1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


In 05 2012

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

出てましたが

中野監督のトークショーに行けなかった負け組の#です。すみません。

さてさて総理大臣杯予選の詳細が出ました。今年からスポンサーもついて

「アミノバイタル」カップ  なんて名称の大会に。

いつもみたいに総理大臣杯の出場校決めるだけじゃなく1位~8位まで決めるとか、、え?なんで??しかも今?

「アミノバイタル」カップ2012第1回関東大学サッカートーナメント大会
≪兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選≫


チャンピオンまでを決定しますが、時の栖での3試合で今年の総理大臣杯の出場校は決定されますのね。
トーナメント表
組み合わせ表

私事ですが、

6/2は休日出勤 たぶんたぶん3日も

っていうか9日10日も出ろと言われて闘争中です。

月曜は基本的に休めない職場だし、、って言うか、休めても現地にたどり着けないです、時の栖。
それにしても、夏休みでもない平日に行きにくい場所で試合やって、スポンサードの旨味ってなんなんでしょう。

と、いうわけで時の栖には行けないです。すみません。
絶対総理大臣杯には出てほしい、っていうか1試合でも多くの試合をして一人でも多くの人に今年の流経大を見てもらいたいです。

中野監督も再三言われているように、今年の流経大はこれまでにない面白さのあるチームだと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 30 ,2012 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

あちゃあ

休日出勤だったんで、なんか週末って感じがしない…

さてさてトゥーロン、残念でしたね。3失点目のセットプレーの時、CB2人が譲り合っちゃったのかな?
でもそもそも簡単にセットプレー与えすぎ。
不安定な審判だったから、もっと慎重にするべきじゃないかと。あと壁とか、、、まぁいいか。

あと、扇原とか、3連戦で使って怪我したらどうするんだとヒヤヒヤしてました。
それ以外にも中一日で連続出場選手の多すぎる気がしました。

でも一番残念だったのは増田さんが見られなかったことですね。はぁぁぁぁ。



さてさてクラブ・ドラゴンズは残念でした。流経大FCは引き分けでしたか。


OB関連だと、あべのぶさんが完封(初ですよね?) いつの間にか栃木で赤井さんがスタメン復帰。赤井さんスタメンだと勝率いいような。

ブラウンブリッツ秋田の平木さんが得点してます♪

Comment: 0   Trackback: 0

05 28 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

S0METHING WILD

2012年5月26日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】9節、
流通経済大学 2‐2 中央大学 @たつのこフィールド 11:30kick off
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20120526 goal 2!

【得点】()内はアシスト 
25分:安(細見)/中央大、33分:中山/流経大、50:河本/流経大、79分:安柄俊/中央大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数)
GK:原田祐輔、
DF:富田湧也、鈴木翔登、小川晃平、椎名伸志、
MF:木下匠、中山雄登(前1)、平野伊吹(後1)、黒田拓真(後2)、中美慶哉(前1)、
FW:河本明人(後1)、
【リザーブ】(流通経済大学)GK:吉田一也、DF:藤本大、川崎裕大、MF:早稲田昴平、FW:杉山賢史、久保武大、

【交代】70分:平野→江坂、80分:中山→川崎、87分:河本→杉山、

【スタメン】(中央大学)
GK:岡西宏祐、
DF:岡崎亮平、安田隆、平田直也、古賀鯨太朗、
MF:六平光成、渡辺大斗、細見諒、
FW:安柄俊、皆川佑介、
【リザーブ】(中央大)
GK:石川拓磨、DF:木下淑晶、川嶋廉、MF:渋谷亮、松本和茂、FW:砂川優太郎、木村陽一郎、
【交代】46分:平田→木下、60分:六平→砂川、77分:奥山→松本、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:6(2)、中央大:9(4)、
【GK】
流経大:8(4)、中央大:3(2)、
【CK】
流経大:2(2)、中央大:2(1)、
【直接FK】
流経大:16(7)、中央大:15(6)、
【間接FK】
流経大:9(5)、中央大:2(2)、
【オフサイド】
流経大:8(5)、中央大:2(2)、
【警告】
23分:平田(ラフプレイ)/中央大、38分:河本(ラフプレイ)/流経大、53分:木下(ラフプレイ)/流経大、66分:皆川(ラフプレイ)/中央大、68分:木下(ラフプレイ)/流経大、68分:木下(警告2回・退場)/流経大、85分:渡辺(ラフプレイ)/中央大、90+1分:安(反スポーツ)/中央大、


前節、「勝って首位との得失点差を縮めたい」と語っていた中野監督

先制されるも逆転し、六平負傷交代後の中央大を圧倒する時間帯もありましたが、木下さんが警告2回で退場後は防戦一方に。
結局同点にされ、残念な結果に終わりました。

【監督コメント】

勝ち点1を取れたことを褒めたほうがいいかなと思っています。
先制点をああやって取られたとき、今までだったらあれでボロボロになったのに、追いついて逆転して。
まあそういう面では引き分けが妥当な試合だったと思います。

