1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


In 04 2016

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

首位肉薄っっ!!

2016年4月24日 JFL 1stステージ第8節
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 5-0 栃木ウーヴァ
13:00kick off @栃木市総合運動公園陸上競技場
00P_5726.jpg
20160424 JFL 流経大ドラゴンズ 5-0 栃木UVA
20160424 JFL 流経大ドラゴンズ 5-0 栃木UVA by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)

【得点】()内はアシスト
32分:小野原 和哉(池田)、45分+1分:日高 大/ドラゴンズ
50分:池田 紘大(FK直接)、66分:高澤 優也、81分:高澤 優也(日高)
【ドラゴンズスタメン】
FW:李 相赫(イ・サンヒョク)、
MF:宮津 祥太、日高 大、吉森 恭兵、吉田 大河、小川 紘生、
DF:田中 龍志郎、小野原 和哉、藤原 雅斗、池田 紘大
GK:坂田 大樹

【ドラゴンズ リザーブ】
新井 栄聡、橋口 拓哉、石田 和希、川崎 雄太、渋谷 峻二郎、高澤 優也、奥田 陽太.
【交代】
56分:李→高澤、70分:吉森→石田、73分:藤原→橋口
【スタッツ】()内は前半
【シュート】
ドラゴンズ:15(7)、栃木:4(2)
【GK】
ドラゴンズ:6(3)、栃木:15(11)
【CK】
ドラゴンズ:4(3)、栃木:2(1)
【直接FK】
ドラゴンズ:13(6)、栃木:8(2)
【間接FK】
ドラゴンズ:2(1)、栃木:2(1)
【オフサイド】
ドラゴンズ:2(1)、栃木:1(0)


5連勝です!上位です!首位肉薄ですよ!


さて試合。
午前中は小雨混じりでけっこう寒かったんですが、午後から温度も上がり日焼けが心配になるレベルに。
選手の消耗も激しかったと思いますが、ドラゴンズは最後まで集中力を切らさず90分間+ロスタイムを走りきりました。

昨年、スコアも内容も悔しくてたまらない試合しかさせてくれなかった栃木ウーヴァが相手。
昨年ゴールを決められた内山さんはベンチスタート(←「ちょっとホッとした」と中島監督)でしたが安心出来なかったです。

ところが試合早々からドラゴンズがペースを握り、何度もセットプレーのチャンスを掴んで李 相赫(3年:青森山田、1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)さん日高さん(4年:広島観音、1年:クラブ・ドラゴンズ→TOP、2年:流経大FC、3年:ドラゴンズ)、
宮津さん(3年:浜名、1年:ドラゴンズ、2年:チームA)がゴールに迫ります。

とはいえ、ウーヴァ側もすばやいカウンターからチャンスを伺うなど、予断を許さない状態で試合が進みます。
そんな均衡を破ったのはやはりセットプレーから。
ハイボールを競り合った日高さんがファールを受けて得たFK。池田さん(2年:旭川実業、1年:流経大FC)が蹴ったボールは小野原さん(
2年:磐田ユース、1年:流経大FC)の頭に。
GKがはじいちゃったのかな?とにかくボールはネットに吸い込まれます。

「やりたい形が出来た」と中島監督が振り返ったとおり、理想的な形で先制。
その後前半ロスタイムにも吉森さん(4年:桐生第一、1年:クラブ・ドラゴンズ、2年:流経大FC、3年:ドラゴンズ)のボールを受けた日高さんがすばやいシュートを決めて2-0で折り返します。

そしてさらに気温も上がった後半。早い時間にに池田さんが美しいFKを直接決めて3-0に。これで栃木側の心が折れちゃったみたいでした。
なんとか攻撃を仕掛けてくるも、ツメが甘くて決めきれず。守備もちょっと散漫でちょっとドラゴンズの攻撃練習みたいになってしまいましたね。

昨年怪我してから、ちょっと不遇で今季も出遅れた感のあった高澤さん(2年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ)が貫禄の2ゴール。
相手DFが捕らえられないのと同じように私のカメラでも撮れない、、、うう、すみません。
宮津さんのゴールがはじかれてから、波状攻撃3連ちゃんくらいで決まりました。
いやもうすごいでしょう。

そして石田さん(3年:流経大付柏、1年、2年:TOP)!!ボランチ出場ですよ。中盤で何とか気力をふりしぼろうとする栃木の攻撃をつぶしまくってました。
高澤さんも石田さんも相手がしぼんでいる状況での投入でしたが、素晴らしかったです。

それにしても今季、途中交代も含めて監督の采配がことごとく当たってます。

楽に勝った試合はほとんど無いのですが、ついに5連勝です。夢みたいですね。

00P_5699.jpg
この日、ベンチ外の選手と超美人マネージャーさんに辣腕主務さんが応援に駆け付けたのでした。
なかでも榎本さんは終始すばらしい歌声を披露。勝利に多大な貢献をしたのでした。

