1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 2012 五輪予選   Tags: ---

ヨルダン旅行記・シリア戦編

あまり思い出したくない、しかしながら今回のヨルダン行きのメイン、シリア戦で記す。

長いから、たたんでおきます。駄長文すみません。写真はあまり撮ってませんが(集合撮り忘れ!)後ほど追加します。

ダイジェストはこちら




アンマンの空港に着いて感激したのはインフォメーションに日本領事館の方が試合会場への行き方とチケット代・販売開始時間などを書いたプリントを用意して下さっていたこと!
個人旅行者なんで助かりました。
もちろん会場は日本で調べてましたが、直前に会場変わったりしたら、、、とか不安だったものですから。

ただ、スタジアム名が英語表記だけでした。
う~んヨルダンのタクシー運転手って結構アルファベット読めないし、だいたい日本のスタジアムもそうだけど、英語の呼び方は馴染みないんじゃないかと。

私は以前ヨルダンに住んでいた方のブログに載っていた、スタジアムのアラビア語画像をプリントアウトして持って行ってたんで楽に行けましたが、あれだけで行けたのかちょっと心配です。

ちなみにアンマンの空港って個人タクシー乗り入れ禁止。
バスとかで市街地に出てからタクシー拾うしかないんだけど、私は面倒なんでモグリのタクシー使って空港から直行しました。
50分くらいかかって、50払えと言われましたが粘って30にさせました。ちなみに正規だと17くらいらしいです。

他のアジア諸国での経験からして、2~3箇所は違う所に連れて行かれることを覚悟していましたが、ちゃんとスタジアムに着けたんで、まあ良しとします。

ちなみに朝8時からチケット販売ってことだったんですが、11:30に会場着いても窓口閉まってました。
門のところに居たオッサンは「2時からキックオフだから、2時から売るよ」とか言うし!
まあ2時間くらい前から売ってたみたいですけど。


さてさて試合。

引き分けでもいい日本と、勝たなきゃいけないシリア、その真剣味の差が出てしまった試合でした。

シリア戦布陣 シリア戦布陣2

キャプチャーなんで見にくいくいけど両国の布陣。
開始早々から、シリアが押してくる展開でした。
その急いた気持ちからか5分からシュミレーションかましてきたり(中東なだけにPKかと冷や汗)、18分で山崎を負傷させたりと11人全員が刺客と化してました。
国立でやった試合だと、イエローや時間稼ぎといった汚いプレーもほとんどなく、真向勝負だったんですが、今回は別。

メンバーも変わってたみたいですが、とにかく、日本の良さを消してペースをつかませてくれないまま時間が過ぎます。
日本側は誰がどうとか良し悪しとかより、誰も良くなかったです。
ピッチがすべりやすかったり、ボールが変なバウンドしたり、しかも高地(約800m)で疲れやすかったりと色々やりにくいところがあったせいでしょうか。

まあ日本側がボール持っても押し込まれてるしパスコースも消されててて、上手く攻撃の形と作れない。
前線の選手にボールが渡っても、その選手が後ろにいるからゴール前まで行くのに、時間がかかるかかる。
山田が頑張って動いてるな~(ちなみにこの試合のMVP)とか山口・酒井は気合が入ってるな~とか細かなところを見ると良いところもありましたが、全体的に動き出しが遅い。
攻撃も読まれてるというか、追いつかれてしまう。

酒井や浜口、比嘉は本当に警戒されててやり難そうでした。
比嘉くんも見るからにイラついてましたね。大学選抜でデンチャレに出てた時もそうだったけど、警戒されて対策されると入ってしまう悪いスパイラルに落ち込んでしまってました。

まあ、これはチーム全体がそんな感じ。
攻撃が拙くなっちゃうだけじゃなく、守備に関してもシリアより1歩遅い。
守備というより伴走してんじゃないかって感じでしたよ。そのつもりなくてもアリバイ守備になってしまう。
んで、シュートに持ち込まれて枠外、とか権田が止めたりして。

あんた達こんなもんじゃないでしょ!と叫びたくなるじりじりとした展開を打開出来ないまま試合は進み、それでもなんとか形を作ろうとも頑張ってみたところで山崎の負傷(前半18分)。
スタンドからはそう激しい接触に見えなかったのですが、倒れたまま立ち上がれない。
そして即×が出ちゃって、応援側も言葉を失いました。骨折って…

あれで完全に日本側が意気消沈というか、ちょっと浮き足だっていしまって、直後に失点。
交代で入った大迫のオウンゴールでしたが、見てて権ちゃんどうして?の方が強かったです。

FKじたいは、そんなに強くないボールだったから見てても「え?」っていう。

まあ言いたくありませんが、試合開始そうそう権田がちょっとテンパり気味で、某東京サポさんとも「これはヤバい」なんて言ってたんですけどね。
もっともっと怒りまくって、気持ちが途切れないようにして欲しかったですね。

失点後も、ゴールキックがハーフラインにも届かないでライン割ったり、ああいうのはJや学生ではよく見かけますが、やっぱりこういう大事な試合ではやっちゃいけないでしょう。
シリアのGKはそんなのやってなかったし。

