1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

またもや準加盟苛め

JFL後期第10節 2008年10月5日
流通経済大学 2-2 ファジアーノ岡山 (228枚) @津山陸上競技場
↑太字クリックでスライドアルバムを御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
20081005 1-1 200810051-3.jpg

【得点】()内はアシスト
6分:妹尾(関)/岡山、22分:沢口/流経大、26分:小野/岡山、
32分:沢口(PK)/流経大、

【スタメン】(流経大のみ)
GK:増田、DF:細貝、天野、吉渓、古西、MF:林(相協)、関戸、名雪、葛島
FW:武藤、沢口、【サブ】
GK:瀬口、DF:平田、及川、MF:小島、堀河、FW:徐、石戸

【交代】
60分葛島→徐、84分関戸→石戸、
200810052点目後+武 200810052点目後+武2 200810052-2


【スタッツ】()内は前半

【シュート】
流経大:6(2)、岡山:16(8)、
【GK】流経大:13(5)、岡山:10(5)、
【CK】流経大:4(1)、岡山:10(4)、
【直接FK】流経大:10(6)、岡山:19(11)、
【間接FK】流経大:2(0)、岡山:3(0)、
【オフサイド】流経大:1(0)、岡山:3(0)、
【PK】流経大:1(1)、岡山:0(0)、

徐々に怪我人も復帰しはじめた流経大さんですが、Ⅰリーグも一段落、そしてドラゴンズからの昇格(「ドラゴンズは決して2軍3軍ということではないけれど、大リーグにおけるマイナーリーグに意味合いが近い。調子の乗っている伸び盛りの選手は”昇格”という形で旬を逃さないうちに引き上げてあげるべきなので天皇杯予選の翌日より古西・張の2名がトップチームの練習に合流させた。その時は今ほど負傷者は出ていなかったので出場機会が巡ってきたのは偶然」と中野監督)で、もうトップ~JFLチームのメンバーは入り乱れて流動的。
そんななかでのJ入りを目指すファジアーノ岡山(現在3位)に堂々の引き分けです。

20081005説教 ところが試合後、大平コーチは集めた選手全員に対して、
 雨の中厳しい口調で1人1人に内容やプレーの質について
 実にみっちりと激を飛ばしたのでした。

 もっとやれる からです。

 選手達が引き上げた後、太平コーチは静かに仰いました。
趣味でサッカーをやっているんだったら、強いチームに引分けて良かったね頑張ったね、で終わりです。
でもこの子たちは違う。大学リーグに出ている連中からは今年も数人プロに行きます、
そのトップチームのレギュラーを目指しているのだから、

まだまだ足りません
こんなものじゃ物足りない、とのこと。
20081005林(相) 20081005古西 20081005 細貝 20081005天野

この1週間、もっか絶好調の2トップ、特に連続得点中の喜山選手に仕事をさせないよう岡山対策を練ってきて、
ある程度相手の良さは潰せたし、1対1で負ける場面で多かったにも関わらず失点しても追いつけたのは評価出来るものの、

・相手に合わせたサッカーばかりしてしまい自分達が主導権を握れなかった。
・2トップは潰せたが、17番や34番や28番にシャドー的にやられてしまった。
・J入りを目指す上位チームへの、そしてトップチームのレギュラーへの挑戦者という立場にいながら
 チャレンジャーとしてのサッカーが出来ていなかった。


この辺が不満とのことでした。
もっと流経大から前から強くプレッシャーをかけて仕掛けて行くべきだったし、(昇格に向けて絶対に負けられない岡山と比べて)失うものは無いのだから思い切ってやって欲しかったそうです。
20081005葛島1 20081005葛島 20081005名雪 20081005吉渓
サイドをよく崩せていた葛島さんを後半の早い時間帯(60分)で下げてしまったことについても「崩せていたけれど得点の雰囲気が無かったから」と一刀両断。あくまで勝ちにこだわっていたことを断言されました。

相手の出方を見てから動いていたせいか、いいようにやられて早い時間帯(6分)に失点してしまったので、
前半20分位から、もっと前から行けと指示を出したところ、GKのミスキックでチャンスが来た。
もっと積極的にやってそういったチャンスがたくさん生まれるようにしないといけなかった、
とのこと。

22分、GKのミスキックをカットした沢口さんはそのまま1人で持ち込んでDFをかわすとシュート!
よくぞあそこで足を出しました。素晴らしい反応。その後のシュートに至るまでも迷い無し。
200810051点目1 200810051点目2 200810051点目3 200810051点目4 200810051点目5
囲まれそうになりながらも、マーク外してタイミングずらして(ピントもずれちゃった(泣))敢えて右足でのシュート。
GKは左足を警戒してたのか逆を突かれてました。