前半六平をあまりにフリーにしすぎちゃったんで、やっぱり今日はそこまで中盤の守備力の良さは出せなかったです。
ただ点は取れるようになってきたから。5点、3点、2点と取ってるんで。
逆に守備のところで失点を1に出来るようになれば、けっこう勝ち点を積み上げてくることが出来るようになるんですけど。
ただこの4試合「引き分け」「勝ち」「勝ち」「引き分け」で負けなくなってきていますから。それはそれでね。
うちもそこまでは悪くなかったと思うんですよね。途中までは。
もうちょっと、もうひとふんばり。もう一つのポジションの取り方であったり、そういうところの絡みがうまく、距離感も含めて上手く行けば、こういう事態になっても負けないっていう試合になっていくのかなって。

結局、まあ3連敗して始まって1勝したらまた負けて。最初の1勝4敗って考えたら今日のゲームは全然合格点ですよ。満足は出来ないですけど。
けれどもチームのリーグ戦の入り方からみたらよくここまで復活したなっていうのはありますよ。

今日は首位の中央とですから。普通に考えたら中央が勝って当たり前なんですけれども、ちょっと追い込めたかなっていうのがあります。

同点シーンもブロックに行ってコース変わって入っちゃってるから、ああいうのは不運て言うしかないんですよね。
あそこに行けなくてスーパーシュートが入ったのなら何やってるんだってなるけど。
寄せて、その寄せ方、アプローチの仕方、角度がどうだったとか、そういう細かい事を言ったら課題はあるけれど、あそこを寄せて当たってコース変わっちゃっているから誰も責められないんですよね。
普通はあそこで切れます。
やっぱり逆転されちゃう流れになっているけど、最後やっぱり人数少ないながらにああやって守りきれたってことはこのチームの良さかもしれないです。
例年になく頑張ろうっていう選手たちエリートがいないぶん、喰らいついてくるコ達ですね。去年まではエリートが多すぎて喰らいつかなかったんですよ。

退場シーン以降は一方的になっちゃったけどこれはしょうがないですよ。まだまだ。
一人少なくなった状況では引き分けで満足するしかないっていう感じですが。欲を言えば勝ちたかったです。

中央大は皆川君と安君を今期初めてどっちも使ってきましたよね
たぶん力ずくというか、高さと力でウチの両サイドバックを抜けて、マッチアップした方がいいってことで、それが結構オーソドックスにやりすぎたんです。
僕は六平を中心に中盤をもっと動かされて、あいまあいまにこうポストプレーをされて中盤に走られるっていうイメージの方が嫌だったんで。
逆に皆川・安のところにボールをこうアバウトに入れてっていうのは僕らにとっては楽でした。
ただ、前半の最後と後半の立ち上がりの時は、ちょっと嫌だなっていう感じではありました(後半の立ち上がりも六平&奥山にやられる場面が続いた)。

やっぱり去年ユニバに六平を連れて行ってるだけに、プラプラしているようで、うちの河本と一緒で、やっぱここっていう時は仕事をする能力の高い選手だっていうのは分かっていますから。
六平自身は今日はあまり出来は良くなかったとは思いますけど、だから平気だっていう訳にはいかないですよね。
だから怪我で今日途中交代するまで、頭の中には六平のことしかなかったです。そういう選手なんです。
そういう風に相手の監督に思わせることが出来るっていうかどうかが選手としての存在感なんですね。

(ラインが高く、コンパクトな守備を敷いていたことにについて)
ボールを中心に守備をしようっていうコンセプトでやっているんで、ライン設定は高めにしてあります。
それともう一つは安君とか皆川君とかっていうデカい選手がいる相手とやる時はラインを下げてやったら、結局高さを一番ゴールに結びつけちゃいますよね。だからこそ、ライン設定を高くしないと高いところでボール奪えなくても我々もシュートを打たれてもパーセントは落ちますよね。
ゴールから離れているぶん。

だから日本のチームとして考えなきゃいけないのは国際試合でも、ああいうパワフルなCFがいるチームとやった時には、ライン設定絶対高くしないとダメだと思うんですよ。

その辺はやっぱり 僕も色々経験させてもらって海外の選手って上手くなくても身体の使い方とかゴールに叩き込むとか、そういうものは皆持っています。

今日はそういう面では安君とか皆川君とかで、いい勉強というかウチの選手に

とってはいい経験が出来たと思います。
ウチのCBやっている鈴木とか小川っていうのはオリンピックに出られるような選手ではないですから、良い経験をしていると思います。
去年までの山村とか、ああいうクラスから比べたら格段に低い選手たちですけど、でもああやってやれるわけですから成長していきますよね。


木下が退場になっちゃったんで川崎を中盤に置いたんですが。
このチームで色んな要素があるんですけど、やっぱり一番支えている一つっていうのは木下が中盤でディフェンス力があるっていうことなんですよ。
あそこがなくなると、けっこうがく-んと守備力が落ちるんで。

川崎はもともとディフェンスの選手なんで今日はああいう使い方をするっていうのを実は最初から決めてたんです。
本当は退場がなければ六平にあの川崎をぴったり付ける筈だったんです。
六平がかわっちゃったんで、じゃあそのまま川崎ボランチでいいかなって、だからちょっと邪道的な事をやってます。

椎名と富田は中盤なのにサイドバックやらして、川崎と木下は本当はディフェンスなのに中盤やらせているわけだから、それが組織としていいことかっていうと、あんまりいいことじゃないんですよ。
例えばサイドバックでもそのポジションの選手が2~30人いますよね。そうすると1番手がダメなら次は俺がって2番手3番手が思っているところにミッドフィルダーの選手をコンバートしちゃってる訳だから、
「監督そりゃねえだろ」って思いますよね。
僕がもしサイドバックの選手ならそう思いますから。でもそういう話ももうチーム内でしてあります。

今はそのことで応急処置で結果が出てるんだから仕方がないだろうって、考えてくれって。
逆にサイドバックの選手のところに富田なり椎名なら持ってこられた選手は、くやしいと思うなら何が自分は足らないのか、監督が求める事の何が出来ていないのか考えてくれって。
ただ「面白くない」では良くならないだろ

っていう話もしてあるんで、大丈夫だと思いますけど。勝手な監督なんで。



(退場者が出たことでプランが狂ったか?)

