1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

ジャイキリとは言わせない

2016年3月12日JFL 前期第2節
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 2-1 ソニー仙台
13:00 KICK OFF @たつのこフィールド
20160312_1002.jpg

【得点】(アシスト)
3分:日高 大(横地 貴徳)/ドラゴンズ
71分:有間 潤(PK)/仙台
89分:宮津 祥太 /ドラゴンズ
20160312_1000.jpg

【ドラゴンズ メンバー】
FW:李 相赫[90分→橋口 拓哉]、横地 貴徳[79分→宮津 祥太]
MF:日高 大[60分→渋谷 峻二郎],藤 翔伍,吉森 恭兵,新垣 貴之
DF:田中 龍志郎、小野原 和哉、藤原 雅斗、六本木 空
GK:新井 栄聡

早くも初白星!
20160312_2742.jpg

昨シーズンの開幕6連敗を思い出すと、なんだか夢のようです。
今年は始動を早めてキャンプをするなど、いつも以上に気合いの入ったチーム作りをしてきたそうですが、早くも結果に出てきました。

※以下、選手の経歴もざっと残しておきますが、部員数が多いのでこっちも把握できない事がけっこうあるのでご容赦下さい。

20160312_1816.jpg 20160312_1817.jpg
1年の時にドラゴンズからTOP昇格するも出番に恵まれず、2年の流経大FC,3年のドラゴンズともにやや不完全燃焼だった悲運のドリブラー、日高さん。
最終学年の今年のブレイクに確信したくなる先制ゴールでした。

20160312_1630.jpg 20160312_1654.jpg
前節より守備での貢献や泥臭さも光った横地さん。(4年 1年;流経大FC、2年:流経大FC、3年:Iリーグ)
ゴール量産していた去年みたいに波に乗って欲しいです。

20160312_1998.jpg 20160312_1999.jpg
昨シーズンから引き続き中盤を引き締める吉森さん(4年 1年:ドラゴンズ、2年:流経大FC、3年:ドラゴンズ)。小柄ながら当たり負けしません。
豊富な運動量で90分走りきった六本木さん(3年 1年:ドラゴンズ、2年ドラゴンズ)。

20160312_1993.jpg 20160312_2424.jpg
強い突破で何度もソニーDF陣を切り裂いた李さん(3年 1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)。途中出場でJFLデビューを果たした渋谷さん(2年 1年:流経大FC)。この2人の積極的な姿勢が得点を呼びました。

20160312_2561.jpg 20160312_2560.jpg
スタメンでも物怖じしない積極的な姿勢でインパクトを残した新垣さん(2年 1年:流経大FC)。と、安定した守りを見せた小野原さん(2年 1年:流経大FC)。。
流経大FCから抜擢された新2年生の頑張りが光っています。去年のFCの明るくて前向きな姿勢はそのまま成長している感じです。

20160312_2669.jpg 20160312_2699.jpg
前節同様苦しい時間帯の投入でしたが、見事に結果を出した宮津さん(3年 1年:ドラゴンズ、2年Iリーグ)、
久しぶりにたつのこのピッチに立った橋口さん(4年 1年:ドラゴンズ、2年:Iリーグ?、3年:Iリーグ)。
昨年はIリーグだった2人ですが、最終学年を迎えての活躍に期待です。

20160312_2556.jpg 20160312_2555.jpg
ピッチに咲く半袖戦士、籐さん(4年 1年:流経大FC、2年:流経大FC~TOP、3年:ドラゴンズ)。
吉森さんと同様、昨シーズンから好調の波に乗っている感じです。足元の技術の確かさや強い気持ちの入ったプレーでチームを引っ張ります。
昨シーズン後半から引き続きキャプテンマーク。

前節も今節も強豪相手に許した得点がPKだけ、という堅い守りを見せた守備陣は評価できると思います。

20160312_2028.jpg 20160312_2030.jpg
相手陣からも感嘆の声が出ちゃう藤原雅斗さん(4年 1年:流経大FC~TOP、2年、3年:TOP)。対人の強さと足の速さで何度も危機を救いました。

20160312_2031.jpg 20160312_2032.jpg
誰が加入しても気づけばスタメンの座を奪取している田中さん(3年 1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)。

20160312_2540.jpg 20160312_2546.jpg
そして去年も一昨年も決して不動のレギュラーではなかったけれど、出場するたびに成長見せてくれる新井さん(3年 1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)。
開幕スタメンを勝ち取った今シーズン。186cmという長身ながら俊敏なスーパーセーブを披露。キックも格段に安定してきました。


前節から新家さん→日高さん、川崎さん→新垣さんと、あまりメンバーを替えずに臨んだドラゴンズは前節と同じく、開始から攻勢に出ます。
サンヒョクさんの突破から横地さんが粘って中央にボールを送ると、走り込んだ日高さんが蹴りこんで先制。
その後もサイドからチャンスを作りますが、だんだん押される苦しい展開に。
それでも前節よりしっかり守れてはいましたが、後半に入ると運動量も落ちて、なかなか流れを掴めないまま71分に前節同様PKを献上。
これを決められ同点とされます。
その後途中出場の選手が奮闘するも攻撃がやや単調となり、立て続けにCKを与えるなど苦しい状況が続きました。
それでも引き分けに逃げるのではなく、勝ちを諦めない姿勢がメンバーで統一されていて、それが宮津さんの勝ち越し点に繋がったのかなと。
そろそろロスタイムも出るか、という89分。ゴールキックに詰めた宮津さんに、GKの蹴ったボールが当たってそのままゴール!
その後の長い長いロスタイムをしのいだドラゴンズが今シーズン初勝利を収めたのでした。

後半になると勢いがガタっと落ちてしまい、押し込まれてなかなか立て直せないという課題は相変わらずですが、今後が楽しみなのは間違いないです。

ただドラゴンズの場合、好調な選手がTOPに昇格してしまうという事情がありまして。
まあTOPチームに上がれるのは喜ばしいことですが、シーズンを通してコンディションを維持するのがけっこう難しくはあります。
特に藤原さんや田中さんはSBもCBもこなせるので、いつ昇格してもおかしくないですね。
昨シーズンは小池さんが1試合だけでTOP昇格してましたし。

もちろん「頑張ればTOPに行ける」というのが選手の最大のモチベーションになっています。
だから控えとかベンチ外の選手も気を抜かないで準備しておいて欲しいですね。

ちなみに、全日本大学選抜と関東大学選抜に選ばれたメンバーですが、4年生の塚川さんが1年生の時に流経大FC(天皇杯予選後の後期よりTOP)。
それ以外は全員ドラゴンズ出身という…
ジャーメインさん、今津さん、渡邉さんは一昨年の地域決勝の前に昇格しています。
あらためて、社会人と対戦することで選手たちが得難い経験をしているのは間違いないことだなと思います。
スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

03 12 ,2016 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。