それはさておき今のドラゴンズの良さってやっぱりチーム力ですね。
もちろん藤原さん(4年:C大阪ユース、1年:流経大FC→TOP、2年、3年、TOP)と坂田さん(4年:流経大付柏、1年:流経大FC、2年、3年、TOP)の存在はとても大きいです。
でもTOPチーム経験者だったら昨シーズンもけっこう居たし、昨年も今年も上手い選手ばかりでした。
監督が代わったけど、中島監督は去年も途中からコーチとしてドラゴンズのスタッフだったし、個人の力がどうこうだけではない気がします。
なんだかんだで昨季も最終的に自力残留圏内に残れたっていう経験もあるし。

ただ新戦力の2年生(昨年まで流経大FC)の早さ、強さ、そして明るさと大胆さにはびっくりしました。
例年にくらべると、昨年のTOP昇格者がそれほど多くなく、流経大FCも全社2回戦敗退と渋い感じだったのですが、
ここに来て昨年の流経大FCだった面々がどんどん開花しています。
そして昨年を乗り越えた3,4年生、怪我や不遇を乗り越えた4年の2人、この辺がよく噛み合って伸びているのかなと。
いい意味でめちゃくちゃ仲が良いし。もちろんまだまだ危なっかしいところもありますが、本当に成長を見守りたいチームです。

ふつうならもう数人TOPに引き抜かれてると思いますが、ここまで好調だと中野監督も色々考えていらっしゃるかと。

とはいえ、、、、実はウーヴァは前節3-0で勝ってるんですよね。
私がかつて好きだったJの某チームもそうだったんですけど、爆勝した後は惨敗しがち なんですよね。
気を緩めたつもりはなくても、どうしても、、、ってのはあるんですよ。

5連勝といっても100%褒められるような試合なんてほとんどないです!
これまでは昨季の成績で相手がドラゴンズを甘く見てたって面は否めません。

これからが本当のスタートだと思って気を引き締めて臨んでもらいたいですね。

Continue »

スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

04 24 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

踏みとどまるか

2016年 04月 23日 (土)
JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 1部 第4節
流通経済大学 0-0 駒澤大学
14:00kick off @たつのこフィールド
00P_4316.jpg
20160423 JUFA 流経大 0-0 駒澤大
20160423 JUFA 流経大 0-0 駒澤大 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)

【流経大 メンバー】
FW:ジャーメイン 良、渡邉 新太、
MF:原岡 翼、尾嵜 鉄平
   小池 裕太、桜井 将司、
DF:守田 英正、塚川 孝輝、橋本 直哉、本村 武揚
GK:オビ パウエルオビンナ

【流経大 リザーブ】
GK:西岡 佑馬、DF:宮内 雄希、中谷 航大、久保 和己、金 永洙、吉田 光 、相澤 祥太、

【流経大 交代】
66分:尾嵜 鉄平→久保 和己
81分:原岡 翼→相澤 祥太

【警告】
37分:桜井(ラフ)/流経大、47分:駒大(繰返)、78分:桜井(ラフ)・警告2回、退場/流経大、85分:駒大(繰返)
本当に駒大は苦手な相手です。
駒大が降格した年くらいじゃないでしょうか、ちゃんと勝てたのって。
とにかく最強だった昨年の前期も駒大戦でミソがついたし、毎年駒大がどんなに連敗してても流経大と対戦すると調子が上向きになるという、、、、
脱・駒大の勝ち点ATM という強い思いで臨みたいところです。

ところが守備の要の今津さん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)と、エンジンのかかってきた攻撃の要・星野さん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP,2年:TOP)が負傷離脱((((;゚Д゚)))))))、という状態で臨むことに。

それが橋本さん(4年:流経大付柏、1年:流経大FC,2年:流経大FC、3年:チームA)は代役という以上にしっかりと役目を果たしてくれました。
空中戦に強い、ということで「相手が駒大ということも考えて起用しました(中野監督)」とのことでしたが、この苦しいチーム状態では嬉しいことです。
そして何より良かったのは中盤の桜井さん(4年:流経大付柏、1年:流経大FC→TOP、2年、3年:TOP)の存在感。
残念ながら後半、2枚目のイエローで退場喰らっちゃいましたが勝ち点1のために人身御供になったと言えなくも無い、、、か。
とにかく内容も決して悪くありませんでした。
ジャーメインさん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP)や原岡さん(1年:大津、)、尾嵜さん(3年:鹿児島実業、1年:ドラゴンズ、2年:チームB)の速さで攻め込む場面も多かったです。
小池さん(2年:新潟ユース、1年:ドラゴンズ→TOP)も惜しい場面を最後まで作っていたし。
あれだけ押し込んでたんだから、1点くらい欲しかったところですが、赤壁の伝統芸あなどるべからず。
駒大の高く硬い壁をついに崩せませんでした。MVPは駒大GKでしたが、納得です。