あの状況で引き分けで終われればラッキーかなって
欲を言えば1本のスルーパスで、先にもっとランニングしていればゴール奪取できてたっていうのはありますけれど。
あれが入らなかったってことで流れから言えば引き分けが精一杯、流れから3点目を取られてもおかしくない感じになりましたが。
でも中央大もちょっと足が止まっちゃっていたし、逆に一人退場になっちゃって、えてして展開になって攻める方も難しかったと思いますよ。
もしかしたら退場シーンがあったからラッキーだったのかもしれないし、考え方によっては。


試合前に、勝ち点19の中央大と勝ち点10のウチとの差は9で勝てば勝ち点差が6になって優勝も現実的になるんだよって、ずっと言い聞かせてきたから、選手たちはきっと勝ちたかったと思います。
だから時間を消化して2-2の引き分けでいいやっていうのもなかった。
選手たちは立派でした。

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 26 ,2012 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

う~

冷や汗モノの勝利とはいえ、トゥーロン初勝利おめでとうございます。
比嘉さん山村さんフル出場お疲れ様です。

しかし宇佐美、すごいですね。
ネットで見てたけど、アチラの解説者も大絶賛。terric連発。
比嘉さんのフォローまでしてたし、、、ゴールこそなかったけど、交代の時、解説の人が
one of the best player of this match とまで言ってました。

でも、う~ん、増田さん見たかった~


Comment: 0   Trackback: 0

05 26 ,2012 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

雑記

27日の日曜日、休日出勤になってしまいました。
FCもドラゴンズも行けません…
すみません。

A代表とかトゥーロンとか色々ありましたが、全然付いて行けてないです。
さらに先週、関東の総理大臣杯予選の日程が出てました…


と、時の栖…?

え~とえ~と


流経大は今8位なので第8シードになるんですかね。


それにしても6/2から始まる大会の日程が5/20で組み合わせが5/28に発表ですか…


1日くらいは休み取れそうですが…


時の栖…


私がグランド着く頃には試合終わってますね(泣)
今年のチームはまだまだ発展途上なので、ちょっと読めないんですが、嵌まると凄い事になりそうな気がしています。
是非、頑張って欲しいです。


そしてトゥーロン!初戦負けちゃいましたね~

まさか生中継あるとは!
凄い田舎(会場まで最寄駅からタクシーで1時間とか)開催の地味な大会で録画放送があったらラッキーってくらいだったのに。

北京五輪より前だとU20とかU21に経験積ますための大会だったってイメージが。

大熊監督の時C・ロナウド(18歳で無名)擁するポルトガル代表に勝っちゃったけど、「勝ちにこだわり過ぎ」と地元マスコミに批判されたり…。
(Cロナは直後にマンUがお買い上げ)
まあ、もともとそういう大会かと。

もちろん負けていい事はないけど、あまり深刻にならんでも。
普通に考えて、五輪に出られない国の方がガチで来るだろうし。


いやもうとにかく!
とにかく増田さんに出て欲しいです!

どれだけ国際的な試合(ユニバとは段違い)でやれるのか、本当に見たくてしょうがない。
184㎝と日本人GKとしても大きな方ではないんですが、判断の良さやフィードの正確さ、そして落ち着きっぷりは群を抜いているかと。


国際大会でもどれだけやれるんでしょうか。いや、絶対出来ると信じてます!

入学早々のJFLの試合で前半に事故みたいな3失点喰らっても、全く乱れないで逆転勝利に貢献したりPK止めたり。
4年間見てきてミスキックは3~4本あったくらい。

闘志を剥き出すタイプではないけれどメンタルの強さは半端ないです。


関塚監督はどう采配を振るうんでしょうね?

Comment: 0   Trackback: 0

05 25 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

WAVE

2012年5月20日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】8節、11:30kick off
流通経済大学 3‐1 東京学芸大学 @味の素スタジアム西競技場、
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20120520 gol go

【得点】()内はアシスト 
6分:平野(椎名)/流経大、37分:中美(黒田)/流経大、82分:黒田(河本)/流経大、87分:安藝(茶島)/東学大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数) 
GK:中島宏海、
DF:富田湧也、鈴木翔登、小川晃平、椎名伸志、
MF:大貫彰悟、木下匠、平野伊吹(前2)、黒田拓真(後2)、中美慶哉(前2後1)、
FW:河本明人、
【リザーブ】(流通経済大学)
GK:原田祐輔、DF、川崎裕大、中山雄登、江坂任、杉山賢史、FW:早稲田昇平、久保武大、
【交代】78分:中美→江坂、82分:大貫→中山、87分:大貫→早稲田、
20120520 shuugou

