1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [FC東京] 試合など   Tags: ---

お盆の週末のまとめなど

~~8/16~17 ひさびさな青赤週末だった雑記~~

080816小平阿部のぶ1 080816小平阿部のぶ2
8/16 ひさしぶりの小平----- 阿部のぶさんもひさしぶり。

11:20くらいに到着。試合ある日だし、もう終わってるかと思いましたがしっかりやってました。
080816小平スズケン 080816小平小山 080816小平森村 080816小平下田
フルコートを使って、DFは置かないでGキックから展開してゴールを狙う練習?をしてました。
ブルーノさん、徳永さん、祐介さん、椋原さんは見当たらず。早めに上がったのか奥に居たのかもしれませんが。
大竹さんは奥で別メ&鳥かご。
080816小平大竹

小山さんと森村さんは私が見た時は全体練習に合流してました(途中まで別メ、という情報あり)。

小山さんと吉本さんのゴールへの執念が目立ってましたね。
080816小平吉本1 080816小平吉本2 080816小平吉本3

攻撃陣はどうよ~?って思ったけど、ベンチ外にFWが皆無ーーーーー。いや~層が薄いっすね。
ってか結局全ポジション駒不足?まあSBが3人負傷ってのはかなり異常事態ですわね。

その後、ハーフコートのミニゲーム、そしてシュート練習とPK練習で終了。
080816小平ミニゲー阿部のぶ 080816小平ミニゲー池上 080816小平ミニゲー権田
ミニゲーム時の権田さんの積極的なコーチングと飛び出しが目立ちました。阿部のぶさんも安定してました。
この2人に何とか実戦での経験を積ませてあげたいけど、サテもなかなか試合が無いですよね。
やっぱり90分ガチな試合に出ることは大切、2人ともいい素材だけに、、、権田さんはまだ代表ありますけどね。
080816小平権田 笑顔 080816小平権田PK練習1 080816小平あべのぶPK練習2 080816小平阿部のぶPK練習

天気予報は曇りだったのに、しっかり晴れてて、ちょっとぐったり。ファンサ無しで帰りました。


そんで家帰って、ちょっとぐったりしてたら時間はあっという間に過ぎてしまって、、、、
でも

080816味 円陣

久しぶりにキックオフに間に合った


いや遅れて入場した時の方が負けてないし、、、と言い訳してみる。
チャリ置き場に居た時ユルネバタイム。赤い人たちが愉快なビッグフラッグを掲げてたみたいですが
見られず、、、。
ちょっと見たかったかも。

モニ&佐原さんのCBそして左SBに今野さん(!)、右SBに長友さん、羽生さんと浅利さんのWボランチ。
ひさびさの浄さんを期待していただけに、一気にテンション下がりました。すみません。
でも意外というか、途中までは東京ペース。でもさすがに真ん中をがっちり固めて得点させてもらえません。
080816味 浅利シュー1 080816アサリシュー2
倒されながらもシュートを放つ浅利さん。その時、みんなの心は一つになってました。

決めてくれ、浅利、、、と。でも赤いチーム4人がかりでは、、、

それでも、ボールも持ててたし左でエメがいい感じに飛び出してエメ→カボレでゴール前まで迫ったり、右で長友さんが抜け出したりもしてました。
ナオさんが献身的で守備を念頭においてプレーしてたのが印象的。ただそうすると良さが消えちゃうのは残念。
惜しいシュートが一回あったかな?でもアチラさんは9番の人までもがサイドに流れて来てケア。
優勢に試合を進めつつ歯がゆい状況が続きます。
080816味 右サイド攻防2 080816味 右サイド攻防 080816味 右サイド攻防1
前半から右サイド(あちらさん的には左サイド)の息詰まる攻防が展開。

でも何て言うかキタキタ--!って拳に力が入って半分腰が浮いた時の攻撃のバリエーションが

絶望的に少なかった

080816味 ナオシュー 080816味 平山攻撃 080816味 カボレ包囲網

いいんですよ。ゴール前でパスに逃げようと、ブラジル人同士でパス回そうと、ふんわりクロス上げようと。
ただ毎回それじゃ怖さが皆無
CKやいい位置でのFKも全くチャンスにならず。さらに左SBの今野さんはオーバーラップ殆ど無し。
平山さんは赤い4番に競り勝てず(なら前に廻るとか動きに工夫しようよ!)。盛り上がろうにも、どうにも萎えてしまう展開が続きます。
羽生さんのボランチは確かに良いけど、出来たらもうちょっと前でプレーしてもらいたかった、、攻撃がエメ頼みになってしまいますね。
そんな前線に至る前の段階でも、「信じて走る」「信じて出す」動きが少なかったような。
東京のウリだったムダ走りも減って単発な攻撃が多かったですね。ロングフィードも佐原さんが出してたくらい?
そりゃ前線の選手はトラップ下手ですぐ取られちゃうからパス出すのにも臆病になってしまうのかもしれないけど、
メインではこちらボールにも関わらず、だんだん盛り上がりが焦りに変わっていくし、、、、。