とにかく、こういう風に一歩一歩積み上げて行くしかないんだと思います。
ちゃんと成果は上がってるし、負けないという結果も出てきました。
次節、桜井さんの欠場は痛いですが(倒れていましたが負傷ではないとのこと)、使える人材はけっこうあるので
それをお互いどう生かしていくか、といったところだと思います。
特に相澤さん(2年:流経大付柏、1年:流経大FC→TOP)がこんな状態のままでは勿体なさ過ぎですし。

Comment: 0   Trackback: 0

04 23 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

粘り勝ち

2016年4月17日JFL1stステージ 第7節
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 1-0 ラインメール青森
13:02kick off @青森県総合運動公園陸上競技場
00P_3144.jpg
20160417 JFA 流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 1-0 ラインメール青森
20160417 JFA 流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 1-0 ラインメール青森 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)
【得点】
61分:李 相赫(イ・サンヒョク)/ドラゴンズ
【ドラゴンズスタメン】
FW:宮津 祥太、李 相赫(イ・サンヒョク)、
MF:日高 大、吉森 恭兵、吉田 大河、新垣 貴之
DF:田中 龍志郎、小野原 和哉、藤原 雅斗、池田 紘大
GK:坂田 大樹

【ドラゴンズ リザーブ】
新井 栄聡、橋口 拓哉、小川 紘生、南 健哉、渋谷 峻二郎、高澤 優也、奥田 陽太.
【交代】
62分:新垣→渋谷、84分:李→奥田、90分:日高→小川

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:5(1)、青森:11(5)、
【ゴールキック】
流経大:11(4)、青森:13(4)、
【CK】
流経大:5(1)、青森:2(2)、
【直接FK】
流経大:13(4)、青森:5(3)、
【間接FK】
流経大:3(1)、青森:5(2)、
【オフサイド】
流経大:3(1)、青森:5(2)、

4月17日
青森!青森!
遠いとはいえ、新幹線に乗ってしまえば割と早い。しかも競技場のある総合公園までは新青森駅からタクシーで1500円以内とアクセスも良い方。
駅を出ると近隣にコンビニは無いので、駅のNEW DAYSで食料調達しましょう。
ちなみに途中でローソンを見かけたので途中で寄ってもいいかも。

ただ実際の距離より、駅からすごく遠く離れた気がしちゃうんですよ。家はあるけどなんだか閑散としてて。そして何故か寂しさのつのる空模様。

そして競技場の近くには雪も残ってて、東北に来た感がひしひしと。

しかし、こんな寒いところに縄文人とか住んでたのか~寒かったろうに。時間があったら遺跡とかも見たかったですね。

さて試合。
雨が降ったり、急に照ったかと思うとまた降るというよく分からない天気でピッチもつるつる滑ってましたが、熱い試合でした。
OBの村瀬さんがキャプテンのJFL参戦1年目のラインメールは、この日がホーム開幕。
イベントとかもあったりして。

超弩級!な李さん。青森山田出身なんですね(3年。1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)。
最後まで走っていた宮津さん(3年・浜名高、1年:ドラゴンズ、2年:チームA)。本当に走るし。粘るし激しく熱いです。

安定しつつ攻撃力も高い守備陣。
上手いだけじゃなく、当たりも強いキャプテン様。

クラッシャー虎、じゃないや大河さん(3年・興國、1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ)。。だいぶ警戒されてきた新垣さん(2年・流経大付柏、1年:流経大FC)。

とにかく上位に喰らいつきたいドラゴンズは序盤から飛ばして行きます。
それでも青森は手堅くしっかり守ってきて得点ならず。
逆に村瀬さんから再三いいパスつながれて何度か危機もありましたが、ドラゴンズ守備陣も負けずにしっかり守ります。
けっこうゲームもコントロール出来ていたんですが、いかんせん青森もしっかり守っているのでシュートまで持っていけません。

そんななか、李さんがDFに囲まれながらもタッチラインぎりぎりで粘ってちぎってシュート!
これが決勝点となりました。ドラゴンズが連勝を飾り、なんと首位に勝ち点差1まで詰め寄ることになりました。
とにかく攻守にわたって集中力を気らさないで、しっかり走っていたのが印象的でした。

んで村瀬さん。ラボーナ出たかな?