ちなみに直前にGKにプレッシャーをかけて、DFの囮にもなっていた武藤さんは影のアシスト
ゴールこそ無かったですが、手をかけられても掴まれても転ばず粘り強いプレーを披露。
20081005武藤粘1 20081005武藤粘2 20081005武藤粘3 20081005粘4


ただ、その後ちょっと気が緩んだのか、突破を許して波状攻撃を浴びてしまいます。
26分、10番のシュートはバー直撃でしたがその跳ね返りを拾われて繋がれてシュートを浴び、勝ち越されてしまいます。

それでも下を向くことのない流経さん。32分、関戸さんが倒されてPKゲット。
20081005関戸PKゲ1 20081005関戸PKゲ2 20081005関戸PKゲ

誰が蹴るんだろう と思ってたらキッカーは沢口さん。まあ4年生だし、、、でも珍しい。
緊迫した雰囲気だしファジサポ側だったから難しい場面でしたが、これをきっちり決めて追いつきました。
200810052点目1 200810052点目2 200810052点目3 200810052点目後1 200810052点目後2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ごめんなさい。ゴール後またピンボケ(号泣)


20081005泉ひとり立 
 これで沢口さんはJFLでの6得点を挙げました。JFL出場は14試合。
 ガタイの良さでフィジカルの方に目が行きますが、大平さんは
 「沢口は頭の良い選手です。生粋のセンターFWですが、
  頭の良さで中盤もこなしています
」とのこと。
 確かに動きとかポジショニングがいつも良いです。カメラ構えていると、
 かなり絶妙なタイミングでフレームインしてきます。
 この日は後半ゴール前でクリアするなど攻守に渡って最後まで気合の入った
 プレーを披露していました。


「層が厚い」とされる流経大でも、他のメンバーとの兼ね合いでメンバーが流動的になっているJFLチームのなかで継続して結果を出し続けているのは凄いですね。
1年生が出ることが多いJFLチームのなかではお兄さん格なんですかね~。
ゴール後に皆が駆け寄っていく姿が微笑ましかったりして。
(でもイムさんは頭触りすぎだと思う↓1点目の後)
20081005 1点目1 20081005 1点目2 20081005 1点目3 20081005 1点目4 20081005 1点目5
後ろからこっそり、、、、がしっっっっっ、、、のしかかって、、、、、、わし掴みっっっ(ほぼ羽交い絞め)
20081005 1点目6 20081005 1点目7 20081005 1点目8 20081005 1点目9
ぐりぐりぐり、、、こっち向いてと、見つめ合ったりして、、、イム、いい加減にしろよ~と笑顔で諭す名雪さん(推測)

中野監督は春の合宿の時 選手を選ぶのが監督の最大の仕事です。と語ってらしたんですが、選ぶだけじゃなくモチベーションを維持させるのも大変なのかと。
これだけ人数が多くて色んな選手が居ると、まあ組み合わせとかもある訳で、得点を挙げても次節でコロっとベンチ外とか珍しくないし。
それでも大学リーグだけじゃなく、各ジャンル(JFL→一桁順位、クラブドラゴンズ→全社出場、Iリーグ→1チームが関東決勝出場)でも一定の結果を出せているのが凄い。
コーチ陣の努力もそうですけど、選手の頑張りも本当に偉いかと。

どんな状況であれ問答無用で試合に臨んでいると思います。が、大平コーチ的にはまだまだ足りないようでした。

特に挙げていたのが後半開始早々のビッグチャンス
泉さんのシュートが弾かれたところに武藤さんが突っ込んでGKも飛び出してしまった時、こぼれ球をドフリーの関戸さんがシュート!も弱くてDFに弾かれてしまいます。

大平コーチは、防がれてしまったことで勝ち越せるチャンスを失くしただけでなく岡山に試合の主導権を渡してしまったことがとてもくやしかったようで、岡山の強さ(1対1の技術の高さ、追いつかれても崩れない、後半も足が止まらない、試合中の修正能力が高い、J2でもやれると思う)を認めつつ、最後まで厳しい表情を崩しませんでした。

結局、後半は前半以上に押される展開で交代策も効果もあまり上がらず。
20081005徐 20081005石戸


所々で見せ場はありましたが、一番目立ったのは増田さんのスーパーセーブって感じでタイムアップ。
20081005増キャッチ 20081005増跳 20081005増投
増田さんは失点こそしましたが、恐れを知らぬ思い切った飛び出しと1対1でも落ち着いて対処できる強心臓っぷり、、、、すごいわ~
あんな天候でミスキックが殆ど無い(たぶん1本)のも仰天モノですね。


まあ、それでも善戦したって褒められていい内容だったと思います。よくやったかと。
雨中、怒られたのはそれだけ期待が大きかったってことで。次はホームだ、頑張れ!!


スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

10 05 ,2008 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。