の観戦の手前このままでは引き下がれないと最後の10分くらいから
YSCCが猛攻をかけてきます。
そこも流経大FCが集中して守ります。原田さんも1対1を防ぐなど、意地を見せます。
とはいえ暑さもあって両チームともフリー外したりミスが目立ちだし、このまま試合終了かと思われたロスタイム。
途中出場の鈴木(玲)さんが抜け出して久保さんへパス、久保さんの想いを込めたシュートはついにネットを揺らして逆転に成功。

図らずも10人になったことがYSCCの自滅を誘ったと言えなくもないのですが、
交代選手2人によって逆転に成功したことや長島さんの前半からのジャブが効いていたこと、そして助っ人として
存在感を示した聖矢さんといった、選手起用がすごく面白かった試合でした。
20110730 1点目 20110730 2点目 20110730 2点目 (2)



中野監督、川澄コーチ、鈴木コーチと、それぞれやっぱり特色ありますね。
なかなか全部を把握は出来ませんが、、、。

それにしても、毎週文句書きたくはないですが、


やれば出来るんだからやろうよ


と、強く言いたいです。
開幕に比べると格段に良くなってますが、個人としてもチームとしてももっと出来るでしょう、と思ってます。
特に社会人となると、後半ガクっとペース落ちるから、逆転しやすいっちゃしやすい。
でも今後トップチームに上がり大学生と対戦したら、もしくは全国社会人大会でJを目指すチームと対戦したら、
そうはいきません。
もっと序盤から強い相手を圧倒して勝つような、そんな試合をして欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

07 30 ,2011 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。