珍しく選手権も見てるんです。懐かしい。
流経大だと、1年の時のJFLチームでザトさんや山村さんなんかと頑張ってた姿が思い出されます。
とにかくパス回しの早いチームで、全然撮れなくて、毎節涙目でした。

それから流経大じたいがちょっと不調で、村瀬さん自身もTOPチームでしたが、やや不完全燃焼なまま卒業しちゃったんじゃないでしょうか。
話したこととか、ほとんどありませんが(そもそも私は選手とはあまり接触しません)、
それでも「サッカー」ってなると透きとおるくらい純粋になっちゃうような人でした。
苦労されたと思いますが、こうしてチームの主力として頑張ってるのを見られて嬉しいです。がんばれ。

Continue »

Comment: 0   Trackback: 0

04 17 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

カンフル剤、、ではない

2016年4月16日
JR東日本カップ2016第90回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ節、
流通経済大学 1‐0 明治大学   @たつのこフィールド、14:00kick off
00P_1966.jpg
20160416 JUFA関東 流経大 1-0 明治大
20160416 JUFA関東 流経大 1-0 明治大 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)

【得点】0小池0P_3035

43分:小池裕太(FK直接)/流経大


【スタメン】

FW:星野 秀平、ジャーメイン 良、
   原岡 翼、渡邉 新太
MF:小池 裕太、桜井 将司
DF:守田 英正、塚川 孝輝 、今津 佑太、本村 武揚
GK:オビ パウエルオビンナ

【リザーブ】流通経済大学
GK:西岡 佑馬 、DF:宮内 雄希 、
MF:久保 和己 、金 永洙 、吉田 光 、相澤 祥太 、尾嵜 鉄平、


【交替】
78分:渡邉→宮内、78分:桜井→吉田、82分:原岡→尾嵜


やっと勝利!最近あまり勝ててない明治大との対戦。
まさか誰がこの布陣を予想したか?
って第1節のスタメンも予想出来てた人はいないと思いますが。


オビ00P_2551@ 0オビ0P_2996@

ジャメ00P_2151@ 0小池0P_2470@

00P_2072--.jpg

ジャメ00P_2151@ ジャメ200P_2337@

桜井00P_2379@ 守田00P_2418@

新太00P_2412@ 星野00P_2590@

00P_2653-.jpg

塚川00P_2446@ 守田尾嵜00P_2947@

宮内00P_2955@ 尾嵜00P_2886@

00P_2571-.jpg

00P_2848-.jpg

光00P_2908@ 光00P_2906@


まさかの、まさかの小池さん(2年:アルビレックス新潟ユース、1年:ドラゴンズ→TOP)&桜井さん(4年:流経大付柏、1年:流経大FC→TOP、2年、3年:TOP)のダブルボランチ。

なんだかも分からなくて翌日、青森で中野監督にポジションを聞いてしてしまいました。
そして塚川さん(4年、広島観音、1年:流経大FC→TOP、2年、3年:TOP)&今津さん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)のCBコンビに、マルチ助っ人守田さん(3年・金光大阪、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)が左SB。
そして第1節から安定の右SB本村さん(1年:流経大付柏)。
ルーキーの本村さん見て「おお定位置の選手がいる」ってホッとしていまったっていう。
もちろんオビさん(1年・JFAアカデミー福島)、今津さんは定位置ですが。いやもう前線は何が何だか。

個人的には真ん中の方が良さを発揮できると思う塚川さんのCB。やや静かめだった今津さんと安定した守備を披露。
いきなりハードな状況に置かれている1年生の3人ですがこれもいい経験です。
原岡さん(1年・大津)&本村さんの怖いもの知らずって感じで前に向かう姿勢は、こういうチーム状況のなかでも前向きになれる材料ですね。。

守田さんは汎用型万能助っ人かと。本職はボランチって誰が憶えているでしょうか(嘘)しかし本当マルチさんですねえ。
久しぶりの出番というハンデを全く感じさせないパフォーマンスを披露。
チームが苦境のとき、こういう存在が居るというのは非常に頼もしいことです。

とにかく一生懸命さの光った星野さん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)。
ちょっと波に乗り切れないジャーメインさん(3年:流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)。
チーム状態が不安定だと、なかなか攻撃陣も本領発揮といきませんが、それでも前節よりしっかり攻撃の形は取れていました。
セットプレーからの波状攻撃も作れていたし。
小池さんが中盤で躍動する姿に何度も目をこすってしまいましたが。やはり多彩な攻撃の持ち主だけに前でも生きますね。
FKにCKにと大忙しでしたが、前半、直接FKが見事に決まって先制に成功します。

「前節、小池のところから失点しているけど、彼の攻撃力を生かしたくて思い切って真ん中にしてみました」
とのことでしたが、まさかの起用が当たりました。

そして、怪我に泣かされつつ「Jに行ける」と監督もその才能に太鼓判を押す桜井さん(元U-19代表候補)。
初戦のFWから今節はボランチですが、文字通り中盤にそびえたち存在感を発揮。
一昨年のアミノ杯 法政大戦天皇杯予選でMF登録だった時はトップ下だったそうで、ボランチ起用は初とのこと。
思い切った起用が吉とでました。ジャイアン感がいいですね。お前のボールは俺のもの。俺のボールは俺のもの。