それでもCK時の守備は文句なしの平山さん。
080816味平山守備 080816味 平山守備2


一方で赤いチームにはワンプレーからあっさりチャンス作られてしまってました。
11番の人とか7番の人とか14番の人にも抜け出されてましたね。どれもクロスバーとポストに助けられましたが。
080816味 守備あわわ


無失点なら クロス婆さんとポストン君がMOM だったけど。


その後TVで見たかぎりでは7番の飛び出しにせよ、11番の飛び出しにせよ、同じ選手がマークに
ついていたような、、、、
それ以上にラインコントロールが半端でした。いや、飛び出しの良さを褒めるべきか?
抜け出された後もウチのDF陣ってばポッカ~ン( ゚ Д゚)って反応が1テンポ遅れてるし。
3~4回、完全に1対1を作られてるし。しかも全く同じようなパターン。頭痛いよ。塩田さん良頑張りました。

080816味 モニ
モニさんは頑張ってたし今年の見たなかでは一番良かったけど、
このレベルの人たちを相手にするにはまだまだ足りません。

そしてチャンスを生かせなかったとはいえ無失点で前半終了。
080816優勝報告
ハーフタイムにU-18のアディダス杯優勝報告♪
吉本達のU-15優勝報告に比べるとだいぶ大人しいヾ(o゚ω゚o)ノ゙


後半、序盤から赤い人が飛ばしてきます。
東京は苦し紛れのサイド突破~真ん中で弾かれるor奪われてカウンターという悪循環に。
珍しく今野さんがオーバーラップしてエメを追い越した場面がありましたがあっさりパスを奪われて
絵に描いたようなカウンター喰らってましたーーOrzOrz
何を期待しての今野さんのSB起用だったんでしょう? 途中からでも浄さんINで今野さんボランチって選択肢は無かったのでしょうか?


そんな苦しい展開を打開せんと浅利さんを下げて梶山さん投入、ところが相手も10番を投入してきます。
いや~敵ながらあの10番は、、、、
080816味 梶山1 080816味 梶山2

そして22分、赤い13番から出たパスに16番が素晴らしい反応、ってかまぐれじゃね?ってくらい見事にボレーをかましてきて東京は失点。

この後の東京の落ち込みっぷりは凄まじかったですね。全員に遅延行為取られてもおかしくないくらい。
鼓舞する存在はおらんのか!!!って情けなくなります。

おずおずと鼓舞しようとする平山
080816味 失点直後
その後もCKやFKのチャンスはありましたが全く生かせず。
ナオさんに替えて赤嶺さん、カボレさんに替えて信男さん投入も焼け石に水で試合終了。
080816味 真吾 080816味 信男さん

中断前にやってたカボレさん+真吾さん(1.5列目)ってなんで最近やらないんでしょうね。

とはいえ布陣だ戦術だっていう以前に攻撃のバリエーション不足プレスの甘さが問題かと。

あとは、、、前回の埼スタへ行ってないので赤い人たちをナマで見るのは久しぶりだったんですが。
みんな上手くなっていたのに衝撃を受けました。
得点を挙げた選手も移籍直後の発言が話題になってたし、他にも色々ネタにされる選手が多数いましたが、なんだかんだでプレーで落とし前をつけてましたね。
それが一番悔しいかも。

あと、、、試合とは無関係だけど、城福さんにせよ社長にせよ赤いチームをやたら意識してますね。
あそこまでビッグなクラブですから、気にするのも当然ですがちょっと痛々しいです。
赤いサポーターのの団結、動員は凄いけど同じやり方が東京で通用するとは思えません。
県民性というか、コアとなる浦和近辺の住民気質に沿った方針があってこその成功じゃないですかね~。
勝手な思い込みですが、あの地域はスポーツだけじゃなく音楽とか全てにおいて地元に対して義理堅い土地柄な気がしてます。

