1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合-大学   Tags: ---

次のコマへ

アミノバイタル杯、2連勝!!
00G_3412.jpg

さすがに2部首位の日体大は手強い相手でした。
1点先制したものの硬直した展開が続くなか、クリスティアーノ中村の投入が流れを変えたと思います。

まだまだ過密日程が続きますが、次回で大臣杯への切符を手にして欲しいものです。

なお、試合写真(客席から撮ってます)は先にフォト蔵の方に上げています。

写真データを提供している大学応援側が、その方が使いやすい、ということなので。

ちなみに、流経大が勝ち進んでも、6月7日はJFLのホームゲームに行きます。

前期最終節。こちらも期待しています。


※さて5月31日の撮影も裾野グランドB2で行われたんですが、ちょっと気になる事があったので残しておきます。
 5月30日に試合前の受付で「試合中は客席からしか撮影できない」という旨のお達しを受けました。
 細かい経緯は省きますが、その後遠回りして行ったB2グランドで「試合前の集合写真も撮影禁止(マネージャーはOK)」
 とも申し渡されたんですね。
 天然芝が問題なら離れたところから撮る、とか色々交渉しましたが一切ダメ(マネージャーはOK)。
 もちろん大人しく従いましたが、これちょっと問題だと思います。
 大学リーグの撮影に関して、流経大と私は金銭(ギャラ)は一切ありませんが、もう何年も公式資料に写真データ提供しています。
 契約書をかわしているわけではありませんが、今回のアミノバイタル杯でも事前申請で中野監督のサインを頂きました。
 もうこれは民法での「双方の合意」だし、片務契約を締結しているって事なんですよ。
 つまり私には流経大の写真に関して義務があるって事です。
 
 たかが集合写真ですが、大切な記録ですし、今後の大学側の広報で必要になるかもしれません。
 カメラマンに撮影を許可しない、というなら学連側はもっと早くに私にそれを伝えるべきだったんじゃないかと。
 そうすれば私の方でマネージャーさんに、広報レベルで使えるレベルの写真が撮れるカメラを用意するなり、何か出来たんじゃないかと。
 
 ずっとそんな事を考えています。こっちが事前申請などのルールを守っているのに対してこれは少々納得できないと。

 
 そし31日、念のため受付の慶応大のIDをつけた男性スタッフに再度集合写真の撮影について確認したところ、答えは不可でした。

 流経大は第1試合。終了後撤収していたら第2試合の撮影をしに旧知の某大学のカメラマンさんが見えてて立ち話したんですけど

 そのカメラマンさんは集合写真の撮影は許可された とおっしゃってました。

 慶應大のIDをつけた男性スタッフがいろいろ電話して問い合わせた挙句、許可は出たそうです。
 ただ諸事情でその方は集合写真を撮るのは断念した、とのことでした。

私だけ禁止されていたんでしょうか

ボランティアとはいえ、こちらは真剣です。
こういう対応されると本当に困るというか。私だけ何か問題とされているんでしょうか?

大げさじゃなく今後大学サッカーじたいも撮影禁止とかされそうです。
ちなみに昨年一度、ブログについて「一般公開を止めるように」と言われたことがあります。

その後、大学側から認可されているということでこうして継続していますが、いつまでこんな状態が続くか正直分かりません。

せっかく2連勝したのに、こんな事書きたくないけど、急にサイトが終了したりしたらすみません。
スポンサーサイト

Comment: 2   Trackback: 0

06 01 ,2015 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございます。
はじめまして。

青赤プラグ(流通経済大学サッカー部応援サイト)管理人の#あきこ、こと藤井亜希子と申します。
このたびは心のこもったコメントをありがとうございました。

サーバーの調子が悪く、コメント欄が開けなくなってしまいご返答が遅れてしまったことをお詫びします。

そして、今回の撮影の件でいろいろご心配をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。
あれから、中野監督が直接広報部などに問い合わせて下さって、一応の解決となりました。
規模の大きな大会で試合数も多く、いろいろな行き違い等もあるのはしょうがないことのようです。
他大学のカメラマンも含めたたくさんの方から心配していただいて、私としてもちょっと驚きました。

また保護者の方にまでご心配をおかけしてしまって恐縮しています。

今回の事であらためて、自分がどうしたいのかを見つめなおせた気がします。
もともと客席から撮っていたファンだった私ですが、監督や手呂内コーチに信頼していただけて、専属という形にしていただけました。

でも根本は頑張っている選手達を恰好良く撮りたい!っていうそれだけです。
私はスポーツもやっていませんし、流経大サッカー部のようにひたむきに何かを頑張ってきたことはありません。
だから選手たちがどれほど素晴らしく得難い経験をしているのか、というのが逆に良く分かります。
だから選手たちを少しでも恰好良く撮って、いつでも見ることが出来るように残したい、そう考えています。

長文になってしまいました。

いろいろ行き届かないところや失礼なところはあるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。