1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

青赤プラグ

流通経済大学サッカー部(男子) 応援サイト


In 05 2009

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

成長待ち

2009年5月31日第11回JFL前期第13節
流通経済大学 0ー2 横河武蔵野FC@たつのこフィールド

【得点】()内はアシスト
13分:小山、29分:関野/横河武蔵野
【スタメン】(流経大)
GK:増田、DF:佐藤(卓)、藤本、小川、佐藤(隼)、MF:村瀬、フランク、柳、関戸、
FW:上條、早稲田、
【サブ】
GK:佐々木、DF:天野、MF:葛島、大貫
FW:古川、長澤、張
【交代】
(流経大)
58分:佐藤(隼)→古川、63分:柳→大貫、73分:早稲田→張、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:9(4)、横河:18(9)、
【GK】流経大:11(6)、横河:5(2)、
【CK】流経大:3(0)、横河:7(3)、
【直接FK】流経大:16(6)、横河:18(11)、
【間接FK】流経大:0(0)、横河:2(1)、
【オフサイド】流経大:0(0)、横河:2(1)、
【警告】
50分:小川(流経大)/反スポーツ的行為、
63分:小山(横河)/反スポーツ的行為

【試合後の中野コーチコメント】

後半、いい形は出来てるんですけど、結局相手の思うツボなんですね。
ミーティングでも言ってたんですけど、過去の試合のデータを見ても横河は前半でシュート数も多くて、前半え点とってるのが多いんですよ。
ってことは先行逃げ切りのチームなんですよね。

それは言ってたんですけどやっぱりやられちゃいました。
後ろの選手にしてみれば、例えば佐藤(卓)や(藤本)大、小川も1年生で。
だからそういう意味ではあの失点ていうのはしょうがないんですよ。
やっぱり前の選手ですよね。トップチームの経験がある選手が点数が取れないっていうのはダメですよね。

後ろのところは経験でもっと良くなると思うんですよね。
失点もあれは向こうはワントップの11番だよって言ってたんだけど、センタリングでやっぱり、
それ1人でやられちゃうから。そういう所がやっぱり彼らの若さだと思うんですけどね。
FWっていうのは水ものって言ったら水ものなんですよね。
点数が取れるときは取れるし、取れない時は取れないし。
もうちょっとね、点数で一喜一憂せずにやって欲しいなっていうところはありますよね。
オフェンス陣はなんでやられちゃうんだよってところで今度は自分たちがリズムを崩していくんですよね。
この辺が弱いんです。この辺を打破していかないと。

だから本当はトップの18人がみんな調子が良くて、使う方が悩むようなチーム状態であればたぶんJFLは
勝てるんですよ。
常にやっぱり20人くらいがもうちょっと高いレベルでやれるようにしてないと。

去年が成績良かったのは、13人J行きましたよね。で地域リーグ含めると23人くらい行ってるんですよ。
でトップの方には千明とか金久保とか4年生じゃなくても出られる選手がいたじゃないですか。
ってことはかなり層が厚いですよね。そうすると、6位っていうのはたぶん納得が行くんですよ。
ただ、まあ今度はちょっと、もうちょっと時間がかかりそうかなってところがあります。
でもこれがまああと2、3年後には6位とかの成績は取れると思うんです。

ただ、そうは言ってもだいぶ成長しているんで、もしかすると後期あたりからもっといい戦いが出来るように
なるかもしれない。
たとえば今日も後半はいいじゃないですか。もちろん相手の戦術にハマってはいるんですけど。
ハマったなかでも行けてるわけだから。
だから早ければ後期にはもっといい結果になるかもしれない。
だからそれを期待するしかない。
もうちょいですね。

今度、総理大臣杯予選が13日、14日とあって、14日の鳥取戦の時のメンバーが居ないんですよね。

ただ毎年はイタリア遠征行ってるじゃないですか。
だから去年の琉球なんか、ちょっとメンバーきつかったんですけど今度はイタリア遠征がない。
相手が鳥取っていうのがキツいんですけど。

こんどフロンターレとジュビロと練習試合を入れてるんですけど。
それを若手、1年生や2年生で行って、どれくらい出来るかやってみます。
勝てるように準備をとっておくので宜しくお願いします。

スポンサーサイト

Comment: 0   Trackback: 0

05 31 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

コントロール、それ以上に

2009年5月30日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第10節
流通経済大学 3-1 筑波大学 @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。要・フラッシュプレーヤー
090530 集合
雨にも負けず、ハートを狙い撃ち、な流経大イレブン

【得点】()内はアシスト
2分:船山(武藤)/流経大、47分:及川(金久保)/流経大、
49分:瀬沼(田中)/筑波大、81分:船山/流経大

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、比嘉、MF:金久保、中里、千明、宇賀神、FW:武藤、船山
【サブ】
GK:増田、、DF:藤本、MF:フランク、村瀬、柳、FW:張、上條
【交代】
63分:中里→フランク、76分:武藤→上條、87分:宇賀神→村瀬、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:16(7)、筑波大:10(4)、
【GK】
流経大:6(2)、筑波大:13(7)、
【CK】
流経大:7(3)、筑波大:5(1)、
【直接FK】
流経大:13(6)、筑波大:15(9)、
【間接FK】
流経大:2(2)、筑波大:1(0)、
【オフサイド】
流経大:2(2)、筑波大:1(0)、
【警告】
51分:山越(筑波)/ラフプレイ、56分:山村(流経)/遅延行為、58分:宇賀神(流経)/ラフプレイ、
84分:及川(流経)/反スポーツ的行為、87分:佐々木(筑波)/異議

【試合後の中野監督のコメント】

学生はかなり慎重に今日のゲームに臨んだと思います。
点が入った後もっと押せ押せで行けば良かったのにと見てて僕らは思うんですけど、去年そういう流れの
時に追加点が取れないで、どの試合も全部リードしてたのにひっくり返されているので、考えて、消極的に
ってことじゃなくちょっと慎重に臨んだ結果だったのかな、と思います。

そういう面では3ー1というスコアは満足出来るものでありますけど要所要所、やっぱ筑波の選手にFWの
ところにボール当てられてランニングされて危ない場面がありましたから。
たられば言ってもしょうがないですけど去年の西川木島レベルの選手が居たらやられていたと思いますね。

ウチはまだまだ戦い方が、守備っていうよりもボールの奪い方もまだまだダメだなっていうのがありました。

それでも勝ったのはGKを含めた守備の強さです。
大ピンチも林がファインセーブで止めてくれました。

両校とも同じくらいチャンスもピンチもあったと思うんですけど、
失点の差が出たのは守備力の強さっていうんですかね、GKだけじゃなくて。
もちろん今日は林が「やられたっ」っていうシーン、決定的なのを2本3本と止めていました。
あれが1本でも入っていたらゲームは分からなかった。
そういう守備の差だったと思うんですけど、ちょっとしたところですよ、

ただボールを動かす力とかサッカーのやり方、局面的にはある意味筑波さんの方が強かったと思います。

【これで首位ターンが決まったが】
あまり勝ち点とか順位とか気にしていません。と、いうのはもうダントツの1位なんで。
それよりも大学生相手にもっと良い試合をやって。
今年は天皇杯でJリーグのチームを倒すっていう目標をチームでしっかり持っているんで、1試合ごとに
さらにもっと良くなる試合をやりたいんですよ。

先週の明治との試合からすると今日は赤点というか、ちょっと合格点をつけられないです。

筑波さんとの試合ってことで今日だけ見ればしょうがないかなっていう見方もあるんですけど。
先週明治とあれだけのゲームが出来たのに、今日はどうだったのっていう不満はあります。

確かに3日前にFC東京と練習試合をやったりしてコンディション的にちょっと重かったのかなっていうのも
ありますけど。
そういうなかでも、気持ちの面で良いゲームをやるんだっていうものがちょっと足らなかった気がします。

【それは頑張っていたFW2人以外ということか?】
たとえば今日の中盤の4人はもっと出来る選手達の筈だから、合格点はつけられません。
ウチのチームは中盤がもの凄く才能ある選手が揃っている訳だから圧倒的にゲームを支配出来なければ。
それが出来ていなかったです。
守備の面では筑波の学生にインサイドに振られてFWに、トップの選手のところに楔のボール入れられて
ランニングされて崩されていますよね。
去年だったらあそこに木島くんや西川くんがいて、ことごとくああいう場面で点を取られていますから
今日はまだ筑波FWが1年生とかだからそこの決定力の無さや経験不足だったていうのがありましたけど。
もしあそこにそれなりの選手が居たら、今日だってもう打ち合いのゲームになって3-3とかそういうゲームになっていたとおもいますよ。

【船山が2点取ったが】
船山はキャプテンとしての気持ち、そして今FWは全員状態が良いんでいつ替えられてもおかしくないって
いう危機感がみんなありますから。
そういう面では良い競争やってるなっていうのがあります。

【交代について】
リードしているから守りたいってことじゃなくて、ポイントをしっかり前で作って、さらに4点目5点目を取りに
行きたいって言う主旨で上條は入れました。