もう約20年ほど前ですが浦和のあたりで音楽のイベントがあって、X(JAPANと付く前)やデランジェやらリアクションやらが出てて若気の至りで見に行ったんですが、、、、全く盛り上がってなかった。
ヴィジュアル系という言葉はまだ無かった頃ですが人気はあったんですよ。
その時会場で「埼玉だと地元出身のレッドウォーリアーズ(そういうバンドが居たんですよーーー)しか盛り上がらない」ってまことしやかに話されているのを聞きました、、、
事実はどうあれ、そういう気質がありそうな土地なんです。。近場とはいえ東京とはかなり違う。
それにあった営業方針で赤いチームは成功した、だから東京は東京で「らしさ」を大切にしないとダメな気がします。

ここのところ、私がFC東京を好きになった頃にあった飄々とした感じが薄れてきている気がするんですけど。
スタッフの努力が逆効果になってなきゃいいんですけど。

そして日曜。寝坊というか、起きたけどどうもダルくて11:20頃小平着。桃山学院大との練習試合。

080817小平失点直後
着いたらいきなり失点 どういうこったい。
厳しい顔の栗。でもこの日はきっちり2得点。消えていた時もありましたがきっちり仕事はしました。

その後栗澤さんが1点返しますが桃大さんの両サイドが凄く足が早くて、再三突破を許してましたね。
途中から知り合いと会ってしまい、くっちゃべってたのでちゃんと試合見てませんでした。すみません。
080817小平荻 080817小平 高橋 080817小平 下田 080817小平浄さんとスズケン
強化指定の高橋さんも参加。

1本目は荻さんGK、下田さん右SB(!)藤山&吉本のCBコンビに浄さんSB。強化指定の高橋くんをボランチに栗澤さんはトップ下?
信男さんと赤嶺さんの2トップ。信男さんはよく走ってました。しかし赤嶺さんはサイドに流れたりしてましたが
今ひとつ存在感なし。高橋さんも、オフィシャルの試合評にあるほど積極性は見受けられませんでした。
右SHだった池上さんと右SBの下田さんの頑張りは目につきましたが、、、

この2人の本来のポジションは? 一体どうしたいのよ?

まあ下田さんは高卒1年目だし、色々経験積ませるのも良いでしょう。
じっくり見たのは久しぶりだったけど、顔つきもずいぶん引き締まって男前になっていてびっくり♪
大人の階段登ってますね~。まだ身体つきは華奢だけど、やる気が漲ってるのはいいですね。
しかし、ガミさん、、頑張って頑張って、、、どうなるんでしょ?
確かに足りないっちゃ足りないところもありますが。さらに栗澤さんと信男さんは、もっともっと本番で使えると思いますがね~。このままでは勿体無い。
080817小平後半

そして後半、一気に3人練習生投入(この辺はちょっと曖昧)。GKは権田さん。DFは右から下田、吉本、藤山、スズケン、MF池上、高橋、栗澤、練習生(37)、トップ下練習生(34)、信男さん1トップ。
後半開始そうそう栗澤さんが1点返します。
その後藤山さんも練習生(38番かな?)に交代して高橋さんがCBに。38番はボランチへ。37番は左SHで土曜日も居たような、、、。練習生34番が練習生39番と交代(CKの守備時に負傷したもよう)。
小柄な39番が前線で非常にいい動きをしてました。ボールが無いところで何度も動きなおしてたゆまずひたむきに。巣晴らしい。 
38番もちょっと三門さん風のもみあげが印象的でしたが、足もとが上手くて良く散らします。練習生が3人でものすごく良く試合を動かすように
今年もこんな展開ですか、、、、。
39番は小柄で高校生っぽかったけど、他は大学生? ごめんなさい。全然分かりません。
37番がゴールした後の喜び方が控えめで初々しかったです。まだ最終学年ではなさそうですがどんなもんだか?
39番が試合後、権田さんと長くしゃべってましたが下部組織出身かな?(ホントこの辺は無知ですみません)

まもなく復帰しそうな3人組がクールダウンしつつ観戦してました。
080817小平仲良し3人1 080817小平仲良し3人2
最初は微妙に似たようなポージング、、、、、、おもむろに森村が女ヒョウのポーズを取れば

080817小平仲良し3人組3 080817小平仲良し3人組4
おお、そりゃいいねと残る二人もそれに倣う。 試合がピンチの時も同時に反応

080817小平仲良し3人組5 080817小平仲良し3人組6

あ、チャンス、、ってボールを目で追い、、、  まあ、こんなもんだねと柔軟に専念(大竹は敢えて別方向!)


