1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

蹴る-ぷ

2014年10月26日JR東日本カップ 第88回関東大学サッカーリーグ戦 1部第19節
流通経済大学 0-0 慶應義塾大学 11:30 KICK OFF @味の素フィールド西が丘
20141026-A集合





20141026-攻撃1

【流経大スタメン】

FW:安芸 銀治→81分:富樫 大介
MF:江坂 任→64分:森保 圭悟
   西谷 和希→83分:ジャーメイン 良、古波津 辰希、塚川 孝輝、富田 湧也、
DF:藤原 雅斗、田上 大地、今津 佑太、湯澤 聖人
GK;吉田 一也


20141026-ヘッド1 20141026-ヘッド2
攻めても攻めても得点ならず。蹴っても蹴っても、、の繰り返し。
前半はそれほど危ないシーンは無く、後半も押し込まれる時間帯は多くはありませんでしたが、
ポスト直撃や枠内シュートを吉田さんが腕一本で弾いたり、とかなり決定機は作られてしまい、なんとか引き分け、と言ったところです。

試合を振り返った監督は一つ一つのプレーに丁寧さがない、と攻撃に苦言を呈しつつ
最低限の結果はあげられた、と語って下さいました。

↓↓↓↓(以下、監督コメント)
丁寧にサッカーをやれる場面が増えてくるともっと点が取れる場面が出てくると思います。
次は残留争いの直接対決になるんで、今言っていることと取りあえず負けないようにするするってことが必ずしもイコールにならないって事で最低限でも引き分けいいなってことになっちゃうんですぐに問題点が改善できるとは思えないんですけれど。
負けないようにやりたいと思います。
NUS_6753.jpg
(インカレも視野に入れて試合をしているという事だが)
例えば、今日出た安芸っていうのは初登録して今日初めて試合に出したんですけど、やっぱり競争をしっかりさせたいので色んな選手を使っています。
それが不安定とは言わないけれど、選手間のコミュニケーション不足っていうのはあります。
今日もあれだけフリーキックがあったのにフリーキックがチャンスになっていないんですよ。
ただそれはメンバーを固定しないでやっているぶん、致し方ないっていう部分もありますね。
20141026-攻撃 20141026-守備
リーグ戦を投げちゃっているわけじゃなくて、リーグ戦を上手く活用してインカレで最高の状態になるようにっていうのはウチにしかできない状況なんで、そういう面では仕方ががないかと。
20141026-西谷 20141026-塚川
(ケガ人の復帰ぐあいは?)
順調ですね。それと1年生がクラブ・ドラゴンズっていう形で地域リーグ(地域決勝)に出るんですよ。
それが社会人登録なんで11月の789なんですけど、その予選ラウンドでもし負けちゃうとその1年生を大学連盟に登録出来るんで、その中に結構中盤の才能あるコが多いんですよ。
それを融合させてインカレはやりたいと思っているんですけど、もし決勝ラウンドに残っちゃうとたぶんインカレの登録までに間に合わないんですよ。
20141026-吉田1 20141026-今津

そんなところもあるんで、今かなり大枠の選手を一緒にトレーニングさせて、紅白戦なんかもあたらしい選手を
入れてやっているんで、この試合のためだけの準備ってわけじゃないから、そのちぐはぐさが試合に
出ちゃってるかなというところです。

20141026-攻撃3 20141026-攻撃4
それでも最低限ディフェンスライン、GKを中心としたディフェンスラインのところは混乱がないんで、やられたかなっていうシーンでもGKの片腕一本でボールに届いていたり、ディフェンスがヘディングでクリアしているっていうのは実はあそこが重要なところで、その一歩なり身体の寄せ方がいいポジション取れているからそこが失点になってない、そこが流経としては崩れてないってことになりますよね。
20141026-ポスト!1 20141026-ポスト!2 20141026-ポスト!3
インカレの考え方としては「引き分けでいい」って考えでやっていますから。
トーナメントであれば負けなければいいって考えで出来ますから。
リーグ戦っていうと、どうしても勝ち点3を取ろうって思うとリスクを冒してでもっていう事になるけどウチはインカレバージョンのシュミレーションとなっているんで、そういう面では今日は合格とは言いたくないけれど最低限の結果は出せたと思います。

(初出場の安芸選手(昨年はクラブ・ドラゴンズ所属)について)
(ヘディングで押し込んだり、抜け出したりといった決定機があったが)ああいうのを決めてくれたら、初起用で彼がその期待に応えたってことで、よりFWの競争が激しくなっていたと思います。
ただ、ボールはけっこう収まっていましたよね?彼は習志野高校出身で、レベルの高い中で活躍してただけのことはあります。
ここのところの練習でFWのなかで一番ぐんと伸びて来たんで、今一番かどうかは別としてそういう選手を使ってみようっていうトライをしてみたんですよ。
まあまあの、、もう一回使ってみたいなっていう結果は残せたと思います。
20141026-安芸1 20141026-安芸2
20141026-安芸4 20141026-安芸5 20141026-安芸6

(旬な選手を見極めて使ってチーム全体に刺激を与えたいということ?)
逆に言うとサンフレッチェ入りが決まった川崎(裕大)とかメンバー入ってないですからね。
J1に決まってもウチの場合はコンディションが悪ければ試合には出さないっていうことが出来るチーム
ですから。そこがこのチームで選手が育つ背景になっている訳ですから。
20141026-古波津 20141026-富田2
本当はそのなかで優勝争いが出来たら一番いいんですけど。
でも優勝扱いは出来ていない訳ですがチームとしての方針を変えるつもりはないんで。最後にどういうメンバーになるかまだ分からないです。
20141026-田上 20141026-吉田2

残留争い大変じゃないかっていうのも思いますけどそこまで深刻ではないので。
仮にウチが3連敗したとしても、、色んな対戦カードを見ると、数字的には無くはないんですけどあまり現実的な数字ではないから。かといって選手達にはまだ降格の可能性はあるんだよって言っています。
あまり、こう気楽になっちゃうとリラックスして好きなことがやれちゃっても、それはインカレなんかでそんな風には出来ない訳ですよ。
プレッシャーを感じたなかで判断をしてやってもらいたいから、もうちょっと緊張感を持って来週、再来週とやっていきたいと思います。

20141026-藤原1 201410269-ジャーメイン
(選手層が厚いなか、一度でも失敗すると次の試合に出られないというプレッシャーもきついと思うが。)
それもプレッシャーですよね。
でも彼らが行きたがっているプロの世界って決良くもっと厳しいところですよね。
例えば監督のやりたい事ができなければ、監督から見ていい選手じゃないと判断されたら、シーズン中でもそのポジションに外国人選手とか持ってこれちゃうわけだから。
大学生なんてまだ、、なんで試合に出られないんだって言うかもしれないけど、お前らが行きたいっていうプロはそんな
言い分抜きにしてシーズン中だって外のチームにだされちゃったりするんだよって話はよくしています。
NUS_7299.jpg





スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

10 26 ,2014 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。