新太さん(3年:新潟ユース、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)。後半開始早々にビッグチャンスがありましたが、無常にもオフサイドの旗が、、う~ん、全然大丈夫に見えましたが。

ここで負けると一気に降格が迫ってくるし、次節が苦手の駒大ということもあって、なんとか勝ち点3を取りたい流経大は
実に思い切った選手シャッフルを行ったのですが、これが効いたのか、かなりしっかりと試合に臨めていました。
攻守に渡ってしっかり連携は取れていたし、セットプレーからの波状攻撃とか、いろいろ問題点は改善されていました。

もともと明治大は前期のパフォーマンスはあまり良くないので、前期は負けたイメージ無いのですが、それでも連勝している相手。
危ない場面も作られます。
まだ押し込まれると連携がズレちゃったりもしますが、オビさんのスーパーセーブでしのぎます。
特に後半、もう完全に決定的な場面からシュート打たれますが、間一髪片手一本で弾いたのは見事でした。

ドラゴンズからTOPデビュー!の吉田さん(4年・群馬前橋商商業、1年、2年:流経大FC,3年:ドラゴンズ)。少なくともリーグ戦ではTOPデビューの筈。
宮内さん(3年:流経大付柏高、1年:ドラゴンズ、2年:ドラゴンズ→TOP)が入ってからは、塚川さんがボランチに上がったのかな?ちょっと押し込まれることが多くてポジション良く分かりません!
短い時間ながら必死さを見せてくれた尾嵜さん(3年:鹿実 1年、ドラゴンズ、2年:チームA)。
とにかく、これまでで一番みんなの意思がまとまってる感のある試合でした。なんとか結果を出せて安堵、といったところでしょうか。

Comment: 0   Trackback: 0

04 16 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

前進あるのみ

2016年4月10日JFL1stステージ 第6節
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎 2-1 ファジアーノ岡山ネクスト
13:00kick off @たつのこフィールド
00P_0607.jpg
20160410 JFL 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎 2-1 ファジアーノ岡山N
20160410 JFL 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎 2-1 ファジアーノ岡山N by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)

【得点】()内はアシスト
49分:石川(渡部)/岡山、
61分:宮津 祥太(日高 大)、75分:小野原 和哉(小川 紘生)/ドラゴンズ

【ドラゴンズスタメン】
FW:宮津 祥太、李 相赫(イ・サンヒョク)、
MF:日高 大、吉森 恭兵、吉田 大河、新垣 貴之
DF:田中 龍志郎、小野原 和哉、藤原 雅斗、池田 紘大
GK:坂田 大樹

【ドラゴンズ リザーブ】
新井 栄聡、橋口 拓哉、小川 紘生、南 健哉、渋谷 峻二郎、?澤 優也、奥田 陽太.
【交代】
58分:新垣→渋谷、63分:吉森→小川、72分:李→奥田

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:14(8)、岡山:13(3)
【GK】
流経大:14(6)、岡山:10(5)
【CK】
流経大:3(2)、岡山:4(3)
【直接FK】
流経大:6(0)、岡山:12(8)
【間接FK】
流経大:0(0)、岡山:2(1)
【オフサイド】
流経大:0()、岡山:1(0)

苦戦しました!最下位に沈んでいるファジアーノ岡山ネクストですが、実は平均年齢がほぼドラゴンズと同じ。
岡山N側も意地があるんでしょう。昨年は前期・後期ともに勝利していますが、けっこう苦戦した上での辛勝でした。
今節も強い気持ちが伝わってくる感じで押される場面も多かったです。
それでも連勝して波に乗りたいドラゴンズは開始から宮津さん(3年・浜名高、1年:ドラゴンズ、2年:Iリーグ)や李さんが積極的にゴールに迫ります。
でも岡山NのGKがめちゃくちゃ良くて、セーブだけじゃなく、よく声も出てたしキックも正確、しかも長身!
2,3点は防がれてしまったんじゃないでしょうか。

もちろん坂田さん(4年・流経大付柏、1年→流経大FC、2年、3年→TOP)を中心にドラゴンズもしっかり守りって前半終了。

ところが後半開始早々、ルーズボールをかっ攫われて先制点を許してしまいます。
開始早々のミスからの失点ということで、ちょっと出鼻をくじかれた感もありましたが、実は前日のTOPも同じパターンで失点していました。

ただ、そこからチームの雰囲気というのが正反対で焦ることなく体勢を整えます。
58分にマークが厳しくてなかなか仕事をさせてもらってなかった新垣さん(2年・流経大付柏、1年:流経大FC)に代えて、爆走ドリブラー渋谷さん(2年・流経大付柏、1年:流経大FC)投入。
投入早々に右サイドを切り裂く渋谷さんに岡山N側が動揺して緩くなってきた61分。
右SBの池田さん(2年・旭川実業、1年:流経大FC)から、それはそれは美しい軌道のロングパスが入ります。
これをぴたっと受けた日高さん(4年・広島観音、1年:クラブ・ドラゴンズ、2年;流経大FC、3年;ドラゴンズ)が冷静に上げた早いクロスは飛び込んだ宮津さんの頭にジャストミート!同点に追いつきます。

