1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

タコ殴り

2008年10月18日JUFA関東大学サッカー1部リーグ 第18節
流通経済大学 2-6 専修大学 @たつのこフィールド
↑太字クリックで試合アルバムが御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
20081018最後

【得点】()内はアシスト
11分:小西(藤本)/専修大、23分:高山(松本)/専修大28分:宮崎(FK直接)/流経大、
51分:渡部/専修大、56分:佐伯(高山)/専修大、66分:飯島/専修大、
75分:高山/専修大、78分:金久保/流経大

【スタメン】(流経大のみ)
GK:大橋、DF:比嘉、加藤、山村、宮崎、MF:宇佐美、三門、千明、楠瀬、
FW:田村、船山
【サブ】
GK:増田、DF:山下、MF:金久保、中里、宇賀神、
FW:武藤、張
【交代】
55分宇佐美→宇賀神、62分千明→金久保、66分比嘉→張、
081018スタンド

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:9(5)、専修大:17(7)、
【GK】流経大:12(5)、専修大:11(4)、
【CK】流経大:2(0)、専修大:7(3)、
【直接FK】流経大:5(4)、専修大:9(4)、
【間接FK】流経大:2(2)、専修大:4(3)、
【オフサイド】流経大:2(2)、専修大:4(3)、

こんな失点をしている試合をしているようでは

話にならない
 と中野監督は試合後にコメント。

ミスの有無ではなく戦う姿勢が見られなかった。
負けていようが、点差があろうが、最後まで戦えない選手は次にユニフォームを着ることはありません。
とも。

前回、総理大臣杯予選で対戦したさい、専修大のことを非常に評価していた中野監督でしたが、さすがにこの結果には憤懣やりかたない様子でした。

081018田村 081018三門 081018楠瀬

リーグの優勝争いが2強~流経大独走状態になりつつありますが、一方で4位以下~降格圏は混戦姿勢。
それだけ勝ちに対する執念が一番強かったのでしょうか。
かなりの強風で前半は風上側。
追い風で有利に展開と思いきや、流経大さんは立ち上がりからやや慎重に試合を進めて弱めのジャブを
繰り返しては防がれて、前から激しいプレスをかけてくる専修大に主導権を渡してしまいました。
専修大は個人の技術も高いながら組織的に来ていて、ボールホルダーを2~3人で潰して奪ったら前へ、
と徹底して激しく当たってきました。
これまで対戦してきた下位のチームが引いて守っていたのに比べると、前目から激しいプレスをかけられて流経大さんは戸惑っているようにも…
081018守備陣

ボールを失うとあっというまに前線まで運ばれ、ピンチの連続、、、という展開に。
失点もクロス上げられたとはいえ、一応守備をする選手は居ました。もう少し粘ってコース切るなり何かアプローチしていれば、、
081018比嘉 081018山村 081018船山 081018加藤

攻撃でも流経大さんは個人頼み、というかバラバラで連動した動きがあまり見られず、あっさり抑えられてしまっています。
強風のなか、なかなか上手くパスが繋がらなかったのもありますが、久しぶりにスタメンの選手もいて楽しみだったんですけどね、、、。。

全ての面で専修大が上手でした。
流経大さんがあんなに下手に見えたのは初めてです。

それでも前半、宇佐美さんが倒されて得たFKを宮崎さんが直接決めて1点差とします。
0810181点目1 0810181点目2 0810181点目3 0810181点目後
中野監督曰く 90分間戦えていたのは宮崎だけだ とのこと。

後半開始早々に三門さんが抜け出してシュートも枠外。
081018後半チャンス1 081018後半チャンス2 081018後半チャンス3

ほんのしばらく流経大さんが攻勢に出ましたが、その直後に前がかったところを突かれて失点。
その後もセットプレーのこぼれを決められたり、ミドル打たれたり、と強風を上手く利用した攻撃に立て続けに失点。
もちろんDF陣の連携に難はありましたが、それ以前に前線の選手が全然キープ出来てなくてバタバタしっぱなしでした。

宇賀神さん金久保さん張さんといった攻撃的な選手を投入しますがいかんともしがたく、追加点はゴール前の混戦からポストの跳ね返りを押し込んだ金久保さんの1点のみとなりました。
081018ジャン 081018宇賀神背中 081018宇賀神 081018金久保

どんな時でもどんな相手にでも試合の主導権を握れる冷徹さがないと、こういう試合をしてしまうのでしょうか。
結局、鬼になりきれてない、そんな気がします。

タイトルも欲しいけれど、それだけじゃなく個々の可能性も最大に広げて欲しいから、こういう試合をされると非常に残念というか悔しいですね。
これから、同じようにインカレ出場権がかかっている中位~上位陣との対戦になります。
どんな試合をしていくか、とにかく頑張って欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

10 18 ,2008 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。