【スタメン】(東京学芸大)
GK:谷口健太、
DF:谷村敏章、大里康朗、藤井航大、安藝正俊、
MF:佐々木陽次、脇本晃成、茶島雄介、谷口総康、
FW:山崎直之、岡卓磨、
【リザーブ】(学芸大)
GK:岡島秀、DF:成田一輝、MF:岸幸太郎、佐藤聖、菅佑也、三宅貴大、FW:遠藤真、
【交代】77分:谷口→菅、

20120520 kuroda
【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:7(4)、東学大:6(3)、
【GK】
流経大:7(2)、東学大:11(6)、
【CK】
流経大:1(0)、東学大:3(2)、
【直接FK】
流経大:20(10)、東学大:8(3)、
【間接FK】
流経大:7(3)、東学大:2(1)、
【オフサイド】
流経大:7(3)、東学大:0(0)、
【警告】
25分:木下(繰り返し)/流経大、88分:平野(遅延)/流経大、75分:安藝(反スポーツ)/東学大、81分:脇本(反スポーツ)/東学大、

連勝です!今期初!
これから教育実習で抜ける選手も出て来ますが、いい流れに乗れてきていますね。

【試合後・監督コメント(一部省略)】

「85点はつけられないし良くない面もあるが、悪いなりにそれなりにやれている。良い流れになってきている」

後半の80分から90分と何となくやっちゃってるんですよ。
その辺が、後半の45分をもっとクオリティを高めてやれれば選手もチームも伸びて行くけれども、後半の戦い方をしちゃったら例えば次の試合は勝てない。
そうは言っても今季初の連勝がかかっていたんで、慎重になりすぎてたってのはありますね、確かに。
実はリーグ戦に入る前に、2月3月はものすごい調子良くて福岡大に5-0,6-0.で勝って、去年の関西チャンピオン桃山にも4-2、4-0で2試合ずつやってもそういうスコアで鹿屋にも勝って1試合も負けなかったんですよ。
攻撃はすごく良くて。それでやってこうってした事が3連敗のきっかけなんです。
早稲田戦にしても競り負けちゃっただけなんですよ。内容的にはどっちが勝ってもおかしくなかった。
ところがSBが良くなくて3バックにしちゃったら神大にボロ負けしちゃった。
そこで苦肉の策として、今、椎名と富田っていう中盤の選手をコンバートしているんです。
でもあの2人はサッカー勘がいいから、やっぱりゲーム作ろうとするし身体も強いんで。
ま、今はこれが目先のところでは上手くいってますね。

でも、ウチのチーム220人居てSBいっぱい居るわけですよ。みんな面白くないと思いますよ。「何で」って。
今出ているのがダメで次は俺の出番だろうって思っているのにコンバートしちゃって。
ま、苦肉の策なんですけど。

(中野監督が高く評価していた川崎が出停明けでもベンチだった件について)
今、ウチは25~30人のトップチーム選手のうち誰が出ても一緒なんで。
出場停止だろうが何だろうがポジション一回渡しちゃったら、すぐには取り返せないんですよね。
山村・比嘉級の選手が居ないぶん横一直線なんですよ。
ただチャンスが廻って来た選手にミスがないのに、また替えて戻すっていうのはないです。
それはもし、どっかの代表に行こうが出場停止だろうがケガだろうが、代わりに出た選手がちゃんとやれば、その選手でやるのが普通の考えだから。
川崎がいいって言っても戻る所はなかったんです。


今はいい時の状態に近づいてきていますよね。
例えば、中美も今日はキレが悪くてちょっとなって思ってたけど、点取ったトコだけだと…ランニングしてボール受けて前に出るっていうあの推進力は…やっぱり中美はモノが違うと。
だからやっぱり悪いなりに、それなりにはやれたかなっていうのはあります。
今まではそこが上手く行かなくて負のスパイラルの中で試合をやっていましたから。

たぶん悪い日だったら、今日のゲームも2点目以降が入らないで1-0で勝ってて最後追いつかれちゃう。
さっきのヘディングシュートで追いつかれちゃうっていうのが悪い時のパターンだったと思いますけど。
それがちょっとオフェンスの良い面がプラス10点から15点くらい、100点満点のうちで足されてきています。
それで70点から80点、、、85点はつけられないですけど、良い循環がはじまりました。

今年のチームは面白いですよ。
本当だったら椎名とか富田がもっと、、中盤の位置に入ると、その辺はもう一歩、1ランク上の事がやれるのかもしれないですけれど。今は苦肉の策です。

(中山雄登の途中出場が続いているが)
今日、学芸大に茶島がいてサンフレッチェユースでライバルだった中山は出たかったと思いますが、最近ちょっと調子が悪かったんです。
復調してきたんですけど、ちょっとボールが引っかかっちゃったりで悩んでて…それだったら今はこういう使い方の方がいい味出すのかなと。


ここで負けるとまた12位に落ちちゃうから、下を意識しながらやることになるから8位?ぐらいに上がれて上を意識できます。

今年はどうしてもインカレに出たいし、あわよくば今からでも優勝を狙いたいですから。

次はいよいよ首位の中央大となんで、もし勝てば上位陣との差は勝ち点6
3連敗から始まったことを考えると勝ち点6の差なんてラッキーです。
ただ、間違いなく中央の方が調子がいいし、個々の選手の能力も中央の方が上です。でもまあ、、そういう時の方がいい試合やれたりするんですよね(にやり)