直後の63分、吉森さん(4年・桐生第一、1年:クラブ・ドラゴンズ、2年:流経大FC、3年:ドラゴンズ)に代えて
小川さん(2年・浦和レッズユース、1年:ドラゴンズ→TOP)投入。
さらに奥田さん(2年・大阪桐蔭、1年:流経大FC)と攻撃的なカードを切って攻勢に出ます。

75分、日高さんが倒されて得たFKのチャンス。小川さんがゆっくり目の絶妙なボールを蹴ると吸いつくように小野原さんの頭に当たって、ゴール!逆転に成功。

そのまま食い下がる岡山Nを振り切って逃げ切りに成功。
とにかくロスタイムはピンチの連続でしたが、岡山N側が疲労で攻撃が雑になっていたのにも助けられました。
失点場面とか後半ロスタイムとか、文句は沢山出てくる試合でしたが、それでも勝ててしまうところが今のドラゴンズの強さですね。
失点した後も全然めげないというか。

あと、2年生の成長ですね。去年は例年よりTOP昇格人数も多くなかったし、流経大FC(全員1年)も全社2回戦で敗退、と
渋いところでしたが、ここに来て大きな成長を見せてくれています。
とにかくみんな明るくて前向きなのは観ていて気持ちいいですね。

Comment: 0   Trackback: 0

04 10 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

出口はどこに?

2016年4月9日
JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ2節、
流通経済大学 1‐3 国士舘大学   @たつのこフィールド、14:00kick off
00O_9514.jpg
20160409 JUFA 流経大 1-3 国士大
20160409 JUFA 流経大 1-3 国士大 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)
【得点】()内はアシスト
5分:田場(林)/国士大、26分:ジャーメイン 良(星野 秀平 )/流経大、
50分:平野(荒木)/国士大、84分:林
ジャメごる1@00O_9794 ジャメごる2@00O_9795

【スタメン】(流通経済大学)

FW:星野 秀平
   森永 卓、 ジャーメイン 良、尾嵜 鉄平
MF:塚川 孝輝、相澤 祥太
DF:小池 裕太、宮内 雄希、今津 佑太、本村 武揚
GK:オビ パウエルオビンナ

【リザーブ】流通経済大学
GK:西岡 佑馬、MF:守田 英正、渡邉 新太、野口 翼、原岡 翼、FW:安芸 銀治、桜井 将司、
【交替】
67分:尾嵜→原岡、71分:森永→渡邉、79分:相澤→野口

00O_9636-.jpg

【スタッツ】()内は前半0オビ0O_9751

【シュート】
流経大:2(2)、国士大:8(5)、
【ゴールキック】
流経大:11(7)、国士大:6(2)、
【CK】
流経大:3(1)、国士大:3(2)、
【直接FK】
流経大:8(3)、国士大:12(6)、
【間接FK】
流経大:3(3)、国士大:6(2)、
【オフサイド】
流経大:2(2)、国士大:5(1)、
【警告】
50分:尾嵜(ラフ)/流経大、
78分:奥津(遅延)/国士大、



00O_9996-.jpg

00O_9631-.jpg

相澤100O_9540 小池&原岡00O_0478

00O_9672-.jpg



00O_9729-.jpg

00O_9769-.jpg

00O_9839-.jpg

00O_9966-.jpg

前節、惜敗というのか惨敗というか0-2という結果を踏まえてスタメンを入れ替え。
星野さん(3年・流経大付柏、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)&尾嵜さん(3年・鹿実、1年:ドラゴンズ、2年:Iリーグ)がスタメン。
星野さんのワントップに塚川さん(4年・広島観音、1年:流経大FC→TOP、2年、3年:TOP)のワンボランチで巻き返しを狙いたいところでした。
かなり攻撃を意識した布陣でしたが、なんと開始5分で失点。真ん中からパスを繋がれてあっさりドリブル独走を許しちゃってました。
前節も守備の危なっかしさはありましたが残念。
その後は比較的落ち着いて追加点は許さなかったのですが、せっかくの攻撃的な布陣が生かせていないというか。
相澤さん(2年・流経大付柏、1年:流経大FC→TOP、)とか下がりっぱなしに。
それでも前線の星野さんの頑張りから26分、ジャーメインさんが同点弾を決めて追いつきます。
得点までの流れも良かったし、早稲田戦の時より押し込まれる場面も少なく、ちゃんと試合になってました。
気持ちもしっかり伝わって来ましたが、ちょっと堅実過ぎたのか、そのまま前半終了。