【ミョンギを休ませたのは】
ずっと頑張っていたんですけど、ここのところシーズンを通じての疲れもあるし。
中里はジャパン8にも選ばれていて、もともとU-18やU-19に選ばれているような選手ですから今日は
千明との組み合わせでやってみました。

今、実は中盤の選手で一番調子の良いのはフランクです。
今日先発で使わなかったのは、こういう苦しいゲームになった時にカードとして持ってたいっていうことで意図して後に回しました。
状態としてはフランクを先に使う方がゲームは安定すると思います。

【ボールを入れられてしまったというのは】
筑波さんとウチとでこういう現象が起きるのはいくつかの要因があるんですけど。
ウチの選手も攻撃をするためにボールを奪おうとするんで、守ろう守ろうっていう守備をしてないんですよ。
だから局面局面でボールを奪いに行くんです。だから逆に言うと筑波の選手はかわし易いんです。
(そしてかわすとチャンスになる?)そう。ボールをずらされてインサイドに入れられてしまう。
その現象は分かっているんですけど。
でもやっぱり守るために守備させちゃったら、試合は勝てるかもしれないけど伸びないですよね。
やっぱり攻めるためにボールを奪う、守るんじゃなくて奪い取るってことでやってるんで。
そこを筑波の学生も頭良いですからウチのチームのそういう所をよく分かってて、筑波もそこを上手く利用してますよね。
でも分かっていても、挑戦させないとお互いの選手が伸びない。
風間さんもそこをよく分かって筑波の今のメンバーの中でもやらせている姿勢は指導者として素晴らしいと
思うし。
だからこそウチもリードしているからって守ろうっていう気は無いんで。
やっぱりボールを常に奪い取って、常に攻撃したいっていう、それを追求しているからこそ、ウチと筑波は
こういう試合になりやすい。まあ乱打戦です。
まあ今日は向こうのFWの選手が1年生だったりして、色んな面で力強さが多少欠けたから、ウチが3ー1で
勝ちましたけど、これで木島くんや西川くんがもし居たら筑波さんも良いチャンスがあったと思うんで3ー3
くらいにはなったと思います。
林がいいところで決定機をつぶしてちゃんと止めていました。


【最終節に向けて】
中3日っで臨むのでコンディションを整えさせたいです。
教育実習もはじまってましてレギュラークラスが抜けるのでフレッシュなメンバーになるかもしれません。

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 30 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合-大学   Tags: ---

とりあえずです。

最近けっこう休日出勤を命ぜられていて…5月24日は休日出勤なので名古屋は行けず。

ちなみに6月も結構休日出勤がありまする…しくしくしく。しょうがないんですけどね~。こんな職場でしか
働けない我が身の情けなさ。

体調不良は気持ちから来てるのかな~?なんかずっと微熱が続いてます。
でも何故かインフルエンザには罹らないんですよね。

まあそれでも何とか16、17、23日の試合アルバムアップしました。
コメントのUPはもう少し先になります。
とりあえず、プチ名場面集をドゾ


まず16日。先制後。
20090516-1点目1 20090516-1点目2
ゴ-ルしたのは最後尾の6番様なのですが…        いい笑顔♪

先制したものの、追いつかれ、さらにパスミスから(芝生のバカぁ)PK献上。
このまま黒星か、と思われたロスタイム、

主将様 劇的同点弾!

20090516同点弾1 20090516-2 1人目
1人乗っかり~

20090516-2 2人目 20090516-2 3人目
2人目も続いて~   3人目~?

20090516-2 たくさん
 やっぱり主将、

 何人乗っても大丈夫!


  な訳ない!乗りすぎ!

ピッチ内で、いえスタンド観戦者も、あそこでシュート来る!って予想した人はほぼ皆無じゃないでしょうか。
てっきりセンタリング上げるんだと。御本人も狙ってないみたいな発言してましたが(by マッチデイ)。
向かい風に乗ったボールは誰も触れられない美しい軌道を描いてゴールネットに吸い込まれたのでした。
なんだか風向きをも操った超常現象に見えたのは私だけかな~。
そんなこんなでギリギリで無敗を守ったのでした。

20090517 いずさん
 翌日、JFL。泉さんの里帰り(違う)。
 風向きを考えたのか、エンド交換していつもと反対の位置でキックオフ。
 セットプレーで先制されるも、張さんのゴールを皮切りに前半で4得点。
 後半、2点入れられて1点差に詰め寄られますが何とか逃げ切りに成功!
 新1年生も続々デビューして、こちらも目の離せないJFLなのでした。

 ←格好よかった泉さん。


1点目、張さんが逆襲弾! 失点しても諦めない気持ちの強さの篭ったゴールでした。
20090517 J-1 20090517 J-2 20090517 J-3

2点目の武藤さん、そしてゴラッソなミドルを決めた3点目の村瀬さん!
20090517 MF 20090517 M&F


20090517 F   対人の強さだけじゃなく、巧さも目立ってきたフランクさん。

 この日は珍しい?ヘッドでダメ押し4点目。
 アシストはこの日がデビューだった佐藤さん。
 このダメ押し点があったおかげで逃げ切れました。



20090523ボラ会議
 そして23日、勝ち点差2で2位につけている
 明治大と対戦上位決戦です。
 千明さんの出場停止を受け、ボランチは
 フランクさん&中里さんのコンビ。
 大学チームでボランチのスタメンは久々の中里さん
 後半は積極的に攻撃に絡むなどフル出場。
 攻撃的なチーム同士で白熱&充実した試合でした。


千明さんの欠場により苦戦が予想され、立ち上がりは明治大の素早いプレスにやや苦しみましたが、
14分、宇賀神さんの落としたボールに武藤さんがシュート!先制。
20090523 1点目1 20090523<br /> 1点目2

20090523 2点目
 後半も山村さんのミドルで追加点を挙げます
 さらに久しぶりの完封で頂上決戦を制したのでした。


 次はいよいよ最近因縁深い筑波大

 筑波大に少ない失点で勝利してこそ本物です。
 頑張って下さい。


テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 24 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

8は千明の背番号

2009年5月23日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第9節
流通経済大学 2-0 明治大学 @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
090523 集合
出場停止の千明さんの背番号「8」を掲げるイレブン…え?

090523 手 【得点】()内はアシスト
14分:武藤(宇賀神)/流経大、69分:山村(武藤)/流経大、

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、比嘉、
MF:金久保、中里、フランク、宇賀神、FW:武藤、船山、
【サブ】
GK:増田、DF:藤本、MF:葛島、村瀬、柳、FW:張、上條
【交代】
74分:フランク→柳、83分:武藤→上條、89分:金久保→藤本、


【スタッツ】()内は前半
090523 ゴル後  【シュート】
 流経大:12(7)、明治大:10(6)、
 【GK】
 流経大:9(6)、明治大:20(12)、
 【CK】
 流経大:3(1)、明治大:3(2)、
 【直接FK】
 流経大:16(8)、明治大:15(7)、
 【間接FK】
 流経大:4(2)、明治大:9(5)、
 【オフサイド】
 流経大:3(2)、明治大:6(3)、



【警告】
71分:フランク(流経大)/反スポーツ的行為、78分:及川(流経大)/反スポーツ的行為、
84分:小林(明治)/ラフプレイ、
090523 比 090523 ざと 090523 う 090523 y

【試合後の中野監督のコメント】
サッカーは色んな展開になっちゃうんですけど、今日は最初から高い位置でプレッシャーをかけ続ける、
90分間それが出来るかどうかが課題の一つでした。

今日の明治さん相手にそれが出来るようなら今年の今までの結果は本物だろうなと。
今日出来なければ、やっぱり(流大も)まだまだっていうバロメーターになる試合だと思っていました。

首位対決だとか勝ち点云々だってことよりも、今日はこの良い状態の明治さんに対してどれだけ自分達の
力が出せるかを試せっていうことでした。

この暑さのなか、最後まで学生がまず運動量で負けなかったと思いますね。

2-0というスコア的は地味かもしれませんが前半後半に1点ずつ取って内容的には完勝と言ってもいい。
攻守に渡ってしっかりしたプレーの連続での2-0での勝ちなんで、あまり学生を褒めたことはないんです
けど今日は素直に褒めてあげたいなと思います。

【”高い位置からのプレッシャー”は具体的に言うと山村選手のプレーか?】
(攻撃参加は)指示ではなく日頃から彼自身がいつも心がけてやっていることです。
山村の非凡な才能は自分のなかで自分がここだって時にさ~っと上がっていけるってことなんですよね。
特にセットプレー崩れとかじゃなくてもボールを奪って奪ったボールをパスした後に自分が行けると思うと
CBの選手なんだけどさ~っと上がって行くっていう。ああいうゲームを読む力っていうのは際立っています。
今日の2点目はゲームを決定づけましたよね。1-0だったら最後まで分からなかったですから。
難しいシュートだったと思いますよ。ちょっとボテボテだったけど


今日は千明が出場停止だったの千明&ミョンギでやってきた両ボランチをフランク&中里に代えて。
FWも船山&武藤っていう組み合わせは今季初めてです。
でも2人はその意図を分かっていて最初から明治さんの裏にガンガン走っていましたよね。
1点目もGKが取りこぼしたボールを宇賀神がフリックして、相手DFの裏に武藤がさ~っと抜け出して、
シュートそのものも凄かったと思いますけど、あそこを狙うっていうのを意図していました。