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 20 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

ガチダービー

2012年第46回KSL関東サッカーリーグ 1部 前後期節
2012年5月13日(日) 13:00Kick Off @たつのこフィールド
流通経済大学FC1‐1クラブ・ドラゴンズ
ハーフタイムショー
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20120513 seiretsu

【得点】()内はアシスト 
21分:丸本(柳)/流経大FC、27分:唯井(園屋)/クラブ・ドラゴンズ、

【流通経済大学FC スタメン】()内はシュート数
GK:真辺勇気
DF:梅澤諒介、高塚捺生、中津川翔太、吉田哲矢(前1)、
MF:鈴木玲央(後1)、丸本侑平(前2後1)、仲座昇吾、柳直人(後1)、
FW:内山俊彦(前3)、田宮諒(前2後2)、
【リザーブ】(流経大FC)
GK:八巻楽、DF:大塚一夢、MF:城間由太、三浦大輝、新保誠(後1)、長島大知、FW:小山博史(後1)、 
【交代】
73分:鈴木→新保、73分:仲座→小山、90分:内山→長島、

【クラブ・ドラゴンズ スタメン】
GK:松井友彰
DF:太田智己、園屋竜馬、呉屋究、馬場康平、
MF:ユ ロモン(前1後1)、河上佑紀、林将貴、唯井竣平(前2)、
FW:佐藤亮太(前3)、津田幸祐、
【リザーブ】(クラブ・ドラゴンズ)
GK:緒方大樹、DF:沓澤曙、MF:櫻井航平、松山純哉、FW:新木皓人、石井雄輔(後2)、相良亘、
【交代】55分:津田→石井、65分:ユ→櫻井、80分:河上→相良、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:15(8)、ドラゴンズ:8(6)、
【GK】
流経大:5(2)、ドラゴンズ:16(7)、
【CK】
流経大:3(2)、ドラゴンズ:4(4)、
【直接FK】
流経大:15(8)、ドラゴンズ:6(2)、
【間接FK】
流経大:7(2)、ドラゴンズ:2(2)、
【オフサイド】
流経大:7(2)、ドラゴンズ:1(1)、
【警告】
56分:石井(ラフプレイ)、84分:馬場(反スポーツ)/クラブ・ドラゴンズ、

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 13 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

怪物が目醒める時

2012年5月12日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】7節、13:50kick off

流通経済大学 5‐1 筑波大学@古河市古河サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
20120512 試合前
【得点】 
30分:黒田(河本)/流経大、44分:玉城(瀬沼)/筑波大、47分:平野(河本)/、55分:中美(FK直接)/、62分:河本(黒田)/、71分:オウンゴール/流経大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数)20120512 集合
GK:中島宏海、
DF:富田湧也(後1)、鈴木翔登、小川晃平、福井快、
MF:大貫彰悟、木下匠、平野伊吹(後2)、黒田拓真(前1後1)、中美慶哉(後2)、
FW:河本明人(前1後2)、
【リザーブ】(流通経済大学)
GK:原田祐輔、DF:藤本大、MF:早稲田昇平、中山雄登(後1)、椎名伸志(後1)、江坂任、
FW:林諒彦、
【交代】 
46分:福井→椎名、82分:大貫→中山、86分:木下→早稲田、

20120512 試合前 握手
【スタメン】(筑波大)
GK:神舎宏、
DF:早川史哉、車屋紳太郎(後1)、
MF:谷口彰吾、中野嘉大(前1)玉城峻吾(前1)上村岬、
FW:赤崎秀平(前1)、瀬沼優司(後2)、曽我敬紀
【リザーブ】(筑波大)
GK:岩脇力哉、DF:田代諒、岸光、
MF:葺本啓太、曽山慶太、FW:不老祐介、若杉拓哉、
【交代】
15分:曽我→不老、71分:中野→葺本

【スタッツ】()内は前半20120512 4点目後2
【シュート】
流経大:12(2)、筑波大:6(3)、
【GK】 
流経大:11(8)、筑波大:15(5)、
【CK】
流経大:2(1)、筑波大:6(4)、
【直接FK】
流経大:9(3)、筑波大:14(7)、
【間接FK】
流経大:8(8)、筑波大:2(2)、
【オフサイド】
流経大:8(8)、筑波大:2(2)、
【警告】
38分:谷口(ラフプレイ)/筑波大、54分:谷口(反スポーツ)/筑波大、
54分:谷口(警告2回・退場)/筑波大、75分:小川晃平(ラフプレイ)/流経大、
20120512 スコア全景

【監督コメント】20120512 4点目後3

今日は5-1という結果を出せましたが、これまでも試合内容は良かったし。
前節の慶應大戦も今日以上やれていたっていうのはあったんですけどロスタイムの93分目に追いつかれちゃったりと、
ちょっと今シーズンは”負のスパイラル”っていうか負のサイクルに入っていたようでしたが内容はいつもこれ位はやっていたんで、
これから状況が上向きになってくれればと思いますけれど。