後半、巻き返しを図りたいところでしたが、またも開始6分という早い時間に左サイドからボールを繋がれて失点。勝ち越しを許してしまいます。

その後、なかなか流れをつかめないなか久々の野口さん(3年・広島ユース、1年:TOP、2年:ドラゴンズ)を投入。
攻撃のアクセントはつくようになって、さらに原岡さん(1年・大津)や新太さん(3年・新潟ユース、1年:ドラゴンズ→TOP、2年:TOP)といった攻撃的な選手を投入しましたが、逆に前がかりになっていたところで、ルーズなボールをかっ攫われて追加点を決められてしまい試合終了。

意図したことが結果的に裏目に出てしまうという辛過ぎる結果となりました。

寺田さん、応援がんばれ
応援100O_9416

応援全景00O_9420

Comment: 0   Trackback: 0

04 10 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

勇気りんりん

2016年4月3日 KSL関東サッカーリーグ 1部 前期第1節
流通経済大学FC 1-1 ヴェルフェたかはら那須
00O_集合8427
20160403 KSL 流経大FC 1-1 ヴェルフェたかはら那須
20160403 KSL 流経大FC 1-1 ヴェルフェたかはら那須 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)
【得点】()アシスト
21分:佐久間(富樫)/流経大FC
60分:那須
00O_8644-.jpg
【流経大FC メンバー】
FW:織田 敦暉[73分 in 木村 稜斗]、松本 雅也
MF:近藤 高虎、佐藤 郁 [66分→樋口 岳志]、菅原 俊平、髙梨 起生[87分→村越 健太]
DF:石川 颯海、浜野 駿吾、佐久間 理央、富樫 和樹
GK:羽野 匡哉
20160403 KSL 流経大FC 1-1 ヴェルフェたかはら那須
20160403 KSL 流経大FC 1-1 ヴェルフェたかはら那須 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)
開幕です!今年もほぼ全員1年生で臨む流経大FCです!
TOPやドラゴンズもあって、なかなか観に行けない(次に行けるのはたぶん全社予選)けど応援してます!

監督は昨年の川澄コーチに代わって鈴木コーチが務めます。
前日4月2日に行われたTOPチームの試合でなんとスタメン4人が1年生だったのですが、これ以外にも急遽TOP昇格した1年生も含めると7人が既にTOP昇格しているとのこと。
とはいえ、ガンバユース出身の羽野さん(197cm!!)など注目選手はまだまだ居るし、今後が楽しみになるような試合をしてくれました。
羽野00O_8814- 羽野00O_8887-


開始早々から押せ押せの縦に早いサッカーを展開してくれました。

佐藤00O_8549 織田00O_8994

富樫00O_8673 石川00O_8895
ロングスローにプレースキックもすばらしい富樫さんは初得点をCKでアシスト。石川さんも果敢な攻め上がりを見せてました。

積極的に攻めて、21分にCKからヘッドが決まって先制。
しかし那須も徐々にペースを取り戻します。
00O_9179.jpg 佐久間00O_8797^


至近距離から強いシュート打たれたりしましたが羽野さんのスーパーセーブもあってそのまま前半終了。

00O_8694-.jpg

天然芝のピッチでしたが芝はほぼ黄色(-_-#)でちょっとボールも扱い辛そうだったのと、とにかく主審がすぐ笛を吹くもので、後半だんだん思うようにプレーできなくなっていきます。
ゴールライン割ったか?ってなボールをそのまま繋がれて決められ60分に同点に追いつかれてしまいます…ってか芝が黄色いからライン見えないんじゃ、、、ちょっと悔しい失点でした。
00O_8986-.jpg
熱血キャプテン!プレーも熱いし、苦しい時間帯もみんなを引っ張ってた菅原さん。

村越00O_9345- 松本00O_8501


その後サイド攻撃を中心に那須ゴールに迫りますが、真ん中をがっしり守られてなかなかシュートまで
持って行けず。
00O_9035-.jpg

樋口00O_9358- 木村00O_9367-


逆にロスタイム、カウンターからGKと1対1のピンチが訪れましたが、ここも羽野さんのスーパーセーブでしのいでそのまま試合終了。
残念でしたが、今後に期待のできそうな試合でした。

高校サッカーは観ないんですけど、さすが流経大柏出身だな~って思わせてくれる選手陣とか大人に対して臆することなくしっかり闘ってくれたし。

交代選手も逃げ切りじゃなくて攻撃的な感じでした。これからどんな成長を見せてくれるか楽しみです。

Comment: 0   Trackback: 0

04 03 ,2016 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

若葉薫れる

2016年4月2日
2016年度 JUFA関東 関東大学サッカーリーグ前期 第1節 
流通経済大学 0-2 早稲田大学
12:05 KICK OFF @味の素フィールド西が丘
【得点】(アシスト)今津&宮内00O_7525

