1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

NOT HIS DAY

2010年4月24日第84回JUFA関東大学サッカーリーグ【1部後期】 第3節
流通経済大学 0-1 筑波大学 @国立西ヶ丘サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。要・フラッシュプレーヤー
20100424集合_e

【得点】()内はアシスト
87分:小澤/筑波大、
【スタメン】(流経大のみ)
GK:増田卓也、DF:保戸田春彦、山村和也、比嘉祐介、竹石翼、
MF:村瀬勇太、中里崇宏、小島聖矢、ベロカル・フランク、
FW:武藤雄樹、征矢智和、
【サブ】
GK:白井裕人、DF:長浜浩太、MF:加来謙一、関戸健二、FW:上條宏晃、古川大士、高野隆三、
【交代】
分:征矢→古川、分:フランク→上條、分:小島→長浜


【スタメン】(筑波大)
GK:三浦、DF:須藤、原田、堀谷、谷口、MF:八反田、森谷、小澤、玉城、
FW:瀬沼、赤崎
【サブ】
GK:乗松、DF:石神、MF:長沼、山越、中尾、FW:曽我

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:18(8)、筑波大:16(6)、
【GK】
流経大:15(5)、筑波大:18(9)、
【CK】
流経大:3(1)、筑波大:4(2)、
【直接FK】
流経大:11(5)、筑波大:12(8)、
【間接FK】
流経大:4(2)、筑波大:2(0)、
【オフサイド】
流経大:3(2)、筑波大:2(0)、
【PK】
流経大:1(0)、筑波大:0(0)、

かなり拮抗した展開でピンチもチャンスもありました。特に武藤さんは一人で8本もシュートを放ったのですが得点ならず。
増田さんのビッグセーブもありましたが、後半の筑波大の波状攻撃に屈した1点を最後まで返せず、敗戦を喫したのでした。

風間監督コメント:
開幕から2連敗はしていたけれど、やりたい事が出来るようになって来てました。
これまでの失点も自分たちのミスからペースを崩してしまっていただけだし、結果はなかなか出せなかったけれど選手の質は上がっていて、足元の技術も考える事も試合を見る事も出来るようになって来ていると実感していました。
自分たちのサッカーは相手に対処するサッカーではなく、自分たちのサッカーをやり抜くサッカーなので、まずは選手の質を上げること。
選手の質が上がればガタガタ言わなくても勝てるし、やっぱり、育成、人づくりが第一。
だからと言って負けて言いわけではないけれど、根底にしっかりしたものがあれば、左右されない自分たちのサッカーができますから。
今日は得点は1点だったけどチャンスは沢山あった。
何故かシュートが正面とか読まれやすいコースで、監督の性格と同じですよ(笑)

中野監督コメント:(体育の授業で足を捻挫した痛々しい姿で登場)
監督がこんな姿で声も枯れてて出ない状態ですから負けてしまいました(苦笑)
あれだけ決定機を外していたら勝てないですね。負けるべくして負けたと言うか、負けパターンに嵌まってしまった。
筑波大は2連敗はしていたけれど、コーチ陣の間では12チームの中で一番良い試合をしている、と評価は高かった。だからもっと圧倒されると予想していたので、逆に中盤に関しては結構やれたんじゃないかとも思っていて、そう悲観してはいません。
ただ、攻撃面に関しては今日はボールを奪ってからのプッシュアップが遅かった。
縦へのルーズボールを拾えるのが理想ですが筑波大はこだわりを持ってしっかり繋いでくるので難しかったし、セカンドボールを拾っても上手く攻撃に繋げられませんでした。
今日の試合内容ではむしろJFLチームの方が攻撃の形を作れていると言えます。
これは一昨年の5対6で負けた試合を覚えていて思い切って行けなくなっていたんでしょう。
カウンターを警戒するあまり上がれなくなっていたし、攻撃にも迫力がなくなっていました。
PKの場面でも外すんじゃないかってベンチで話していたくらい怖さが感じられなかった。

武藤が決定機でボレーシュートを打った場面でも、いつもなら振り切っているところが出来ていなかった。
今年は武藤中心のチームなので今日放ったシュート8本のうち1本でも決まっていれば、雰囲気も違ってきたと思います。
今日は関戸と上條をスタメンから外して小島と征矢を入れましたが、小島はチームの中でも一番良かったと思います。交代選手について言えば、古川は今日が大学リーグデビューで初めての西が丘でした。
彼はヘディングも強いし深井のような高い能力を持った選手で、もっと暴れて欲しかったんですが、やっぱり初の西が丘という事で緊張したのか良さを充分には発揮できませんでした。

3節が終了して3連勝の明治が首位ですが、それほど気にしていません。
大学リーグが前期後期制になってから勝ち点50以上で優勝したチームはないんです。
総試合数は19ですから、どんな優勝チームでも5敗はしている計算になります。
だから、そう焦ってはいません、と優勝経験チームの監督として言ってみます(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

04 25 ,2010 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。