1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

怪物が目醒める時

2012年5月12日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】7節、13:50kick off

流通経済大学 5‐1 筑波大学@古河市古河サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20120512 試合前
【得点】 
30分:黒田(河本)/流経大、44分:玉城(瀬沼)/筑波大、47分:平野(河本)/、55分:中美(FK直接)/、62分:河本(黒田)/、71分:オウンゴール/流経大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数)20120512 集合
GK:中島宏海、
DF:富田湧也(後1)、鈴木翔登、小川晃平、福井快、
MF:大貫彰悟、木下匠、平野伊吹(後2)、黒田拓真(前1後1)、中美慶哉(後2)、
FW:河本明人(前1後2)、
【リザーブ】(流通経済大学)
GK:原田祐輔、DF:藤本大、MF:早稲田昇平、中山雄登(後1)、椎名伸志(後1)、江坂任、
FW:林諒彦、
【交代】 
46分:福井→椎名、82分:大貫→中山、86分:木下→早稲田、

20120512 試合前 握手
【スタメン】(筑波大)
GK:神舎宏、
DF:早川史哉、車屋紳太郎(後1)、
MF:谷口彰吾、中野嘉大(前1)玉城峻吾(前1)上村岬、
FW:赤崎秀平(前1)、瀬沼優司(後2)、曽我敬紀
【リザーブ】(筑波大)
GK:岩脇力哉、DF:田代諒、岸光、
MF:葺本啓太、曽山慶太、FW:不老祐介、若杉拓哉、
【交代】
15分:曽我→不老、71分:中野→葺本

【スタッツ】()内は前半20120512 4点目後2
【シュート】
流経大:12(2)、筑波大:6(3)、
【GK】 
流経大:11(8)、筑波大:15(5)、
【CK】
流経大:2(1)、筑波大:6(4)、
【直接FK】
流経大:9(3)、筑波大:14(7)、
【間接FK】
流経大:8(8)、筑波大:2(2)、
【オフサイド】
流経大:8(8)、筑波大:2(2)、
【警告】
38分:谷口(ラフプレイ)/筑波大、54分:谷口(反スポーツ)/筑波大、
54分:谷口(警告2回・退場)/筑波大、75分:小川晃平(ラフプレイ)/流経大、
20120512 スコア全景

【監督コメント】20120512 4点目後3

今日は5-1という結果を出せましたが、これまでも試合内容は良かったし。
前節の慶應大戦も今日以上やれていたっていうのはあったんですけどロスタイムの93分目に追いつかれちゃったりと、
ちょっと今シーズンは”負のスパイラル”っていうか負のサイクルに入っていたようでしたが内容はいつもこれ位はやっていたんで、
これから状況が上向きになってくれればと思いますけれど。

今日は筑波大さんとの試合ってことで、順位とか今の勝ち点とか度外視して同じ茨城のチームとして、、
僕は勝手に”茨城ダービー”って呼んでいるんですけれど、気持ちの持ち方がが違ったと思います。

筑波大さんはこの間敗れたことでちょっと元気がなかったかな。
実力は筑波さんの方が全然上です。相手が一人少なくなって5-1となっていても「いつ2点3点取られるか」って思って見てましたから。
20120512 防御1 20120512 防御2
本当に安心してはいられなかった。客観的に見てる人は5-1だから絶対大丈夫とかって思っていたのかもしれないけれど、僕は筑波の実力は分かっていますから。
ちょっとでも隙を見せれば、ぽんぽんって点を取られちゃうって思っていたんで、まあ勝って良かったって思いますね。

後半に椎名をSBで入れました。実は右のSB(富田)も中盤の選手なんです。20120512 後半左サイド

今年はSBとGGKが弱いんでGKも今日初めて起用した1年生を使いましたし、SBは思い切って中盤の能力のある選手を配置して
組立もさせようと。小さくてもサッカー感のいいのを置こうと思って。
後半、一番サッカー感のある椎名を置いたっていうことで、落ち着きましたよね。
椎名はSBは今日初めてです。練習でもやったことないんです。本当は中盤で使ってきましたが性格の良いコなんで
「何で俺がサイドバックなの 」っていう態度ではないですから。
彼は自分の与えられたポジションでチームの為に何をやるべきかっていうのを考えられる選手ですから。
だから、逆に(本職ではない)椎名が入って中美と椎名で左サイドをコントロールしましたよね。
それがもしかしたら一番の勝因になるのかもしれませんけれど。
中盤の選手を両SBともにコンバートしてくっていうのが今回上手く行きましたが、
SBやっている選手がウチの220人の部員のうち何十人もいるから、みんなプライドが傷つくんですよね。
まあこれが良かったのかどうか。
色々チーム内で考えて行かなきゃいけないんですよね。