今日は筑波大さんとの試合ってことで、順位とか今の勝ち点とか度外視して同じ茨城のチームとして、、
僕は勝手に”茨城ダービー”って呼んでいるんですけれど、気持ちの持ち方がが違ったと思います。

筑波大さんはこの間敗れたことでちょっと元気がなかったかな。
実力は筑波さんの方が全然上です。相手が一人少なくなって5-1となっていても「いつ2点3点取られるか」って思って見てましたから。
20120512 防御1 20120512 防御2
本当に安心してはいられなかった。客観的に見てる人は5-1だから絶対大丈夫とかって思っていたのかもしれないけれど、僕は筑波の実力は分かっていますから。
ちょっとでも隙を見せれば、ぽんぽんって点を取られちゃうって思っていたんで、まあ勝って良かったって思いますね。

後半に椎名をSBで入れました。実は右のSB(富田)も中盤の選手なんです。20120512 後半左サイド

今年はSBとGGKが弱いんでGKも今日初めて起用した1年生を使いましたし、SBは思い切って中盤の能力のある選手を配置して
組立もさせようと。小さくてもサッカー感のいいのを置こうと思って。
後半、一番サッカー感のある椎名を置いたっていうことで、落ち着きましたよね。
椎名はSBは今日初めてです。練習でもやったことないんです。本当は中盤で使ってきましたが性格の良いコなんで
「何で俺がサイドバックなの 」っていう態度ではないですから。
彼は自分の与えられたポジションでチームの為に何をやるべきかっていうのを考えられる選手ですから。
だから、逆に(本職ではない)椎名が入って中美と椎名で左サイドをコントロールしましたよね。
それがもしかしたら一番の勝因になるのかもしれませんけれど。
中盤の選手を両SBともにコンバートしてくっていうのが今回上手く行きましたが、
SBやっている選手がウチの220人の部員のうち何十人もいるから、みんなプライドが傷つくんですよね。
まあこれが良かったのかどうか。
色々チーム内で考えて行かなきゃいけないんですよね。


(今日の大勝について)
谷口(後半9分退場)は筑波大の中盤の一番の心臓ですから。
実はこのコらは去年のユニバ(ユニバーシアード)で、みんな中国でずっと応援していたから(選抜選手だった)谷口や赤崎のプレースタイルとか良く分かってますよね。
分かってるっていうのは、彼らが上手いっていう事をやっぱり尊敬、リスペクトしているんですよ。
20120512 1点目 20120512 2点目 20120512 3点目 20120512 4点目
だから一生懸命やれたんだと思うんですよ。
だから筑波大との試合は楽しいですよ。勝っても負けても。
前半はたまたまウチが先制点を取ったけれど、試合内容で言えば0-2くらいになってもしょうがなかったですよ。
それくらい筑波大の構成力はいいです。
ただ実は今節はCBの川崎が出場停止だったんで、フレッシュなメンバーで組んで、しかもあの4人の最終ラインで試合やったことないんですよ。
こういうのがある意味面白い作用を起こしたっていうのはあるかも。
20120512 富田 20120512 小川CAP 20120512 翔登蹴 20120512 椎名
安定したメンバーでやってたらこうならなかったかもしれないし。
初めての組み合わせでやったことがいい緊張感でコミュニケーションを取れたのかもしれないし。

終わってみれば、逆にあの(最終ライン)4人で失点1だったんだから、とも言えます。
でもサッカーってそういう、そういう風に色んな作用が複雑な要素が起きるんで。
でも、この辺で気を引き締めないと。
20120512 大貫 20120512 中美目力 20120512 木下2 20120512 福井


20120512 伊吹1 20120512 黒田 20120512 中山1 20120512 早稲田 20120512 中嶋

今の我々の順位とか勝ち点とか得失点とか考えたら、一つも気を抜けないですから。20120512 1点目後。
今から上位を追いかけて行くんだっていう面での一つにきっかけになってくれればいいかなって思います。
下のチームはみんな頑張っていくから、大混戦になるんですよね。基本的に。
最後シーズンが終わった時、どこが笑っているのかどこが泣くか分からないって事です。
12チームのなかで弱いチームは無いし。

まだまだこれからですよ。

Continue »

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 12 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

山風を嵐と言うなり

2012年5月6日(日)第46回KSL関東サッカーリーグ 1部
流通経済大学FC 3‐1 エリースFC東京 13:50Kick Off @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー
【得点】()内はアシスト 
5分:内山俊彦(柳直人)/流経大、15分:城間由太(柳直人)/流経大、57分:山下真太郎(吉田敦)/エリースFC東京、
66分:高塚捺生(内山俊彦)/流経大


【流通経済大学FC】()内はシュート数
GK:真辺勇気
DF:梅澤諒介、高塚捺生(前後)、水木将人、中津川翔太、
MF:鈴木玲央(前)、丸本侑平、城間由太(前)、柳直人(前)、内山俊彦(前後)、
FW:小山博史(前後)、
【リザーブ】(流経大FC)
GK:八巻楽、DF:大塚一夢、小池勝、MF:長島大知(後)、三浦大輝、仲座昇吾、FW:田宮諒、
【交代】
64分:小山→田宮、86分:柳→長島、90分+1:内山→仲座、

