1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

コントロール、それ以上に

2009年5月30日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第10節
流通経済大学 3-1 筑波大学 @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。要・フラッシュプレーヤー
090530 集合
雨にも負けず、ハートを狙い撃ち、な流経大イレブン

【得点】()内はアシスト
2分:船山(武藤)/流経大、47分:及川(金久保)/流経大、
49分:瀬沼(田中)/筑波大、81分:船山/流経大

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、比嘉、MF:金久保、中里、千明、宇賀神、FW:武藤、船山
【サブ】
GK:増田、、DF:藤本、MF:フランク、村瀬、柳、FW:張、上條
【交代】
63分:中里→フランク、76分:武藤→上條、87分:宇賀神→村瀬、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:16(7)、筑波大:10(4)、
【GK】
流経大:6(2)、筑波大:13(7)、
【CK】
流経大:7(3)、筑波大:5(1)、
【直接FK】
流経大:13(6)、筑波大:15(9)、
【間接FK】
流経大:2(2)、筑波大:1(0)、
【オフサイド】
流経大:2(2)、筑波大:1(0)、
【警告】
51分:山越(筑波)/ラフプレイ、56分:山村(流経)/遅延行為、58分:宇賀神(流経)/ラフプレイ、
84分:及川(流経)/反スポーツ的行為、87分:佐々木(筑波)/異議

【試合後の中野監督のコメント】

学生はかなり慎重に今日のゲームに臨んだと思います。
点が入った後もっと押せ押せで行けば良かったのにと見てて僕らは思うんですけど、去年そういう流れの
時に追加点が取れないで、どの試合も全部リードしてたのにひっくり返されているので、考えて、消極的に
ってことじゃなくちょっと慎重に臨んだ結果だったのかな、と思います。

そういう面では3ー1というスコアは満足出来るものでありますけど要所要所、やっぱ筑波の選手にFWの
ところにボール当てられてランニングされて危ない場面がありましたから。
たられば言ってもしょうがないですけど去年の西川木島レベルの選手が居たらやられていたと思いますね。

ウチはまだまだ戦い方が、守備っていうよりもボールの奪い方もまだまだダメだなっていうのがありました。

それでも勝ったのはGKを含めた守備の強さです。
大ピンチも林がファインセーブで止めてくれました。

両校とも同じくらいチャンスもピンチもあったと思うんですけど、
失点の差が出たのは守備力の強さっていうんですかね、GKだけじゃなくて。
もちろん今日は林が「やられたっ」っていうシーン、決定的なのを2本3本と止めていました。
あれが1本でも入っていたらゲームは分からなかった。
そういう守備の差だったと思うんですけど、ちょっとしたところですよ、

ただボールを動かす力とかサッカーのやり方、局面的にはある意味筑波さんの方が強かったと思います。

【これで首位ターンが決まったが】
あまり勝ち点とか順位とか気にしていません。と、いうのはもうダントツの1位なんで。
それよりも大学生相手にもっと良い試合をやって。
今年は天皇杯でJリーグのチームを倒すっていう目標をチームでしっかり持っているんで、1試合ごとに
さらにもっと良くなる試合をやりたいんですよ。

先週の明治との試合からすると今日は赤点というか、ちょっと合格点をつけられないです。

筑波さんとの試合ってことで今日だけ見ればしょうがないかなっていう見方もあるんですけど。
先週明治とあれだけのゲームが出来たのに、今日はどうだったのっていう不満はあります。

確かに3日前にFC東京と練習試合をやったりしてコンディション的にちょっと重かったのかなっていうのも
ありますけど。
そういうなかでも、気持ちの面で良いゲームをやるんだっていうものがちょっと足らなかった気がします。

【それは頑張っていたFW2人以外ということか?】
たとえば今日の中盤の4人はもっと出来る選手達の筈だから、合格点はつけられません。
ウチのチームは中盤がもの凄く才能ある選手が揃っている訳だから圧倒的にゲームを支配出来なければ。
それが出来ていなかったです。
守備の面では筑波の学生にインサイドに振られてFWに、トップの選手のところに楔のボール入れられて
ランニングされて崩されていますよね。
去年だったらあそこに木島くんや西川くんがいて、ことごとくああいう場面で点を取られていますから
今日はまだ筑波FWが1年生とかだからそこの決定力の無さや経験不足だったていうのがありましたけど。
もしあそこにそれなりの選手が居たら、今日だってもう打ち合いのゲームになって3-3とかそういうゲームになっていたとおもいますよ。

【船山が2点取ったが】
船山はキャプテンとしての気持ち、そして今FWは全員状態が良いんでいつ替えられてもおかしくないって
いう危機感がみんなありますから。
そういう面では良い競争やってるなっていうのがあります。

【交代について】
リードしているから守りたいってことじゃなくて、ポイントをしっかり前で作って、さらに4点目5点目を取りに
行きたいって言う主旨で上條は入れました。


【ミョンギを休ませたのは】
ずっと頑張っていたんですけど、ここのところシーズンを通じての疲れもあるし。
中里はジャパン8にも選ばれていて、もともとU-18やU-19に選ばれているような選手ですから今日は
千明との組み合わせでやってみました。

今、実は中盤の選手で一番調子の良いのはフランクです。
今日先発で使わなかったのは、こういう苦しいゲームになった時にカードとして持ってたいっていうことで意図して後に回しました。
状態としてはフランクを先に使う方がゲームは安定すると思います。

【ボールを入れられてしまったというのは】
筑波さんとウチとでこういう現象が起きるのはいくつかの要因があるんですけど。
ウチの選手も攻撃をするためにボールを奪おうとするんで、守ろう守ろうっていう守備をしてないんですよ。
だから局面局面でボールを奪いに行くんです。だから逆に言うと筑波の選手はかわし易いんです。
(そしてかわすとチャンスになる?)そう。ボールをずらされてインサイドに入れられてしまう。
その現象は分かっているんですけど。
でもやっぱり守るために守備させちゃったら、試合は勝てるかもしれないけど伸びないですよね。
やっぱり攻めるためにボールを奪う、守るんじゃなくて奪い取るってことでやってるんで。
そこを筑波の学生も頭良いですからウチのチームのそういう所をよく分かってて、筑波もそこを上手く利用してますよね。
でも分かっていても、挑戦させないとお互いの選手が伸びない。
風間さんもそこをよく分かって筑波の今のメンバーの中でもやらせている姿勢は指導者として素晴らしいと
思うし。
だからこそウチもリードしているからって守ろうっていう気は無いんで。
やっぱりボールを常に奪い取って、常に攻撃したいっていう、それを追求しているからこそ、ウチと筑波は
こういう試合になりやすい。まあ乱打戦です。
まあ今日は向こうのFWの選手が1年生だったりして、色んな面で力強さが多少欠けたから、ウチが3ー1で
勝ちましたけど、これで木島くんや西川くんがもし居たら筑波さんも良いチャンスがあったと思うんで3ー3
くらいにはなったと思います。
林がいいところで決定機をつぶしてちゃんと止めていました。


【最終節に向けて】
中3日っで臨むのでコンディションを整えさせたいです。
教育実習もはじまってましてレギュラークラスが抜けるのでフレッシュなメンバーになるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 30 ,2009 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。