さてさて、その後もピンチ(権田さんポロリとか)ありましたが無失点で抑え、練習生37番と信男さんと39番のゴールで5-2で勝利。


ただ 1本目は1-2で負けてた んですよね。

試合後、桃山大さん達はけっこう長くミーティングしてましたが、東京はさっさとダウンして切り上げてました。
この辺もなんだか、、、うう~~~っっん腑に落ちん。
080817小平試合後

この日は午後から帰省しなきゃいけなかったので、またもやファンサ無しで帰りました。







夏休みシーズンの練習試合ということでいつになく大人数の学生さんが見えてましたが、どんな縁なんでしょうね。
サブ組より出来は良かったーーOrz、でも、どれくらい真剣に獲得を視野に入れているのやら。
そう言えば流経大の石川さんが長居で試合に出ましたね! まだ3年生なのに凄い。先月のFC東京とのサテにも出て頑張ってたみたいだし。

それはさておき練習参加はあくまで練習参加なわけで、あまり一喜一憂しちゃいけないんですが。
でも塩田とか最近では高橋さんとか、けっこう練習参加が獲得(強化指定)前のお披露目だったりするから、つい鼻息荒くして見てしまう。ユースっ子の昇格試験かも?とかね。
東京だと試合記録にユースっ子の名前が出るけど練習生は名前が出ない。平日が多いので見られない事も多くて、やっぱりヤキモキしますね。

まあ仙台の三澤とか柏の祐三とかマリノスの狩野とかだって練習試合で大活躍してたし、岩政なんて強化指定したけど結局獲得には至ってないから正式な発表があるまで早合点しちゃいけないんですけど。
でもやっぱり何か、東京だとこれ見よがしなところがあるから、目が離せない気になるのかも。


この時期になるといつも4年前の、それも見てもいない試合を思い出します。
その頃は毎週のように平日に練習試合があっても全然見に行けなかったんですが、ユースのある選手がその前の練習試合に出ていたから、今日も出たかな~って期待してネットをチェックしました。
すると彼のポジションのところには<練習生>の文字が、、、。
何故か今残っている試合記録だと1列前のポジションになってるけど、確か試合直後は違ってた筈、、、思い違いかな?
それはさておき、そのユースの選手が出てないことで本当に落ち込みました。ああもう彼の昇格は無いんだなって、今から思えば根拠ゼロだよ。
実際、決まるのってもっと後だと言ってる人もいますが、、、、本当のところは分かりません。
ただ前の年にサテで活躍していて、サテではトップの選手からポジション奪ったかに見えた彼が年が改まってからサテにもあまり出てなかったので、その練習試合で何か決定的になってしまった気がしたのです。

約2週間後にその<練習生>の入団が発表され、数ヵ月後にユース選手は進学したと聞かされました。

その後の詳細はここには書きませんし比較してどうこう言うつもりもないけど、やっぱりずっと腑に落ちない思いがわだかまっています。
それは、その前の年にサテや練習試合で重宝されていた鎌田さんが昇格出来ず、彼より出来の悪かった選手が残留していた時と同じ思い。
ただ、その時の選手はもっと好きだっただけに、もっともっと辛かった。今でも辛い。
まあ高卒選手をロクに育てられていないFC東京に来るよりは進学した方が良かったとは思いますが(なんせ経験した公式試合の数は半端じゃないし!)、割り切れない苦い思いが湧いてきます。


「もう4年生なんですね。そんな時期になっちゃったんですね」
と春先にその選手に言ったら曖昧な返事が返ってきたけど、そりゃ答えようがないわな。

彼だけじゃなく他の4年生達や、今の東京U-18の3年生達、、、みんなどうなるんでしょうね。
あまりに期待値とか可能性に賭けてしまうのも危険だけど、計算とか未来設計とか完璧に立てたところでその通りになるか分からないし。
幸運の女神には前髪しかないと言うけど、もうコレって思ったら後先考えない方が良いこともあるかも。
まあ、そんなこんなでしばらくは心がざわつく事になりそうです。

スポンサーサイト

テーマ : FC東京    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

08 18 ,2008 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。