44分 中山 雄希 (秋山 陽介)/早大、
60分 中山 雄希 (新井 純平)/早大
【流経大メンバー】
FW:桜井 将司[62分→星野 秀平],ジャーメイン 良
MF:川上 開斗[45分→渡邉 新太], 原岡 翼
相澤 祥太,塚川 孝輝
DF:小池 裕太.,宮内 雄希,今津 佑太,本村 武揚
GK:オビ パウエルオビンナ
00O_6862.jpg
20160402 JUFA 流通経済大学 0-2 早稲田大学
20160402 JUFA 流通経済大学 0-2 早稲田大学 by (C)#あきこ(流経大サッカー部専属)

ついに大学リーグ開幕です。
桜が満開でしたが、風にのって新芽の青っぽい香りがただよってきて、新シーズンって感じの日。
昨年、無冠で終わった悔しさを胸に意気込んで迎えた開幕でしたが完敗でした。
右SBの本村 武揚さんをはじめ原岡 翼さん、川上 開斗さん、そしてGKのオビ パウエルオビンナさんとまさかのスタメン4人が1年生。
恐らく誰も想像していなかった布陣で臨んだ流経大。
00O_7309-.jpg

オビ00O_7159 オビ00O_6972

本村00O_7173 本村00O_7511

00O_7724-.jpg

ちなみに開幕スタメンに1年生って2014年に野口さんが10番つけてスタメンだった時以来じゃないでしょうか。
小池さんは先にJFLでデビューしてからTOP昇格でしたし。
ジャメさんと久々にスタメン桜井さんが2TOP、そしてTOP復帰した相澤さんと新キャプテン塚川さんのボランチコンビに
CBは今津さんと宮内さん、そして左SBは小池さんと昨年からの流れを継承してるっちゃしている面々でしたが、これは2年3年4年で構成されているドラゴンズ龍ヶ崎と対照的なところです。
00O_7445-.jpg

00O_6921-.jpg

00O_7118^

宮内00O_703 宮内00O_7344

今津00O_7099 今津00O_8298


00O_7455.jpg

昨年覇者をこの面々で迎えるのはかなりのギャンブルだなあと思いましたが、入りはまあまあ良かったと思います。
宮内さんも高さや競り合いでは負けてなかったし、1年生も積極だったし。
ただ決め手に欠くというか、両サイドは上がれるんだけど結局早稲田のDFは崩せずシュートまでなかなか持ち込めない。

00O_7461-.jpg

00O_7470-.jpg

相澤さんのパスセンスを生かせていない。それでもジャーメインさんのポスト直撃弾や川上さんの惜しいシュートなんかもあったとはいえ
全体的に歯がゆい感じ。

早稲田の素早いパス回しにだんだんついて行けなくなってしまって押し込まれる場面も増えてきます。
昨シーズンは終盤まで上級生が中心の完成されたチームだったから比較しちゃいけないけど、やっぱり攻守ともにツメの甘さが目についたし、
前線でボールが収まらないし攻撃のバリエーションが少ない感は否めません。

だんだん押し込められて危ない場面も増えましたがオビさんの高い身体能力を生かしたスーパーセーブで凌いでこのまま前半終了間際、抜け出されてきれいに折り返されてヘディングを決められてしまいます。

打ち合わせ00O_7596 打ち合わせ00O_7597


直前にいろいろ意見出し合ってたのに、まさにそこのところを決められてしまったという、、くやしいですね。

そのまま前半終了。
00O_7658-.jpg
だんだん、苛立っているようにも見えた相澤さん。

小池00O_7808 小池00O_8082
後半はシュートも放つなど攻守に渡って存在感を出した小池さん。

00O_7691-.jpg

00O_7734-.jpg

00O_7708-.jpg

本村00O_7967 本村00O_8098

00O_7769.jpg

00O_7830-.jpg

00O_8094-.jpg

後半川上さんを下げて渡邉新太さんを投入。原島さんを左サイドにします。
これで前線でもボールがよく回るようになりましたが前がかりになっていたところをカウンター気味に追加点を決められてしまいます。
その後星野さんを投入して猛攻をしかけられるようになりましたがうまく守られてしまってそのまま試合終了。

00O_8242-.jpg

00O_8243-.jpg

00O_8314-.jpg



良かったところもあるんですが、非常にもやもやした試合となりました。乱暴な言い方をするならチーム感が薄い。
連携とか、咄嗟のところで迷っちゃってるというか。
シーズン前の合宿とか大阪遠征を経て決まったメンバーですから、これがベストな布陣でしょうが。
これからユニバ代表合宿や強化指定で主力が揃わない事態が予想されるなか、少し不安が残ります。

Comment: 0   Trackback: 0

04 02 ,2016 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。