組み合わせが変わっても、選手がお互いの良い所をどうやって引き出そうかっていうのを分かってプレー
していましたから。
そういう面で来週困っちゃうんですよね。代わりに出た選手が結果を残したし。千明はどうするんだ、とか。
そういう良い意味での悩みを持てるっていうのは選手が選手層も厚いってことだし、皆それぞれの能力を
発揮しているんでまた1週間で状態を見てより良いコンディションの良い選手を選ぶことになると思います。

【何か監督の秘策でスタメンを替えることはあるのか?】
いやもう練習を見てコーチ陣と話し合って決めることになります。

彼らにいつも言うのは、例えば流経のやり方でしかサッカーが出来ないなら選手として伸びなくなっちゃうよ
っていうことです。

例えばプロ行って色んな監督さんのもとで色んな戦術があっても出来るようにしておかないと。
プロの監督は2年くらいで変わっちゃう訳だし。
色んな組み合わせでやれって言われたり、今週はこういうテーマでやろうってなった時にそれをこなせる
ような選手でないと。
例えば4バックじゃなきゃ生かせないとかそういうのではなく、時には3バックなったりした時に、色んな
状況に臨機応変に対応できる選手じゃなきゃいけないんで。

そういう面では選手の組み合わせをかえられるっていうのは遊んでる訳じゃないけど面白いですよ。
どうやってお互いを認めあって良い所を引き出して行くっていう事が大学生同士でも出来るわけですから、
こういう習慣でゲームやっていけばどんなチームに行っても監督の意図に対して応えられると思うんですよ。

だから(組み合わせを変えたなかで結果をだせた)今日は収穫のあるゲームが出来たと言えます。
ただ結局このゲームで満足していいって訳じゃないです。このゲームにも課題がありますし。

どうやって点を取るかっていう、どうやって点を取るチャンスを作ろうかっていう。
ディフェンスでも、今年のウチのDF陣は高さが足りないですから、やっぱりCK、FK含めてセットプレーの
ところでは多少ラインがズルズル下がってしまったり危険な場面がありました。
そういったところも、どうやってDFを上げて行くのかを含めて、それをテーマに持って来週に臨まないと。
いつも言ってることですけど大学リーグでは勝つかもしれないけど1ランク上はで通用しない選手になって
しまう。

身体が小さくてもやれるんだっていうプレーを示していかなきゃいけない。
見ておわかりのように中盤から前はみんな小さいですよね。170cmちょっとしかなかったと思います。
世界的に選手が大型化しているっていうのがあります。もちろんGKやCBやCFWなんかはがっちりした
選手を起用したいっていうのは分かります。
でも結局身体が大きくない人は選手としては終わりなのかっていうことになっちゃうんですよ。

身体が小さい選手が成功することによって、試合を見に来た子供達に小さくてもああいう風にやれば認め
られるんだっていうものを示してあげられます。

日本人はそんなに大きい身体の人は居ないんですよ。
(大型選手を)探そうっていってもやっぱり僕らのDNAはそういうDNAじゃないから。

僕らの持っている身体で世界に通用する方法は何かっていうのを学生にも意識させていかないとダメなん
ですよ。
それは判断力の速さであったり、攻守の切り替えであったり勤勉さであったり。
そういう所で世界にチャレンジするしかないわけだから。

日本人のなかで大きい選手を探してもそういないんです。
居ないなかでさらに運動能力のある人ってなるともう本当に限られた人しか居ないわけですよ。
そういうのを探すばかりではなくて、小さいなら小さいなりにやれる方法を探るしかないんですよ。

スペインとかアルゼンチンの選手は身体が小さくても魅力あるプレーを中盤の選手がやりますよね。守備も一生懸命やるし。
そういうった所を、真似できるところは真似していけばいいと思います。

今年のチームはこぢんまりしているんじゃない、なんてシーズン前にはJのチーム関係者からも言われて
きていたけれど、僕は今年のチームは去年のチームより強いですよとずっとコメントしています。
身体とかなんとなく小さいから去年のチームと比べるとこぢんまりしてるってみんな思っているだけで。

実は今年のチームの方が運動量が多いし、全てにおいて諦めない姿勢がある。
だからここまでの戦いでも負けそうなゲームを引き分けたり引き分けそうな試合を勝ったりっていうのは、
偶然ではないんですよ。
個々の場面としては偶然かもしれないけれどそういう偶然を呼び寄せる必然といった要素をこのチームは
持っているんですよ。

ただ、まだ9/22終わっただけでまだまだ先があります。特に次のゲームは大切だと思います。
筑波さんとは去年リーグ戦2試合、大学選手権で1試合で計13点取られた相手ですから
メンバーが多少変わったとは言え、去年苦しんで大学選手権も取れなかった相手ですから、しっかりした
ゲームをやって嫌な雰囲気を断ち切りたいです。

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 1   Trackback: 0

05 23 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

向かい風のいたずら

2009年5月17日第11回JFL前期第11節
流通経済大学 4-3 ソニー仙台FC @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
090517とび1 090517とび2

090517く&む

【得点】
6分:比嘉/ソニ-仙台、
11分:張/流経大、
15分:武藤/流経大、
26分:村瀬/流経大、
44分:フランク/流経大
60分:花渕/ソニー仙台、
63分:高野/ソニー仙台



090517 いと  【スタメン】(流経大のみ)
 GK:増田、
 DF:佐藤(卓)、比嘉、藤本、金(泰) 
 MF:葛島、フランク、関戸、村瀬、
 FW:武藤、張、

 【サブ】
 GK:白井、
 DF:小川、MF:鈴木、大貫、糸数、
 FW:早稲田、長澤

【交代】
61分:葛島→糸数、84分:佐藤(卓)→小川、86分:武藤→大貫、

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:19(12)、ソニー仙台:13(5)、
【GK】
流経大:12(1)、ソニー仙台:11(9)、
【CK】
流経大:7(4)、ソニー仙台:7(3)、
【直接FK】
流経大:13(11)、ソニー仙台:11(5)、
【間接FK】
流経大:4(2)、ソニー仙台:0(0)、
【オフサイド】
流経大:4(2)、ソニー仙台:0(0)、

【警告】
59分:増田/流経大
090517 セット守1 090517 セット守2

【試合後の大平コーチのコメント】
風が(向かい風)ある時に1点取られてこれはヤバいっていうんで、ウチは勢い良く行って、
逆に向こうは、今日はこれで楽に勝てると思ってしまったんでしょう。

風もあって相手がちょっと繋ごうとしても風でブレますよね。
その繋ぐところをテジュンとかフランクとか全部インターセプトしてたからうまく嵌ったと思うんですよね。
で、得点も取れて、4点目が取れたのがこのゲームを勝った理由だと思うんですよ。

4点目をアシストした佐藤はJFLに出たのは初めてですけどスプリントを持っていて期待が出来ました。
全然無名高の出身で、今日は相手がソニー仙台で地元の仙台のコだし調子が良いってのもあったから、
そういうのもありかな~って起用したら、気持ちよくプレーしてアシストもして。

勝ち越せたのは(佐藤がアシストした)フランクのあの1点があったからで、アレがなかったら追いつかれて
いますから、もっとやられていたと思うんです。

後半(3点返された)はもうこうなることもだいたい分かっていて、けっこう冷静に、どうなるっていう予想も
伝えてあったんで(失点を重ねても)そこはパニックにはなってないで良く踏ん張りましたよ。

ただ今度は相手のどこを押さえたら、こっちが良くなるのかっていうのが出来ていない。
前半は相手の10番と7番を抑えろって言って相手の起点のところを潰せていたんですけど。
後半、10番がFWに行ったりした時に、誰がしっかりマークをするのか、10番が中盤までに下がった時に
どうするの、とか、16番とかが下がってきた時にウチの前線の選手達が全然気にしていなかったけれど
本当なら1人がボランチの底でつぶせばいい。
どうして向こうが良くなってきたっていう理由を(その場で判断して)つぶせないからズルズルいっちゃう。

審判もハーフタイムに反省して判定の基準が変わる場合もある、そうなった時にはこうなるよっていう話も
していました。

そういうところも全部教えちゃうのがいいのか悪いのかっていうのはまた別なんですけれど。
子供たちはまだ若いんで勝つことが自信になるし
一応ハーフタイムの短い時間にどういったことが想定できるか、そういうことを言っておきました。
セットプレーも含めて。そこを乗り切れたことは良かったです。
負けて反省するより、勝って反省した方がいいんですから。

ずっと負けているんで、勝って良かったです。

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 17 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

走れども走れども

2009年5月16日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第8節
流通経済大学 2-2 中央大学 @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
090516-とびら


090516-1【得点】()内はアシスト
49分:宇賀神(金久保)/流経大、63分:安(村田)/中央、
75分:林/中央、89分:船山(中里)/流経大、 

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、中里、
MF:金久保、千明、柳、宇賀神、FW:武藤、上條、

