1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

その次へのステップへ

え~っっん、サーバのエラー連発でもう何が何だか、、、、

とりあえずアルバムだけまとめました。↓太字をクリックして御覧下さい。チアは殆どありません。
2008年5月6日JFL 流通経済大学0-2HONDA FC
20080506糸数×千明 20080506圭×糸数2 20080506圭×糸数1

大人の試合をされてしまいました。HONDAさんの試合巧者っぷりに、後半なんてお手上げ状態。
栃木、横河、そしてHONDAと上位チームとの連戦でしたが、一番難敵だと予想してたし実際そうでした。
それにしても糸数さんの運動量は相変わらずすごっっっ。
確実に流経大さんのチャンスつぶしてくれましたな。

20080506 武藤×糸数1 20080506 武藤×糸数2 20080506 武藤

前半は結構ゴール前まで攻め込めてました。細貝さんがDF2人かわして切り替えしてシュートの図
20080506細貝1 20080506細貝2 20080506細貝3 20080506細貝4 20080506細貝5

中里さんまでU-19に召集されてしまったのでボランチ出場の泉さんもゴール前に迫ります。
20080506泉×糸数 20080506泉×糸数2 20080506泉×糸数(後半)


でも、さすがHONDAさん、手数をかけず要所要所を〆てきます。
せっかくの決定機のシュートも弱くて、阻まれるかGKがキャッチ。拮抗したまま時間だけが過ぎる展開に。
そして省エネモードできっちり攻撃してくるHONDAさん。椎名さんも頑張ったんですけどね。
20080506椎名1 20080506椎名2


30分、右サイドを突破した鈴木はクロスか?と思いきやシュート。しかも風にのりゴールに吸い込まれてしまいます。
それまでやや攻勢に出ていただけに、流経大さんはちょっと凹んでしまいましたね。
20080506保崎 20080506宇賀神 20080506吉渓 20080506山下2 20080506山下1

そのまま前半終了。
後半、HONDAさんはしっかり修正してきます。中盤からパスの出しどころをしっかり潰してきます。
怖さのある攻撃が殆ど出来ない展開になってしまいます。

そこで決して出来の悪くはなかった宇賀神さんを下げて成田さん、再三攻め込んでた細貝さんを敢えて下げて征矢さんを投入。状況の打開を図ります。
20080506比嘉1 20080506比嘉×糸数 20080506比嘉2
本日の唯一の1年生スタメンは比嘉さん。同郷の先輩・糸数さんとのマッチアップも。

20080506成田 20080506成田2 20080506征矢 20080506征矢2
成田さんもドリブル突破を図るし、征矢さんも何とか前を向こうと奮闘しますがそのままタイムアップ。

20080506圭 長1 20080506圭 長2



前半はともかく後半は完全に読まれちゃったというか、釈迦の手の上でぐるぐる回る孫悟空状態。
同じような状況はJ1でも何度も見たことがある、苦々しいけどもうどうしようもない状態でした。
2002年の磐田とFC東京とか、2003年の鞠の巣(久保と奥と遠藤アキが好調)とFC東京とか、、。
力の差を感ぜずにはいられません。
身体能力とはまた違うスキルなんですかね。個人としてもチームとしても、しっかりしたものが浸透してるんだろうなと。
強いってこうことか~~~って、厚い壁に正面衝突した気分です。

この日、流経大さんはかなりメンバーを替えてきて、そのことで体力的には有利でしたが、それだけで勝てる程ヤワな相手ではありませんでした。
もちろん、流経大さん側もそれは重々分かっていて気合い入れてきてたと思います。

前半はなんとか攻勢に出られましたが(HONDAさんが様子を見ていただけかもしれませんが)、そこまででした。
後半は軽~くいなされてしまいましたよ。読まれてしまったというか。
でも、大学リーグにおいても読まれて研究されて良さを封じられることは結構あります。去年の後期とか。
そういう状況をどう打開していくか?っていうのは、流経大さんがチームとしても個々の選手としても次のステップに進む為の大きな課題ですね。はあ。


でも、この日のJFLメンバーさんたちは絶対

もっと出来る 。大平さんもおっしゃってたけど。

だから本当に悔しいし、次につなげて欲しいと強く願います。

ただ去年の後期(メンバーは全然違いますが)もこんな風に封じ込まれたことが何度もありました。
その時に比べると核にある「流経大らしさ」はしっかりしてきたと思います。
苦しくてしょうがない時に頼る寄る辺が出来たと言うか、自分達を信じて粘れるようになってきました。

連休は終わったとはいえ、次は遠方アウェー。しかも日程もまだ詰まってます。
気を抜かずにがんばろ~~!!
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 1   Trackback: 0

05 07 ,2008 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

やられましたね。
しかし、2・3年前のJFLの試合に比べ、格段に差がちじまった気が
しました。それに、糸数先輩が相手チームのなかで利いてました。
思わずニンマリしてしまいました。(失敬)
次に期待したいと思います。

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。