でも他の選手もツメが遅くて甘く、前向いてボール持てた数少ないチャンスもお互い信用してないんじゃない?ってくらい自滅してて手詰まりな感じになってきたりして。

でも、日本から馳せ参じたサポータ-、そして日本領事館職員?のヨルダンの方や、JICAで現地に滞在中の日本人の方々、そして亡命(?)反体制派シリア人集団は声を張り上げて応援してましたよ。

「こんな雰囲気のアウェーは初めて」なんて声も聴かれるほどの友好的な多国籍スタンドでした。


そんなこんなで、1点ビハインドを覆せないまま前半終了とも思われましたが、鈴木のボールを中央で受けた大迫が上手くシリア側選手をかわして抜け出してきた永井へパス、永井がそのままシュートして同点に追いつきます。

この時の大迫はさすがに上手かったです。きちっと禊の仕事したというか。

そして前半終了。

反政府側のシリア人集団(国立ではシリア応援席で体制側と反体制側で小競り合いがありました。)はちゃんと日本の応援はしてくれてましたが、日本人のコールやチャントとは全く合わせてくれないで適当な即席応援歌とか唄ってたので、ウルトラスの若手が応援指導。
そしてヨルダン人かシリア人か不明ですが、物見遊山?的にコールリーダーに話しかける人とかもいて、実に不思議な交流が繰り広げられた後、後半キックオフ。

ちなみにベトナムなんかだと、掏摸が集団で来て友好的なフリして…ってことがあるそうな。
ちなみに今回、被害に遭った話はききませんでした。
シリアとヨルダンは隣国ですが、比較的ペルシャ系の色白で目や髪も明るい色の人が多かったヨルダンに比べて、シリアは選手も応援の人もセム系というか中東っぽい顔立ちの人ばかりだったのが印象的でした。

仕切り直して後半、と行きたいところでしたが、相変わらず沈滞ムード。
開始早々に、押し込まれてあわや…とかシュート打たれたり。
比嘉も国立で11月に見せたような強気のプレーが出せず9分にイエロー。
永井、山田へボールを出してゴール前に迫ろうとしますが、どうもシュートまで持ち込めない。
「勝って帰ろうよ!」というスタンドの叫びは届いてないみたいでした。

やっと後半29分、戦略的な選手交代。
怪我から復帰の山村キャプテンがOUT (泣)、扇原IN。
これでちょっと日本が攻勢に出て大迫のシュートやCKも増えましたが、得点ならず。
逆に鋭いカウンターを喰らう場面も増えた、、、ような。

ちなみに職場のサッカー経験者(某県リーグ)に山村くんについての聞いたら
「俺は、好きなれません」と即答されてしまいました(号泣)

「チャンス作れても失点しちゃったのと、押し込まれまくっても引き分けてたのと、どっちが良いの?」とも聞いたら

「分からない」だって。

う~ん。試合後のコメントでも扇原が入ってからの方が攻撃の形が作れていた、てあったけど、得点出来なかったし勝ち越し点を許してしまったんですよね。

そもそも前半後半とも、一貫した感じが全然しなかったですね。
誰かのせいとかには出来ない、全員が不足っぽかった。

ロスタイムがアナウンスされ、隣の東京サポさんと手ととりあって「早く終わって!」と祈った直後、、、、3番シャビンのロングスローを東がゴル前中央でクリア、それを12番ア

ルマオリが頭で後ろへ、CBの2番アルサリフが頭でコントロールしながらロングシュート、これが決まってしまいます。

まず、、、権田がどうこう言われてますが、それ以外にも文句は沢山あります。
まずゴル前に固まりすぎで東のクリアに反応した日本の選手って2人しかいないってどうよ。

東のクリアに喰らいついたシリア12番とそれを受けて走りこんだ2番に競ってたのは鈴木だけだし、2番の選手に向かっていってたのは前線に残っていた大迫だけ。

前途の同僚は「あの時間帯にDFにボールが渡れば必ずシュートを打ってくる。まだMFの方が繋ごうとする」って言ってて、なるほど~って。

ゴール前をいくら固めててもああいうループ気味のロングだと、手の出しようがないし!

あの時間帯、シリア選手のゴール前へ向かう気迫は凄かったですね。
日本も意地を見せて欲しかったですね。

2006年のAユース準決勝だったかな?槙野が身体張って相手選手止めて負傷&失神&一発退場になった事があったけど、、、いや警告貰えとは言いませんけど、、、、
あとは2003年のWユースのエジプト戦での栗原のクリア、ああいう怖いくらい気合いが見たかったなと。勝手な言い分ですが。

あと選手交代、斉藤とか何で使わなかったのかな、とかいろいろ疑問はつきないです。
これが結果出せてたら文句も出ないんですけどね。

まだあと2試合あります!あきらめたらそこで試合終了。
とにかく頑張れ。いいとこ見せて下さい。

スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

02 07 ,2012 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。