【スタメン】(エリースFC東京)
GK:白子哲平、
DF:土井岳史、石川清司(後)、近藤慎吾、
MF:木村遼、柿沼貴宏、野沢大樹(後)、
FW:深澤良(後)、山下真太郎(前後)、吉田敦、高橋周太(後)、
【リザーブ】(エリースFC東京)
GK:青木周平、DF:藤森渉、篠原剛、古矢翼、FW:大河敦司、飯塚高志、原雅巳、
【交代】58分:吉田→原、80分:木村→藤森、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:12(7)、エリース:7(1)、
【GK】
流経大:7(1)、エリース:10(7)、
【CK】
流経大:2(2)、エリース:9(3)、
【直接FK】
流経大:16(7)、エリース:4(3)、
【間接FK】
流経大:2(0)、エリース:1(0)、
【オフサイド】
流経大:1(0)、エリース:1(0)、
【警告】
23分:木村(ラフプレイ)/エリース、30分:石川(ラフプレイ)/エリース、53分:吉田(繰違反)/エリース、65分:土井(反スポ)/エリース、

祝!ホーム初勝利!!♪

カメラが修理に出しているので古いカメラで撮ってます。雑な上がりですみません。

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 06 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

440/540

2012年5月5日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】6節、
流通経済大学 1‐1 慶應大学 @厚木市荻野運動公園 13:50Kick Off、
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー カメラ故障につき、60分までです。すみません。
20120505 集合

【得点】 
64分:黒田/流経大、90+3分:磨見/慶應大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数)
GK:原田祐輔、
DF:田向泰輝、鈴木翔登、川崎裕大、福井快、
MF:大貫彰悟(前1)、木下匠(前1)、平野伊吹(前1)、黒田拓真(後3)、富田湧也(前1)、
FW:林諒彦、
【リザーブ】(流通経済大学)20120505 円陣
GK:中島宏海、DF:藤本大、MF:中美慶哉(後1)、椎名伸志(後1)、江坂任、FW:河本明人、久保武大
【交代】64分:富田→中美、72分:黒田→椎名、82分:平野→江坂、

【スタメン】(慶應大)
GK:峯達也、
DF:保田隆介、松岡淳、松下純土、岩田修平
MF:増田湧介、曽我祐馬、磨見朋樹、森田達見、長尾賢太郎
FW:武藤嘉紀、
【リザーブ】(慶應大)
GK:辻 柾次、DF:佐潟 隆平、赤木 努、MF:山浦 公裕、端山 豪、平戸 奨眞、FW:近藤 貫太、
【交代】58分:森田→赤木、63分:曽我→山浦、74分:長尾→近藤、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:9(4)、慶應大:8(4)、
【GK】 
流経大:12(4)、慶應大:6(3)、
【CK】
流経大:7(3)、慶應大:8(6)、
【直接FK】
流経大:16(9)、慶應大:10(7)、
【間接FK】
流経大:16(9)、慶應大:10(7)、
【オフサイド】
流経大:7(2)、慶應大:7(4)、
【警告】
15分:曽我(ラフプレイ)/慶應大、33分:増田(反スポーツ)/慶應大、68分:松下(反スポーツ)/慶應大、77分:川崎(反スポーツ)/流経大

「勝ち点2を落としたなって感じです。どちらかと言うと負けに等しい引き分け」と試合後に開口一番、こんな言葉が出てきたのですが、それほど表情は暗くなかった中野監督。
20120505 大貫1 20120505 黒田2 20120505 匠 20120505 原田
「ただ先は長いので。ゲーム全体としてはある程度やれるようになったかとは思います。
けれど、1-0でリードしているのに何でボールをもっとしっかりキープできないのか、というのはあります。
球際の粘り強さとか、結局相手に力を出させてしまうんですよ。あの時間帯に1-0のリードで何をしたらいいっていのが出来なさ過ぎます。
ただ、リーグ戦の前期でこういうのが出て、却って良かったって思います。
後期の本当に重要な時に、例えば今日勝てば順位が入れ替えるっていう時にこういうゲームをやっちゃったら取り返しがつかないんで。

今日は前節から中一日ということもあってメンバーを5人入れ替えたんですけど、前半はプレッシャーも早かったし、ほぼ相手に余裕を持ってプレーをさせていなかったので最低限の評価は出来ます。
これが最低のベースだよっていう試合は出来ました。後半もしっかりと形通り点も取れたし、そこまではね。
20120505 富田 20120505 福井 20120505 川崎 20120505 田向
今まで4敗していますけれど、早稲田戦も国士戦も悲観するような負けではないんですよ。ただ負けたっていう、競り合いで負けたっていう。
まあ3バックにした神大戦はダメだったですけれど。4バックに戻して明治大には勝った。
この間の専修大戦は0-3っていうスコアでしたけど1点目も交通事故的に入っちゃった点だし、残り10分まで、トータルで後半80分まで0-1で互角の試合でしたから。
6試合終わって、540分サッカーやったなかでダメだなーっていうのは1試合と10分、100分だけです。
540分中440分はけっこういい試合をやっているんですよ。ただまあ、、、微妙なところで負けている。

それだから悲観することはないんですけれど、僕が思うほど選手は割り切れないでしょう。
こういう試合を、追いつかれたり落としたりすることで精神的にどうなっていくかなっていうのは心配です。今のチームは若いチームですから。
今が一番がまんの時です。