【サブ】
GK:増田、DF:比嘉、藤本、
MF:フランク、村瀬、FW:船山、張
【交代】
46分:武藤→船山、66分:柳→フランク、84分:上條→張、


090516-2  【スタッツ】()内は前半
 【シュート】
 流経大:17(7)、中央大:12(6)、
 【GK】
 流経大:11(8)、中央大:17(5)、
 【CK】
 流経大:5(2)、中央大:5(2、
 【直接FK】
 流経大:13(7)、中央大:14(9)、
 【間接FK】
 流経大:4(2)、中央大:0、
 【オフサイド】流経大:()、中央大:()、
 【PK】流経大:()、中央大:1(0)、


090516-う&む

【警告】

57分:柴橋(中央)/ラフプレイ、

74分:千明(流経大)/得点機会阻止(退場)、

76分:新井(中央)/反スポーツ的行為、

85分:フランク(流経大)/ラフプレイ、

87分:岩本(中央)/遅延行為、



【試合後の中野監督のコメント】

10人になって追いついた訳だからウチとしては引き分けで良かったと思います。

ただ同点(1-1)にされた失点は、メンバーチェンジで入った28番にいきなりCKから決められたんですが、
神奈川大学さんの時も同じようなシーンで失点していました。
メンバーチェンジして入った選手に対するマークのズレっていうか、集中力が足りないとかそういう事じゃ
ないんですけど、ちょっと勿体無い失点だったと思います。

2失点目のPK(パスミスでボールロスト→千明が後ろから行く→PK献上&一発退場)はオフェンスのミス
からで、ああせざるを得なかったっていうのがあってしょうがないですけど。
最後にああいう形で追いつけたんですから。

試合は前半から色んな面でイーブンの試合だったと思うんです。
中大さんも内容は良かったし、そういう面では2-2で終わったのは内容通りの引き分けだったと思います。

【駒大の時の引き分けとは違う?】
そうですね。最後の(船山のロスタイムの)同点に追いつく前にも判定的にPKでも良いんじゃないのって
いうシーン(張がエリア内で倒された)があった後に追いついたわけですから。
1人少ないっていう劣勢のなかでも、学生が諦めずにゴールに向っていく姿勢がちゃんと出ていて、それが
あそこでゴールに繋がったと思いますから。今回の引き分けは勝ちに等しい引き分けだと思います。

【監督も負けたくないという気持ちを露わにしていたが】
(笑)そうですね。ああいうシーンは冷静に考えれば良くないと思いますけど。
あのシーン(張が倒されてPKと思われた)だけじゃなくて今日はジャッジが不安定すぎて。
たとえば、前半、明らかに中大のCKなのに流経大のGKになったのが3本もあったし。
(どちらかに贔屓していたのではなく)色んな場面で両選手、両チームとも色々あったと思うんですよね。

そういう面では学生の方が大人だったと、ウチの選手も中大の選手も冷静に対応していたと思います。

大学リーグでこんなに白熱した密度の高い充実したゲームはあまりやったことなかったんで、今日は凄く
充実したゲームだったと思うんですよ前後半を通じて。
けれどもしビデオで検証できるならジャッジミスがあった筈です。
勝っても負けても引き分けてもやっぱりフラストレーションが残っちゃうんですよね。


【”お灸を据えた”船山がああいう形で得点を決めたが】
前節はキャプテンでありながら先発から外れて、代わりに出た武藤がハットトリックしちゃったんで、今日は
替えるわけにはいかないから武藤を先発で使って、後半の頭から船山にしました。
船山にとっては相当な意地と、キャプテンとしてチームを引っ張っていくっていう気持ちを込めてた最後の
シュートでした。
彼はああいうシュート好きなんですよ。慶応大学戦の時も最後の最後にああいうシュートを入れましたけど。
風上に居るっていうのを頭に入れて無回転シュートを敢えて。

本当にその時の船山の気持ちがあそこでああいうゴールに繋がったと思います。

普通の選手だったらあそこでやっぱり中であわせるだけなんですけど船山は明らかに狙ってましたから。
やっぱりそういう発想っていうのが大切だと思うんですよね。勝負強さってことで

シーズン22試合終わって振り返った時にあのシーンがウチの一番の、、流れを勢いを失わずに済んだ、
ってていう決定打の一つになるかもしれないんですよね。

【前節で先発メンバーを替えた”賭け”が良い方に出たと?】
色んな選手がチャンスを貰ってライバル意識を持っていて、仲間なんだけど切磋琢磨して行くことが育成に
繋がりますし。

【終盤のセットプレー時に林選手が攻撃参加したことについて】
リーグ戦で普通、GKがCKに競りに行くっていうのはトーナメントでもない限りあまり無いと思いますけど。
ウチの学生は、林があそこで競りに行ったっていうのを含めてこの試合を落としたくないっていう気持ちが
表れてました。

選手はいいプレーが出来なければ次はポジションを失ってしまうっていう状況で、ある意味プレッシャーが
かかっていると思うんですけど。
プレッシャーの中で結果を出して行かないと世界で通用する選手にはなっていけないと思うんですよ。

そういう面では今日は何とかいい方に結果が出たから良かったです。
これが悪い方に転がりだすと、打つ手打つ手全部ダメになっちゃうんですけど。

【次節明治大戦への意気込み】
明治さんの今節の結果によっては勝ち点差が2縮まって、1位2位対決となる訳ですが勝ち点や順位には
関係なくどのチームにも勝ちたいし負けたくないんで。
もちろんチャンピオンにはなりたいし、チャンピオンチームっていうのは負けちゃいけない。
22試合やろうが30試合やろうが負けない強さっていうのを発揮していかなきゃいけないと思うんです。

今日はこういう形でも負けない試合が出来たんで、次の明治戦でしっかり試合をやらせたいっていうのが
あります。

PKのシーンは、結局自分たちのオフェンスでちょっと安易にパス交換しようとして(奪われてしまった)。

たつのこフィールドの芝の状態が悪いんで、西が丘みたいなしっかりとした絨毯のような芝だったらあんな
ことにはならなかったんですけど。
そういうフィールドなんだからってことを、試合前もHTの時も強く言い続けたにも関わらずああいうプレーで
ボールを失って、一生懸命追いかけて身体を投げ出して止めようとして(足に行ったと判定された)、その
プレー自体は責める気はないんですけど、その前に自分達のオフェンスからああいうピンチになっちゃった
わけです。

あの辺の判断力なりグランド状態をもうちょっとしっかり捉えていたらああいうシーンは起きなかった訳ですから。
ま、本人が一番よく分かっているようだから、そこを責める気も無いんですけど。

1人少なくなっても得点に出来たんで、対中央大さんとの関係でいったら勝ちに等しいゲームですね。
終わってから言うのもあれですけど去年の大学リーグ優勝チーム対大学選手権優勝チームとの試合です
から。
それに相応しい好ゲームだったと思います。前後半通じて。

最後に追いついたからっていうんじゃなく、こういうゲームを大学生もやれるんだっていうことですから。
先週の7-1の勝ちよりも今日の方が嬉しいような気がします。

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 16 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

ハートに ☆ ドキュン ☆ ×7

2009年5月12日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第7節
流通経済大学 7-1 法政大学 @西が丘サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。※要・フラッシュプレーヤー
090512集合

【得点】()内はアシスト
34分:武藤/流経大、39分:金久保(PK)/流経大、
54分:上條(武藤)/流経大、55分:上野/法政大、
56分:武藤、83分:村瀬(フランク)、89分:武藤、89分:フランク、

090512かみ縦

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、中里、
MF:金久保、千明、柳、宇賀神、
FW:武藤、上條、
【サブ】
GK:増田、、DF:比嘉、藤本、MF:フランク、村瀬、
FW:船山、張 
【交代】
65分:金久保→比嘉、70分:石川→フランク、79分:千明→村瀬、


【スタッツ】()内は前半
090512む縦  【シュート】
 流経大:20(9)、法政大:12(7)、
 【GK】
 流経大:9(8)、法政大:15(7)、
 【CK】
 流経大:4(0)、法政大:5(3)、
 【直接FK】
 流経大:17(8)、法政大:12(5)、
 【間接FK】
 流経大:3(1)、法政大:6(3)、
 【オフサイド】
 流経大:3(1)、法政大:6(3)、
 【PK】
 流経大:1(1)、法政大:0(0)、


【警告】15分:千明(流経大)/ラフプレイ、24分:板垣(法政大)/繰り返しの違反、
37分:笠原(法政大)/反スポーツ的行為、66分:比嘉(流経大)/ラフプレイ、
74分:鈴木(法政大)/遅延、

【試合後の中野監督コメント】

[前節のクスリが効いた?]