(今日の大勝について)
谷口(後半9分退場)は筑波大の中盤の一番の心臓ですから。
実はこのコらは去年のユニバ(ユニバーシアード)で、みんな中国でずっと応援していたから(選抜選手だった)谷口や赤崎のプレースタイルとか良く分かってますよね。
分かってるっていうのは、彼らが上手いっていう事をやっぱり尊敬、リスペクトしているんですよ。
20120512 1点目 20120512 2点目 20120512 3点目 20120512 4点目
だから一生懸命やれたんだと思うんですよ。
だから筑波大との試合は楽しいですよ。勝っても負けても。
前半はたまたまウチが先制点を取ったけれど、試合内容で言えば0-2くらいになってもしょうがなかったですよ。
それくらい筑波大の構成力はいいです。
ただ実は今節はCBの川崎が出場停止だったんで、フレッシュなメンバーで組んで、しかもあの4人の最終ラインで試合やったことないんですよ。
こういうのがある意味面白い作用を起こしたっていうのはあるかも。
20120512 富田 20120512 小川CAP 20120512 翔登蹴 20120512 椎名
安定したメンバーでやってたらこうならなかったかもしれないし。
初めての組み合わせでやったことがいい緊張感でコミュニケーションを取れたのかもしれないし。

終わってみれば、逆にあの(最終ライン)4人で失点1だったんだから、とも言えます。
でもサッカーってそういう、そういう風に色んな作用が複雑な要素が起きるんで。
でも、この辺で気を引き締めないと。
20120512 大貫 20120512 中美目力 20120512 木下2 20120512 福井


20120512 伊吹1 20120512 黒田 20120512 中山1 20120512 早稲田 20120512 中嶋

今の我々の順位とか勝ち点とか得失点とか考えたら、一つも気を抜けないですから。20120512 1点目後。
今から上位を追いかけて行くんだっていう面での一つにきっかけになってくれればいいかなって思います。
下のチームはみんな頑張っていくから、大混戦になるんですよね。基本的に。
最後シーズンが終わった時、どこが笑っているのかどこが泣くか分からないって事です。
12チームのなかで弱いチームは無いし。

まだまだこれからですよ。

20120512 後ろ姿

久しぶりの大勝を監督の地元で、しかも筑波大相手に飾ることが出来ました。
これまでやってる事に間違いはない、と信じつつ結果がなかなか伴わなかっただけに、最高の形で終われた試合終了後中野監督は嬉しそうでした。
ただ、先週の竜巻被害の事もあったのか、ひたすら謙遜というか慎重に言葉を選んでコメントしていたのが印象的。

竜巻被害の影響か、この日の筑波大は調子かなり悪かったんじゃないでしょうか。
確かに前半はチャンス作られてましたが、シュートも弱かったりGK正面とか。
一方の流経大は監督コメントにもあったようにかなり気合い入っていて、中盤も互角だったし、右サイドから藤田さんが何度も突破をかけていて今季好調な筑波大相手にけっこうやれているなと。前半も監督が評するほど悪くは無かったかと。

先制点は流経大、河本さんのドリブルからマイナス気味のクロスを黒田さんがダイレクトにぶちこんで先制。
その後は拮抗した激しい展開が続き中美さんがゴール前に迫り、43分には河本さんが抜け出してシュートを放つもGKにキャッチされます。
その直後に左サイドから失点。まさかあの距離・あの角度から入れられちゃうとは…って感じで前半終了。
後半早々に椎名さん→河本さん→に平野さんが巧く合わせて勝ち越し。20120512 福井大平さん
さらに中美さんが谷口を退場に追い込んで得たFKを直接決め
(初見!どこにそんな飛び道具隠してたんだか…)、
オウンゴールでダメ押し、、文句ない展開で圧勝できたのでした。
とはいえ、やっぱり5-1になってもあまり落ち着かなかったのは事実。
70分にはGK抜かれるて翔登さんがぎりぎりでクリアして逃れるなど、
気の休まることのない90分でした。
ただ、河本さん富田さんが完全に抜け出した場面もあったし、
あと2点くらいは取れたかも、なんてダイナミックな”茨城ダービー”でした。
しかしこんな風に勝ってしまうと後期の対戦が怖い… 倍返しとか止めてね

これで波に乗りたい、、、ところですが、次の対戦はアウェーで学芸大学。全くタイプが違う。
もともと専修大、神大と並んで苦手としているだけに全く気が抜けません。
しかも順位的にもお互い勝ち点3を確保(相手に勝ち点をやらない)しておきたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 12 ,2012 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。