1年生も優秀なのは沢山いるんですが敢えて使っていないんです。
1年生は5月に単独でドイツ遠征をやるので、もう向こうの大会に登録しちゃってます。それが終わってから。それに1年生使うとうぬぼれちゃうんで。

やっぱり上級生を頑張らせないと。何年間も頑張ってきて そこはちゃんとチャンスを与えないと でも、ダメなら切り替えるしかないですけれど。

今日もスタメンは大貫以外は3年生以下です。これまで山村や比嘉といった日の丸を着ける選手がいて、それが居なくなったんですから。また育てていくしかない。
20120505 黒田 20120505 平野 20120505 翔登 20120505 林
今日得点した黒田なんかも3試合目まで全く出ていない、メンバーに入っていないんです。ただああいう選手はいっぱい居るんですよ。
いっぱい良いのが居るだけに違う難しさがある。良い選手が少なければ、居る選手を使い切ればいいんですけど。
ああいう選手が沢山居るんで、また1年生を使っちゃうと色々と不安定になっちゃう。

(次節については)CBの川崎が出場停止なので。川崎が居ないのは痛い。そこをどうしようかなっていう。
ただ筑波大とはチームの状態とか順位とか関係なく独特な試合になるんでそれはそれで楽しみです。」

丸3年以上に渡ってチームの屋台骨だった増田&山村、そしてその他レギュラー陣がごそっと卒業しTOP経験の少ない選手が多数を占めるメンバーで、新たにチームを作り上げていってる感じでした。

ただ手ごたえは間違いなく感じているようです。

テーマ : 流通経済大学サッカ−部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 05 ,2012 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

はあ


引き分けは残念…

あとですね…


私事ですが…


カメラが壊れちゃいました。


ぶつけた、とかじゃなくて、試合中に急に動かなくなりました。


ここんとこ雨に濡れまくってたせいでしょうか。



という訳で今日の試合写真はこれだけ…


かも。


データ保存出来ているか不明です。


すみません。

Comment: 0   Trackback: 0

05 05 ,2012 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

Sysphusたち

2012年5月3日
JR東日本カップ2012第56回関東大学サッカーリーグ 1部リーグ【前期】5節、
流通経済大学 0‐3 専修大学 13:50Kick Off@たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムがご覧いただけます。※要・フラッシュプレーヤー

【得点】 
14分:下田/専修大、80分:長澤/専修大、86分:山川(仲川)/専修大、
【スタメン】(流通経済大学()内はシュート数)
GK:原田祐輔、
DF:橋本健太、鈴木翔登、川崎裕大、福井快、
MF:早稲田昇平、木下匠、、椎名伸志(後1)、黒田拓真(前1後1)、中美慶哉(前1)、
FW:グレイブス・ジョシュア(前1)、
【リザーブ】(流通経済大学)
GK:中島宏海、
DF:田向泰輝、MF:大貫彰悟、中山雄登、富田湧也、中村慶太FW:河本明人、
【交代】56分:早稲田→河本、75分:→、

【スタメン】(専修大学)
GK:福島春樹、
DF:北爪健吾、鈴木雄也、冨田将司、萩間大樹
MF:河津良一、下田北斗、佐野弘樹、
FW:仲川輝人、長澤和輝、山川翔也、
【リザーブ】(専修大学)
GK菊島孝樹、DF:館坂信也、栗山直樹、MF:沓掛元気、飯田裕之、牧内慶太、FW:大西佑亮、
【交代】90分:山川→牧内、90分:佐野→沓掛、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:5(3)、専修大:14(4)、
【GK】
流経大:5(3)、専修大:9(3)、
【CK】
流経大:14(6)、専修大:9(6)、
【直接FK】
流経大:7(3)、専修大:19(9)、
【間接FK】
流経大:9(6)、専修大:0(0)、

【警告】
27分:福井(反スポーツ)/流経大、45分:黒田(ラフプレイ)/流経大、55分:椎名(ラフプレイ)/流経大、78分:川崎(反スポーツ)/流経大、

試合後すぐに会場を後にしたので監督コメントは無しです。

天候が最悪で。暴風雨というか、雨も小降りになったり、止んだりもしたんですが、基本的に大粒の雨がかなり強く降って風も強かったです。
朝からずっとそんな天候だったため、キックオフ時点で既にピッチは田んぼ状態。
ボールも異様に重そうで流経大も専修大も思うようなプレーが出来ない状況に。

そんななかでもチーム力というか、最後まで集中力を切らさなかった専修大が効率よく得点を重ね、流経大はまたもや完敗となりました。

それでも立ち上がりは専修大もミスが目立っていて、いつでも得点できそうな雰囲気ではあったんですけどね。
セットプレー後の混戦から強風にあおられるようにゴールを決められて、その後はがっちり守ってくる専修大のペースにはめられてしまった感じですね。
あともう一歩で得点、というところまで行ってたのですが、80分に直接FKを決められ、その後は守備の連係も崩されてしまって更に追加点を献上し試合終了。
専修大の底力恐るべし。流経大はやはりチームの若さというかやっぱりTOPでの経験値の浅さが出てしまった感じです。

ただ、前節後の監督のコメントであった通り、前節以上に攻撃面への意識も高かったとは思います。
せっかく前節で掴みかけた上昇へのきっかけがすべり落ちてしまわないように、迷いなく行って欲しいです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 03 ,2012 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。