そうですね…。今日は武藤がハットトリックしましたし。
今日は船山のところに武藤、比嘉のところに中里を使って、この間(駒大戦)引き分けに終わったって事は
替えられた2人が原因って事ではないんですけど、チームとしては効かずに終わっちゃったんで、チームと
してはちょっと刺激を与えたいなっていうことでこういう形にしました。
武藤がいいところで点を取ってくれました。

それと前半を2-0で折り返して早稲田の時も3ー0で折り返して後半は0-1、専修の時も2-0で折り
返して後半は点を取っていない、そのツケが回ってきたのか駒澤戦は相手が一人少ないなか0-0で。

過去3試合のなかで後半の戦い方っていうのが、やっぱりこう精神的にも運動量的にもアグレッシブさに
欠けていました。

今日はそういうことが無いように後半もっと点を取りに行こうっていうんで、(HTに)そういう話をしました。
学生が最後まで相手よりも多く走ってくれたんで、結果、いい風に出たなって思います。

選手はそういう気持ちがあったか分からないんですけれど、(法政大は)僕の母校なんで、監督の母校に
いい試合をやられちゃうのだけは嫌だからって、そういう話もしましたんで、いつも以上に一生懸命最後迄
やってくれたのかなと思います。

【石川選手について】
試合前には痛みは無かったんですが、やっぱりあれだけの運動量で前後に走っているとどうしてもちょっと
痛みが出てしまう。多少痛みがあるって合図もあったんで、あの時間に替えました

彼はやっぱりチームの中では、自分の持ち味を一番しっかり出せている選手の一人。
彼が居るのと居ないのでは流れが違ってくるというか、最後にキックミスとかしているんですけど、一つの
勢いっていうか、流れを作っている原動力になっているなっているのは感じますね。

欲を言えばセンタリングの精度であったり、最後のプレーの終わり方をもっと彼自身が意識していけば
ああいう選手はなかなか居ないから…運動量だけで言えばロベカルみたいな選手ですよ(笑)
あとはそのクオリティをどう上げられるか、っていう点ですよね

【大勝したので今後はこのメンバーで大学リーグを戦っていくのか?】
それはもう明日になったらまた…あと3日ですからトレーニングの中で(見極めて行きたい)
船山もキャプテンですし。
今日代わりに出た武藤がハットトリックですから(笑)そりゃあもう、悔しいっていう気持ちってのを持ってる
でしょうから。
090512ムラ&フラ 090512 MU円ぶれ 090512む&じゃ

やっぱりチームっていうのは、そういう良い意味でのライバルが居てちょっとでも調子が悪ければ試合には
出られないっていう環境を作っておかないと。
人間っていうのは「俺はどうせ出られるんだ」って思っちゃった時は努力しない時なんですよ。

そういう面でも、あてつけって言ったら言葉が良くなんですけど、一つの賭けでした。今日は。
武藤と中里を入れることによって外された比嘉と船山は面白くないでしょうし。
そこで武藤がこれだけの活躍をしたっていう事が、一つの賭けでもあったんで。

これが今後目に見えないところで船山にどういう火がつくのかっていうのが楽しみだったりしてますけど。

途中からフランクと村瀬が出て、どっちも点取ってくれましたから
これから出場停止だとか怪我とかまたはコンディションによって(選手選出の選択肢が増えた)

僕が思っているベストメンバーっていうのは決して11人じゃないし。やっぱり長いシーズンっていうのは
色んな選手がどんどん出てこなきゃいけない訳ですし。
ただ当然、来年、さ来年も見据えて選手を育成していかなきゃいけないですから。
そういう面で今日のようなゲームでフランクとか村瀬が途中出場して点とか取れたっていうのは良かった
と思います。

スコアだけだと決められないところもありますけど。
相手もちょっと圧倒されちゃってたんで、これがどっちのチームも全ての実力だとは思わないし

また次の試合に向けて0からのスタートでやらないと。ちょっと気が緩めば、大学サッカーっていうのは
どこのチームも強いですから。
今日の結果だけを見たら「流経強いんじゃないか」って思う人がいるかもしれないんですけど、そうじゃない
んですよね。

やっぱり一人一人の選手がベストを尽くせば、こういう結果になるかもしれないんですけど。
ちょっとでもやっぱり緩みが出てしまうと駒澤戦のように一人少ない相手に守られてしまう事もあるんです。

そこは常に強く言ってきかさないとダメなんですけど

【走るサッカーについて】
やっぱりそこは若いし、日本人が一番できるのはこういうことだと思いますから。
そういう中で自分の持ち味をもっと出していけるように。


【今節の金久保について】
今日は前半、PK取った時の動きも金久保らしい動きだったし、その後バーに当てちゃいましたけど石川との
ワンツーで抜け出したところなんか金久保ならではの動きがありました。
まだまだもっとやれる選手だと思います。


指導者は満足した時が終わりだと思うんで。
こういうことが出来たら、じゃあもっとこういう事もできるんじゃないか?という追求をしなかったら選手の
指導は出来ないし、追求をしていったらもしかしたら世界との差がちょっとずつでも縮められるかもしれない
んですけど。

ただ大学生相手に結果が出せたってことで満足しちゃっていたら井の中の蛙っていうか。

これが例えば天皇杯でJのチーム相手にこういう試合をやったら皆さんも驚かれると思うんですけど。
「大学の中では出来るんだけどな」ではやっぱり自己満足ですよね。
やっぱり世界っていうのは広いんだし世界にはもっと凄いチーム凄い選手が居る訳ですから。

やっぱり彼ら(流経大生)にもそういう可能性を追求をさせないと。

失礼な言い方になってしまうけれど、今の日本でプロになっても野球の選手のような給料が貰えないわけ
ですから。
それは今後状況は変わっていくかもしれないけれど、プロになって代表に入って世界を目指すんだ、って
そういう意識を持たせないと。
Jリーグ入ってもそんなプロ選手プロ選手だっていう程の扱いじゃないんですよ。
プロ(リーグ)が出来ただけでも凄いと思いますけど、やっぱり「プロ選手」ってもっと凄いステータスであって
欲しい、僕自身にとっても。

だから彼らにはそういう事を意識させないといけないと思うんですよ。

今日みたいな勝ち方をした時は特に。本当にこれで良かったのか、もっと出来ることがあったんじゃないか
って事を常に言って聞かせないと。。
僕が厳しいことを言うのは、こういうことが出来る選手達だから。出来るってことが分かっているから。
もちろん相手も頑張る訳ですから。
090512フラ&む
この間の駒澤さんのように一人少なくても、本当に身体を張って
必死になってくる相手の時にも今日の様なゲームを、
気持ちでも負けない、運動量や技術でも負けないサッカーを
常にやっていかないと。
大学生同士のレベルも上がって行かないんですよ。
そういう面では全てがOKとは思わないけれど、
今日はこの間の反省を生かして良く後半も頑張ったなと思います。









テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 1   Trackback: 0

05 12 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

勝つ、というリハビリ

2009年5月10日KSL関東サッカーリーグ前期第6節
クラブ・ドラゴンズ3ー2日立栃木UVA SC
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。※要・フラッシュプレーヤー

※公式記録がリリースされていないので時間とか日立の得点者とかは適当です。

【得点】21分:高橋/日立、56分:前田/日立、
69分:征矢/ドラゴンズ、76分:オウンゴール/ドラゴンズ、86分:東田/ドラゴンズ

【スタメン】(クラブ・ドラゴンズのみ)
GK:高宮、DF:川手、東田、小倉、竹石、
MF:長浜、名雪、加来、保戸田、FW:高野(隆)、征矢

【交代】長浜→増田(智)、川手→成田、高野→犬丸

すみません。今日はここまで。
成田さんの元気いっぱいの笑顔&機関車やえもん(若い方は知らんじゃろ!)的疾走を見られて満足♪

元FC東京の前田さんも元気でした。

ちなみに観覧されていた某1級審判は、前半のレッドカードの判定は正しいとの見解を示されたとか。
あと、、、、「キーパーチャージ!!」って再三怒鳴っていたのは、、、ネタですよね?
審判を錯乱させようとしていたとか、、、、?

まあ、そんなこんなでクラブ・ドラゴンズ、久しぶりの勝利です!

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 11 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

小休止(※軌道修正?)

2009年月日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第6節
流通経済大学 1-1 駒澤大学 @国立西が丘サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。フラッシュプレーヤーをご用意下さい。
20090508シュート 20090508ゴル後1, 

【得点】
7分:棗(なつめ)/駒澤大、43分:藤本/流経大、
【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:藤本、山村、及川、比嘉、MF:金久保、、千明、柳、
FW:船山、上條、

20090508虹

 【サブ】
 GK:増田、、DF:高野、天野、
 MF:中里、フランク、葛島、FW:張、
 【交代】
 81分:船山→フランク、85分:比嘉→葛島、



20090508huji.jpg
【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:18(7)、駒澤大:8(7)、
【GK】
流経大:12(10)、駒澤大:20(9)、
【CK】
流経大:5(1)、駒澤大:2(1)、
【直接FK】
流経大:27(14)、駒澤大:16(6)、
【間接FK】
流経大:10(3)、駒澤大:0(0)、
【オフサイド】
流経大:10(3)、駒澤大:0(0)、 

【警告】 
29分藤本:反スポーツ的行為、81分船山:反スポーツ的行為/流経大
28分中山、32分宮城、61分那倉、68分宮城(退場)、89分笠井


20090508挨拶


【試合後の中野監督コメント】
逆に相手が退場になったのがちょっと嫌だったですね。
サッカーではよくあることですけど、一人少なくなったことでしっかり守ろうっていう風になっちゃったんで。
却って前半の様に駒大さんが前から追いかけてくれた方がウチとしてはリズムが出来たと思うんですけど。

[失点について]
(試合前から)ああいう形で三島にへディングで競り負けて、走りこまれる形が一番危険だよってことを
言ってたにも関わらず、(やられてしまった)
まあでも90分のなかでワンシーンああいう事はあると思うんで、気にしてないっていうかしょうがない、と
思うんですけど。
前半のそこまでリズムが良くないうちに同点に追いついてたのに、後半で点をとれなかった訳だから…
これで3試合連続で後半に点を取れていないんで、そっちの方が不満というか前の2試合、早稲田戦と
専修戦の後半のダメさのツケが回ってきた、そう思います

[後半点が取れない原因は?]
一つには、皆さんで色々な見方があると思いけど…フリックするプレーって知ってますよね。
強いインサイドに入る楔のボールに対してコースを競いながら変えて2人めが抜けるっていう 
(※♯私見→お洒落パス・お洒落ヒールってヤツですね。前にFC東京の梶山や馬場がよくやってました)
あれはあれで意味があるプレーなんですけど自分達のこだわりだけでやってて、敵のディフェンスラインの
選手がそのプレーに対してどう対応しているのかっていう状況を毎回、試しながら、相手が食いついたな、
こういう守り方してるな、っていうのを感じて次にどういうプレーをしたらいいのかっていう組み合わせを

自分達で考えていくならあのプレーでもいいんですけど。
ただ自分達のこだわりでやってて、相手チームっていうか状況とか守り方を測ってる訳じゃないんですよ。
だから言い方はちょっと厳しいんですけど薄っぺらなんです、やってるサッカーが。
自己満足でやってるだけじゃん、っていう感じですかね。
だから結局、押し込んでいるようで崩れないんです。
言葉を変えれば精度が低いっていうんですかね。

その(相手を測る)トライをやり続けさせなければいけないんだけど、そのプレーの次に繋がる意図って
いうか可能性がちょっと薄っぺらくなってしまっていました。

それと今日の試合だけで言えば、フィールドに立っている選手のなかでたぶんJに行けそうな可能性の
一番高い数人の出来が悪すぎますよ。
これじゃあプロ行ってもプロ選手にはなれても活躍する場は与えられないでしょう。
逆に及川や(柳)明基、は100%に近い能力を出していたと思います。
やっぱり明基とか及川は結果が出せなければいつでも代えられてしまうっていう(危機感を持って)
どんなゲームであっても自分の全てを出し切ろうっていう、そういう集中力を持ってやっていたと
思いますけれども。
20090508おい2 20090508おい1 20090508みょ2 20090508みょnn4

この2人よりプロに行けそうな選手達はもっとやれる筈だから、今日のプレーヤーとしての在り方には不満が
残ります。

明日JFLで九州に移動するので、そのメンバーをどうするかっていうのがあるんだけど、火曜の法政戦で
今日のメンバーを入れ替える可能性は高いです。
まだ「外す」とは決めていないですけど、可能性は高いです。明後日のJFLが無ければ絶対に替えます。
でもJFLでもご承知のように勝ち点を取ってないので、実はリザーブ組は全部明日九州に連れて行って、
明後日の日曜日に九州で試合をやって、また火曜日の法政戦のリザーブに入れようっていう段取りをして
いたんですけど。
(日曜に出て、火曜日にもスタメン出場だと移動距離もあり非常に厳しいスケジュールになってしまう)

リザーブ組の出場試合数が減っちゃってるんでどうしても(日曜に)試合をやらせたいんですよ。
ただ、こういう状況なんで、ちょっとそこに色々な考え方がそれぞれあって、、、
誤魔化している訳じゃなくてちょっとどうしようかなって、帰り、、茨城に帰るまでの間に決めようかなって
思ってます。
ただお灸をすえる意味では、ダメな調子の悪い選手はスパっと替えた方がいいっていうのが僕の考えです
けど。

だから九州で日曜日試合をやって夜帰ってきて、月曜日トレーニングしてまた東京に泊まりで火曜に試合。
ま、中1日で総理大臣杯のこととか考えるとこれくらいこなせなきゃダメなんで
たぶんですね、JFLにも連れて行くし、こっちにも出すと思います。

[船山選手は早稲田戦の負傷もあったが?]
本人がやると言って別メニューのトレーニングしかしてないんですけど、本人が「やる」と言って
ピッチに立った以上、もうそれは言い訳にならないですよね。

[試合後のミーティングが長かったが何を?]
説教してました。そもそも今日は試合前からヒゲの問題(ヒゲ禁止にも関らず当日までヒゲを伸ばしていた
選手が数名いた)などでちょっと色々あったんで。
自惚れっていうか、やっぱり5連勝したことでちょっと心のズレみたいなものがあって。
やっぱり日頃の考え方とか生き方がプレーに出るわけだから。
そういうところがもう学生としての考え方がずれだしているんじゃないかと。
これは学生のスポーツですからプロじゃない訳だし、その辺の姿勢がちょっとでもブレだしたら本人の為に
ならないです。

今日は(試合前にも)そういう面ですごく危険な試合になるねって話をしました。
で、見ての通りの試合ですから。
20090508かみ1 20090508金久 20090508くず

今日は駒沢の選手の方が必死にサッカーをやっていましたから、逆にウチは負けないで良かった。
出来ることなら、僕は駒沢さんに勝ってもらって、勝ち点3を取って貰った方がもっと良かったと思います。

下手に引き分けちゃったので、ウチの学生が「引き分けだったから良かったんじゃん」っていうような気持ちに
なってしまうなら、得られたのはたった勝ち点1ですから、負けた方が良かったと思います。

当然、試合の戦い方っていう反省点もありますけど、やっぱり気持ちの面でちょっと慢心というか自惚れと
いうか学生としての在り方はどうなの?っていうちょっとズレが生じてたんで。
(修正するためにも)負けちゃった方が良かったかなと

まあ皆さんも、あまり流経が勝つと独走しちゃうんじゃないかと…そういう面では良かったんじゃないかと。
一息つけて。

明日の明治さんとか慶応さんの試合の結果にもよりますが、早稲田さんが今日負けちゃったんで
ウチが今日勝ってるとリーグ戦がつまんなくなっちゃいますしね(笑)。
そういう面では、連盟の人間としては良かったんじゃないかと(笑)…先は長いですから。

[今日の駒大について]
FWの2人のところは、かなり駒沢のやりたい事がはっきりと表現出来ていたと思うし。
退場者が出てからは後手後手になりましたけど、前半の戦い方は、1-1でしたけども1-3くらいでも
今の順位や勝ち点が信じられないくらい、僕は今日の駒大さんは良かったと思います。
徹底して高さを意識してきましたから。
20090508跳1 20090508跳2 20090508跳3 20090508跳5 20090508跳6 20090508跳7
去年は190cmの加藤とか京都行った染谷とか居たんで大体イーブン以上に跳ね返せてたんですけど、
今日はもう三島くんに殆ど負けてましたから。
まあそこがひとつ、今日苦戦した理由だったと思いますね。
そういう面でも、負け惜しみじゃなくて、今日は僕は駒沢さんが勝ち点3を取るべきだったと思いますね。


あと、ウチの選手たちも前半25分くらいまでGKを中心にぼんぼん前にボールを蹴り出しちゃいましたよね。
あれを繋げないようじゃ、ウチの選手達は何をどんなサッカーを自分達でやろうとしているのかが、ちょっと
見えてこない。

まあ前半の残り15分くらいは多少それでも繋ぎだしてミョンギがサイドチェンジとか有効的にしてたんで
結果的に1年生の藤本のゴールもミョンギのサイドチェンジから藤本が前線に一人かわしてシュートして。
ラッキーでしたけど。

前半の残り15分くらいはそれなりに自分達のやろうとした事に、ひっかかってましたけど、
やりだしたんで結果的にああいう場面が出来たんだと思うんですけど

後半は前半よりももうちょっといい形でやれてたと思うんですが…
まあポゼッションするチームが気をつけなければいけないのは、ミドルレンジでパスが回せているから

試合に勝ったわけじゃなくて、それをやっぱり、どうゴールに結びつけるか、っていうこだわりが必要ですが
それが無さすぎました。
だから最後迄同じテンポで、パス、パス、パスって行っちゃってて途中交代で入ったフランクにしても葛島に
してももっとドリブルでペナの中にまで入り込むべき。
ランニングしてペナの中に行けてシュートで終わるっていう、そういう所がウチのチームには
形として無さすぎました。

もっと自分から仕掛けて一人食いつかせてからパスするんだったらいいんだけど。
もう、仕掛けないでダイレクトにはたいちゃったりとか。

(次節は)土・日・月と中3日ですから火曜日もダメかもしれないですね。
そうすると皆さんがもっと喜ぶような…(笑)まあ踏ん張りどころですね。

[こう試合ですが、敢えてMOMを選ぶとしたら?]
今日は藤本が1年生で初出場で点まで取りましたから。そういう面ではよくやったかなと
高さもあるし、やっぱり高校選抜で海外行ってた経験もありますし。
もともと彼は大津高校でもFWやったりもしてたんで、あの辺のゴールの感覚も(優れている)
自分の目の前にボールが転がって来たっていうのもありますけれど、
普通DFの選手だとああいうところで慌てて打っちゃってふかしちゃうっていうのがだいたいなんですけれど
20090508huji 蹴2 20090508huji蹴 

[林選手について/前半の失点時、交錯して負傷するも最後まで出場。]
足の脛のちょっと上のところだと思うんですけど。腫れていてるんで火曜日の出場は微妙です。
トレーナーが言うには打撲ってことだそうです。
明日明後日、、、火曜日に間に合ったとしてもその間のトレーニングはたぶん出来ないと思いますから。
痛みが悪いようであれば増田を使おうかと思っています。

[今日は石川選手は?]
石川は筋肉がもう肉離れの手前なんで、やっちゃうともう肉離れするのは分かってるんで、敢えて今日は
休ませました。
火曜日使えるかどうかは、ちょっと練習を見た状態で、トレーナー、ドクターと相談して決めたいです。

20090508ダウン









テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 08 ,2009 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

圭さん、初ゴールおめでとうございます!

東京は負けてしまいましたが、、、

さてさて4日のアルバムをアップ。コメントは後ほど追加します。

Comment: 0   Trackback: 0

05 05 ,2009 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

子供の日!

はい。子供の日です。まだ祝日です。世間では連休中ですが、私の連休は終了・゚・(ノД`)・゚・。
出勤です~。
3日の試合のアルバムとコメントだけなんとかアップしました。4日の分は後日に。

子供の日ってことでこんな曲でも。




※試合会場で声をかけてくださって、ありがとうございました。
 とても励みになります♪
 御粗末なブログですが、今後も宜しくお願いします。

Comment: 0   Trackback: 0

05 05 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-大学   Tags: ---

m o r e

2009年5月4日第83回JUFA関東大学サッカーリーグ 第5節
流通経済大学 2-0 専修大学 @国立西が丘サッカー場
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。※要・フラッシュプレーヤー
090504 1te 090504 2te



【得点】()内はアシスト
24分:宇賀神/流経大、44分:上條(柳)/流経大

【スタメン】(流経大のみ)
GK:林、DF:石川、山村、及川、比嘉、MF:金久保、千明、柳、宇賀神、FW:船山、上條

【サブ】
GK:増田、、DF:高野、天野、MF:中里、フランク、葛島、FW:張

【交代】
77分:石川→高野、78分:船山→中里、86分:宇賀神→葛島、
【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:7(3)、専修大:9(3)、
【GK】
流経大:10(4)、専修大:3(1)、
【CK】
流経大:6(1)、専修大:4(1)、
【直接FK】
流経大:20(8)、専修大:13(6)、
【間接FK】
流経大:5(5)、専修大:4(2)、
【オフサイド】
流経大:4(4)、専修大:4(2)、

【試合後の中野監督】
2点目がラッキーというかいい時間で取れたんで、そういう意味で余裕が出来たのはいいんですけど、
先週も前半を3ー0で折り返して後半は0-1。今週も前半は2-0で折り返して後半は0-0でしたから。
後半、絶対点を取りに行けって指示したんですけど。
いい取り方(解釈)をすれば勝負が決まったなってなると、ちょっと大人っぽくなってきたっていうか、もう余計な力を使わないようなところがあって。
だけど、それだと大学リーグの中では勝っててもそれ以上は個々が伸びなくなっちゃうんで。

僕らスタッフとしては「後半もっといい試合を」やれってことで発破かけて出したんです。
そういう面では専修にポゼッションされるのは分かってたことなんですけど、リトリートしたらしたで奪ってからいかに3点目を意図を持って取りに行くかってことが出来ていなかったです。
だから完勝って訳でもないし、まだ課題が、宿題が残ってしまった試合だなって思います。

【今節のMOMは?】

上條です。
やっと5試合目にして点を取ってくれたましたけど、ある意味前半の最後のいい時間に上條らしいドロ臭い
点というかああいう点をもっと上條には取って欲しいです。あの2点目がこの試合を決めたと思うんですよ。

【石川選手の交代について】
足がパンパンに張っていて、肉離れの一歩手前だったので交代させました。
今日は船山(前節の早稲田戦で負傷交代)と石川を外すかどうか直前まで未定でウォーミングアップ前に
トレーニングをさせて、トレーナー、ドクターの判断でGOサインが出たので使ったんですけれど。
(石川は)肉離れをまだしていないんですけど、いつしてもおかしくない状態ですね。

船山は前日まで練習をやってないんですがキャプテンということもあって使いました。

ただ、石川の方が運動量もあるし筋肉系の怪我なので中3日でやっていくのは厳しくなってきてます。
先週今週とこのチームで結果を出しているので、石川の運動量は相当なものですから…和風ロベカル
っていうくらい前後に動いていますから。
あの流れをちょっと止めたくなんで、無理して使っちゃってますけど。
トレーナーやドクターがダメだって言ったら使えないですから。
今日も試合前より状況は悪くなっているので早めに途中で変えましたけど。

【石川選手のアグレッシブな攻め上がりは監督の指示か?】
もともとそういうタイプの選手で、実は僕も選手の時ああいう感じの選手だったんで、好きなタイプ
ボールコントロールとかはそんなに上手くないけど自分が動くことで相手の選手がかなり混乱してますよね。
石川がぐっと相手をひっぱってくれるんで、金久保が出来たスペースで好きに仕事を出来だしましたから。
ある意味、金久保(の調子)が上向きになったのは石川のおかげだと思います。
だからああいうプレーをもっともっと周りの選手が色んな意味でやってくれたらひとりひとりの技術っていう
のはもっといい形で出せると思うんですけれど。
そういう面ではみんな石川を見習って欲しいです。
しかも、ああいう筋肉系の怪我をしていてもあれだけ動く訳ですから。
ちょっと他の選手には、そういう…「ムダな動き」ってのはないと思いますけど、ある意味「空回り」してでも
ああやって動いて流れを自分たちに引き寄せるんだってプレーをもっとみんながやってくれたら、もっといい
試合が出来ると思いますけど、まだ石川のところだけですよね。

そういう、、なんて言うか…(「見ていてワクワクするような?」)そう、石川が走ってくるだけで、何か状況が
変わるなっていうような期待感があるんですよね。

(「千明選手がちょうど空いたスペースをケアしているから上がれる?」)
そうですね。
千明はその辺のゲームの読みとか人の使い方っていうのが上手い、去年も殆ど全試合出場して先輩達を
動かしていましたから。

ウチのチームの中での千明はある意味「ゲームメーカー」なんですよね。ボールを捌くゲームメーカーって
いうのではなくて、全体を掌握できる、人柄的にも誰とでも上手くコミュニケーションを取れる選手ですから。

ちょっとウチは左サイドが今どうかなって感じでしたけど、今日は宇賀神も(頑張っていた。)
ボテボテのシュートでしたけど。ボテボテ過ぎて相手のGKが面食らっちゃって入ったような、、
でも、あそこで、あそこに入ってシュート打ったってことが点につながってますから。
あの左サイドもうちょっとが良くなれば、右も左も両翼がかなり良くなって、
しかもチームとしてはセンターから攻める力も持ってますから、そうなればどんな相手とやっても点は取れる
だろうなって思っています。

【前半で勝負が決まってしまって後半に緩んでしまうことについて】
試合じたいはスコアである程度、、、終わりまで分からないんですけど、ある程度流れの中で「決定打」
みたいなものはあるんで、そういうので試合が決まっちゃうのはいいんですけど、じゃあ残りの45分をどう
いうテーマでやろうかっていうようなテーマはあるんですけど先週も今週もそういう面では…力を抜いてる
訳ではないんですけどもっとやらないと。
やっぱり若い選手たちだから勿体無いですよね。45分間が。
もっとやるべきことをやって、それで点を取られたとしてもそれでいいと思うんですよ。

それをやらせないとダメなんですけれど、そういう面ではやらせることが出来なかった監督としては…
2週連続で勿体無い45分だったことは反省しなきゃいけないです。

選手的にこの過密日程っていうのを考えちゃっているのかもしれないけど、中3日、中3日ですから
過密っていうほど過密ではないですよ。
これを1日おきにやれっていうのでしたら大変ですけど。
中3日もあったら、若いんだから全然回復しますから。
今日は後半(絶好機で)のシュートを外したミョンギ(柳)なんか、自分から帰って練習やるって言って
ましたから。
そういう姿勢はみんなあると思います。


テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 1   Trackback: 0

05 04 ,2009 Edit


Back to top


Category: [流大サッカ-部] 試合アルバム-流経大FC/クラブ・ドラゴンズ   Tags: ---

ヤングオーオー!

2009年月日第11回JFL前期第9節
流通経済大学 1ー2 佐川印刷 @たつのこフィールド
↑太字クリックでスライドアルバムが御覧頂けます。※要フラッシュプレーヤー
090503 4人

【得点】()内はアシスト
7分:古川(PK)/流経大、17分:平井(瀧原)/佐川印刷、83分:町中(高橋)/佐川印刷

【スタメン】(流経大)
GK:増田、DF:河田、藤本、天野、西部、MF:金、関戸、大貫、河本、FW:早稲田、古川

【サブ】
GK:増田、DF:古西、MF:佐藤(隼)、鈴木、村瀬、FW:武藤、長澤、

【交代】
21分:河本→村瀬、71分:金→武藤、

090503 スタンド
グリッターズも一緒に応援。まちの応援団ののぼり(300本)もお披露目されました。

【スタッツ】()内は前半
【シュート】
流経大:13(5)、佐川印刷:13(9)、
【GK】
流経大:16(9)、佐川印刷:11(4)、
【CK】
流経大:2(1)、佐川印刷:9(7)、
【直接FK】
流経大:18(8)、佐川印刷:12(7)、
【間接FK】
流経大:1(1)、佐川印刷:1(1)、
【オフサイド】
流経大:1(1)、佐川印刷:1(1)、
【警告】
6分・山形/佐川印刷、43分・中井/佐川印刷、89分・平井/佐川印刷

090503 名ドラマー

【大平コーチ試合後談話】

今日は(スタメン全員) 1、2年 なんですよ。(平均年齢18.9歳)

まあ良い所も出たし悪いところも出たしっていうところなんですけれど、1年生はほぼ良くやったと思います。

失点のシーンは(2失点目はクリアしきれなかったところを拾われたもの)、高校生から(JFLの舞台に)
来たばかりで甘いさが出てしまった。やっぱりJFLレベルではああいうところを逃さないですよね。
後半はほとんど押していた訳だから。

そういう意味では彼らも高校から来たばかりJFL経験の無いコも多くて。

「勝てる、だろう」 じゃ勝てないんですよ。 

「勝ち、きる」 っていうことがやっぱり出来ないっていうのは、

いいものを持っていてもまだ甘さがあるという感じで。
やっぱりどういう風に勝ちきるかっていうことをもうちょっと…
セットプレーなのか泥臭く押し込むのか運動量で上回るのかっていうところですね。
JFLチーム作ってから間もないし…
でも本当は(チームが未完成でも)個人の能力だけでも勝てるようじゃないと。

【今日良かったところは】
FWの2人がボールを受けて、展開も出来るし崩すところまで行っていたので、そういう面では良かったと
思うんですよね。
そして多分後半の早稲田が倒されたのもPKだし、前半のPK取ったのも多分相手は退場なんですよね。
次に蹴られたのも多分退場なんで、、報復ってことで。
そうすると、いかに相手を追い込んでるかっていう面ではスコア以上に追い込んでいたと思うんですよね。

本当は審判どうこうって言ってもしょうがないけれど、審判はかなり御粗末でした。
まあ、それでも相手が退場して勝っても面白くないんで、それはそれでその中でどういう風に戦うか。
ホームだし、ちゃんと2-1くらいで勝たないと。

勝って反省するのが一番なんですけど… もうちょいですね

【今後もJFLチームは1,2年中心に?】
競争ですね。今、1年には一通りチャンスを与えてるんで。
ただ大学リーグのメンバーから外れた選手については難しいところです。
JFLで一生懸命やって調子を上がってきている選手がいるのにトップから選手が調子が悪くて落ちてきて
(そのまま)普通に出られたりすると、どうなの?ってなっちゃいますよね。

だから調子が悪い奴にも試合(の出場時間)を与えるのが良いことなのか。
良いこともあると思うんですよ。
でもダメなことも多々あるんでそこの見極めっていうのがすごく大切だと思うんですよ。


川田っていう右SBの選手は付属(流通経済大学柏高校)で3分しか出ていないんですよ、公式戦に。
それでもウチに来て上手いコの中でやって、やれた訳だから合格だと思いますよ。
自分の能力以上というか能力通りにしっかり出せてたんで。

【試合前々日の1日に湘南と90分の練習試合をしたことについて】
メンバー的には29日(JFL)と30日(大学リーグ)のサブの選手が出た、という感じです。
ミックスになっているんですけど比較的上級生ばかりです。
基本的に1,2年生は授業があったので連れて行きませんでした。

試合機会のない選手で組んで、まあ中里なんかも出たんですけど。
出られない、出られない(と続いた)んだったら1つ試合をやっておいて、じゃあ今Jの奴らとどれくらい差が
あるのかなっていう。

まあちょっと前半は悪くて4点取られちゃったんですけど、後半はほぼ圧倒してたんで向こうの反町監督も
また是非来てくれって感じで。

やっぱりコンディションとか試合の事だけ考えれば(練習試合は)やらない方がいいんだけど、それじゃあ
やっぱり伸びないじゃないかって。
この間のU-20との練習試合も中2日でやったし、これからも一貫してその方針は貫いてやってく事だし。

卒業生で染谷や保崎は試合に出てますけど、まだまだ物足りないですよね。
Jの中で、ウチで4年間で育った選手が即戦力で出るような、そういう環境にしていかなければ。

流経大からJに行くよっていうところまでは来ていると思うんですよ。
だから質なんですよね、次は。

質のところでは今日はやっぱり ダメ ですよね。



と、いつもながら大平コーチからは厳しいコメントが飛び出したのでした。
確かに悔しい惜敗でしたが、大変エキサイティングな試合を展開してくれた、という感じです。

序盤は押し巻くりで、やや幸運なPKで先制。
その後は向かい風もあって防戦一方になるもそのまま前半終了。
後半は強風に後押しされるかのように優勢に試合を進めましたが、一瞬の隙を突かれてカウンター~クリアミスからクロスを上げられ勝ち越し点を献上。

今節も悔しい惜敗ながら、得るもの多かったように思います。
ただ、予想以上に1,2年生が善戦しただけに、結果を残したかった気もします。

とはいえ東京ユース出身の大貫さん初スタメン&フル出場で大奮闘を見られました♪
そして途中出場でしたが村瀬さん!キレキレでしたね。もちろんまだまだ出来ると思いますが。
かなり復活してきた気がします。
パワフルな金さんに連戦とは思えない運動量の古川さん、1、2年生でも群雄割拠ですね。

ただこういう試合を見ると、どうしても4年生が出たらどうなってたんだろうな~っと思ってしまいます。
別にこの日出たどの選手も不満は無いんですけど。
4年生がこういう試合の時、引っ張って〆てくれたらどうなったんだろうと、、、、。
まあ個人的に見たいだけなんですけど、奮起してくださいませ。

スタンドで応援されていた選手、お客さん、まちの応援団の皆さまお疲れ様でした。

テーマ : 流通経済大学サッカ-部    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 03 ,2009 Edit


Back to top


Category: [日記・戯言]未分類   Tags: ---

悲しいです

ただもう悲しいです。 ずっと回復を祈ってました。

昔、多摩蘭坂からチャリで5分のところに住んでました。ええ、ただのラクガキだらけの坂だけど。

もうね。本当に悲しい時にはどんな言葉も慰めになりません。
なんかのイベントで2曲くらい歌ったのを見たのが最初で最後となってしまいました。
ちゃんとしたライブに1度も行かなかったのを、きっと一生後悔するんだろうな。
「トランジスタラジオ」、千回は聴いてますよ。
カラオケで「スローバラード」唄ってたあやつはどんな風にこのニュース聞いたんだろう…


日本人離れした声と、素晴らしい作曲と作詞の才能を惜しむばかりです。
心からご冥福をお祈りします。


今までしてきた 悪い事だけで
僕が明日有名になっても
どうってことないぜ まるで気にしない
君が僕を知ってる

何から何まで気がわかっていてくれる
僕のことすべてわかっていてくれる
はなればなれになんかなれないさ





 けれどもいま気がついたコト
 とってもたいせつなコト
 一番楽しいことは、君の口から
 君の夢、聞くこと

 離れている時でもボクのコト
 忘れないでいて欲しいよ ねぇお願い
 悲しい気分の時もボクのコト
 すぐに呼び出して欲しいよ ねぇお願い

Comment: 0   Trackback: 0

05 02 ,2009 Edit


Back to top


Category: [FC東京] 試合など   Tags: ---

棚ぼた残留、今年もか?

ナオさん、ハットおめでとう

090502 joy

プロ入りして初ですか。ちょっとびっくり。

こちらも頑張ってたましたね~。
090502 nya 090502 kon 090502 tatu


前節からスタメン7人を若者中心に入れ替えた大宮 V.S CB2枚取り替えてルーキー先発させた東京、と
おんどりゃ、舐めとんのかダービー、と言えなくもない布陣同士での対決。
結局、個人技と経験値の優る東京に軍配が上がりました。

特に後半は敵ゴール近くのスローインとセットプレー以外は全員が自陣内に留まったままの省エネサッカーを展開。
天敵の扇谷主審の笛にも負けないしたたかさを見せたのでした。

しかし、ついにお客さん18000人台ですか。

テーマ : FC東京    ジャンル : スポーツ

Comment: 0   Trackback: 0

05 02 ,2009 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。